聖書預言の行方(一人キリスト教)

アクセスカウンタ

zoom RSS ラスト・エンペラー F

<<   作成日時 : 2017/06/28 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 11

さて、ソロモンの個性が溥儀に投影され、ソロモンの個性が、日本におけるラスト・エンペラーにも投影させるのであれば、溥儀の個性ですらも、日本におけるラスト・エンペラー、つまり悠仁親王に重ねる事は出来ないものでしょうか。

溥儀の系譜を少し遡ってみますと、あの悪名高き西太后が登場します。

第9代皇帝である咸豊帝(かんぽうてい)と西太后の間に長子として生まれたのが、同治帝(どうちてい)であり、同治帝は、第10代皇帝となります。

同治帝は、天然痘だか梅毒で死んだとされましたが、子供がいなかったので、従兄弟である光緒帝(こうしょてい、こうちょてい)が第11代皇帝に即位します。

光緒帝の父は、愛新覚羅 奕譞(あいしんかくら えきけん)であり、奕譞の兄は咸豊帝です。

光緒帝の母は、葉赫那拉(エホナラ、イェヘ=ナラ)であり、葉赫那拉の姉は西太后です。


その光緒帝が、自然死か毒殺かで1908年11月14日に亡くなるのですが、亡くなったその日に、西太后は溥儀を紫禁城に連れてきて事実上の即位を命じた(映画から)ようです。映画では、光緒帝が亡くなった日に、西太后も亡くなっていますが、公式には光緒帝の死の翌日である1908年11月15日に亡くなったとあります。実際に溥儀が第12代皇帝に即位したのは、1908年12月2日とあります。

溥儀の父親とは、愛新覚羅 載灃(あいしんかくら さいほう)といいます。

載灃の父は、奕譞なのですが、母は側室の劉佳氏(側福晋)だそうです。


つまり、溥儀が即位する直前に死んだ光緒帝ですが、光緒帝の父は奕譞(えきけん)であり、母は葉赫那拉(エホナラ、イェヘ=ナラ)という正室だったという事です。

溥儀の父親である載灃(さいほう)ですが、載灃の父は奕譞(えきけん)ではあるものの、母は側室の劉佳氏(側福晋)という事になります。


この個性を日本の皇室に当てはめればどうなるでしょう。


溥儀を悠仁親王だとさせれば、秋篠宮文仁親王とは載灃(さいほう)となるでしょう。

秋篠宮文仁親王の兄といえば、皇太子徳仁親王ですから、皇太子徳仁親王を光緒帝に重ねる事ができるでしょう。

となれば、今生天皇である明仁とは奕譞(えきけん)に重ねる事ができそうです。

奕譞(えきけん)と葉赫那拉(エホナラ、イェヘ=ナラ)という正室の間に生まれたのが、光緒帝=皇太子徳仁親王。

奕譞(えきけん)と劉佳氏(側福晋)という側室の間に生まれたのが、載灃(さいほう)=秋篠宮文仁親王。


よく、浩宮と秋篠宮とは人相が異なり、腹違いなのではないかと言う話があります。そうです、その個性を上記のように重ねて見れば良いのです。全く完璧な投影は難しいものの、マニアックな人達へのサブリミナルには十分な投影だと思います。

西太后という圧倒的な権力者であれば、載灃(さいほう)という溥儀の父を飛び越えて、その溥儀を即位させる事も可能でしょう。しかし今の日本の皇室に於ける順位を考えれば、浩宮と秋篠宮を飛び越えて、悠仁親王を即位させるとはかなりの荒業でしょう。

となれば、物理的に悠仁親王を即位させるには、浩宮と秋篠宮がいなくなる、もしくはいなくなったように演じれば良いでしょう。暗殺というのが、最もナショナリズムが高まると思うのです。両者がアシュケナジーからの手先に暗殺されれば、アシュケナジーへの憎悪を最高潮に高め、尚且つ悠仁親王をラスト・エンペラーに担ぎ出せると、…。



まあ、私の考え過ぎかもしれませんが、こんなシナリオを想定しています。


咸豊帝
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%B8%E8%B1%8A%E5%B8%9D
西太后
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%A4%AA%E5%90%8E
同治帝
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E6%B2%BB%E5%B8%9D
愛新覚羅奕ケン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E6%96%B0%E8%A6%9A%E7%BE%85%E5%A5%95%E3%82%B1%E3%83%B3
葉赫那拉氏
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89%E8%B5%AB%E9%82%A3%E6%8B%89%E6%B0%8F
愛新覚羅載ホウ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E6%96%B0%E8%A6%9A%E7%BE%85%E8%BC%89%E3%83%9B%E3%82%A6


-----------------------------------------------------------------------

余談ですが

辛亥革命という民主主義革命によって清王朝を終わらせ、まあ恐らくそれを率いた中核が、後の国民党なのでしょう。その国民党を倒したのが、今に至る中国共産党。

ロマノフ王朝にしても、ロシア革命と言う民衆革命によって王朝制は終焉となります。忘れてしまいましたが、ボリシェヴィキにより共産化でしたっけ?

いずれにしても、フランス革命と同じですが、民衆革命によって王朝制を終わらせ、民衆主導の政治が始まると思いきや、一気に共産主義化されてしまうと、こういう手口なんですね。

民衆の手でより良い社会を、と民衆は洗脳されたが、気が付いたら更に強固な管理社会へと移行してしまう。

そして最後の民衆革命、いわば現代版のフランス革命とは、既存の宗教を全て滅ぼす事で、そして最後に似非ユダヤ教が主導するワンワールドこそが「平和だ・安全だ」と、民衆に思い込ませる目的があるのです。


3 人々が,「平和だ,安全だ」と言っているその時,突然の滅びが,ちょうど妊娠している女に苦しみの劇痛が臨むように,彼らに突如として臨みます。彼らは決して逃れられません。
【テサロニケ第一5:3】

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

清の顛末は「ラスト・エンペラー(音楽担当が坂本龍一wしかもなんかの役、多分溥儀の弟役で出演してマシタねぇw)」で鮮烈に刻み付けられてマス。今後ラストエンペラーの映画放送が続く機会(衛星放送は映画放送が結構多い、人気はスティーヴン・セガールw)が増える事があれば間違いなくサブリミナルでしょうな。

あと秋篠宮。巷間噂されている妾腹の可能性は高いでしょう。顔立ちがかなり違いマスからねぇw

故にバイキングさんの見立ては正解でしょう。差し当たり広飲み屋さんと鯰殿下をどういう形で抹消するか…最近はアイドルレベルでさえ物騒な事件が後を絶ちマセンからキ〇ガイの仕業に見せ掛けた行幸中の事件みたいな遣り口も考えられマスねぇ。あるいは「天災」を利用とか?なるほどだから今上さんに京都・奈良からオファーが来てるワケデスなw

たまたま今上さんと孫たち(飲み屋・鯰は公務で東京に)がリニアで西へ。そこへ関東地方に巨大地震!敢え無く兄弟は…みたいな。


お茶処
2017/06/29 00:39

も一つ、ロシア革命もポイントデスね。此処は流石に「神に是認された」最後の国家という事でかなり様々な手法を用いたみたいデス。

先ずはツァーリの近辺を戦争推進派で固める。コレでツァーリは厭戦気味の大衆からそっぽを向かれマシタ。

次にブルジョワ階級によるクーデター(2月革命)。ツァーリが戦争にかまけて収入が途絶えた事を弾劾する格好デスが所詮ブルジョワ、金儲けしか頭に有りマセン。てかそういう空気を育てる為に先ずブルジョワ層にツァーリ排除を行わせたのでしょう。

そしてインテリ左派ボルシェビキと彼らが扇動する大衆による11月革命。

ブルジョワ層臨時政府は結局戦争継続が目先の利益に繋がると判断して一次大戦の継続を目論みマシタ。しかしボルシェビキ・メンシェビキ・それらに扇動された大衆は継戦を拒み、かくて11月革命に発展しマシタ。

そして革命に成功したレーニンは自身の敬愛するマルクス主義に基づいた国作りを積極的に推進しマシタ。そして彼の思想に批判的なトロツキーは排除されスターリンがレーニンの意思を継ぐ形となりマシタ。尤も、彼らの革命の後ろ盾はロスチャイルドだったワケデスが。


お茶処
2017/06/29 01:05
お茶処さん

ロシア革命やボルシェビキ、解説して頂きありがとうございます。

坂本龍一は、関東軍のお偉いさんだったでしょうかね。


「オペレーションとは時空を超えてやって来る」

これは競馬研究科である片岡勁太さんの言葉でしたが、実は、これは多くの社会現象にも当てはまるのだと思います。「最後の皇帝」と「ユダヤ」と二つものキーワードがリンクしているのであれば、同じ括りという事で溥儀の個性が、日本のラストエンペラーに、時空を越えて投影させる可能性が強いと思います。

ソロモンと溥儀との個性が焼き直され、広飲み屋さんと鯰殿下の、そのどちらかでもが(2名以上の暗殺もあるかもしれませんが)暗殺されれば、ナショナリズムは最高潮に高まり、アシュケナジーとの最終決戦に向かわせる、最もな大義名分となると思うのですがね。

さて、どうなるでしょうかね。
インターネットバイキング
2017/06/29 19:18

「こらーーハゲ」と小さな子供たちに罵声を浴びせられたエリヤの従者だったエリシャは振り向いてにらみつけ、主の名によって彼らを呪うと、森の中から二頭の熊が現れ、子供たちのうちの四十二人を引き裂いた。

豊田真由子のハゲ頭の秘書は似非エリシャなのか。「こらーーハゲ」の一言で政治家生命を失った豊田真由子。
サタンはどこまで聖書を模倣するのだろう。


ハートランド
2017/07/01 06:35

バイキングさんレス恐れ入りマス。

ソロモンと溥儀の共通点、コレを偶然と捉えるのは聖書をお伽話と揶揄する「常識人」wサタンのオペレーションはワタクシ達人間の想像以上であるという事には到底思い到らナイのでしょうね。

そして溥儀と「ラストエンペラー」…サタンのオペレーションは聖書に通じている人間以外には先ず見抜けマセンわな。

となるとラストエンペラーに対してファーストエンペラーの部分も気になりマス。

始皇帝政が行幸中に逝去(病死とも【不死の食材として水銀を摂取していたという話も】薬殺とも)して、身辺の世話係だった宦官趙高が(彼?自身が身の保身を図る為)義に篤い長男扶蘇を疎んじ、自身が悪い遊びを仕込んだ次男胡該を帝位に無理繰り据えマシタ。しかし趙高が考えていたより秦の軍事力は遥かに疲弊して居マシタ。

結局秦は胡該が病死、趙高はクーデターで憤死…戦後処理として皇帝を承けた扶蘇で滅亡、という流れなワケデスが、コレって、ノアの長男のハムを美化して正統後継者であるセムを揶揄する為の説話と受け取れるのデスが。

バイキングさん如何でしょう?


お茶処
2017/07/02 00:22

ハートランドさん今晩ワ。

いやー、素晴らしい視点デスね。

エリシャ、以前ワタクシも触れた事有りマシタ(容姿が聖俗を左右するか?という話で)が、よもや「このハゲー!」がこの記述にリンクするとは予想だにしマセンデシタ。

しかも豊田議員、御歳「42」歳デスからまさにハートランドさんの仰るように「聖書の模倣」でしょう。


お茶処
2017/07/02 00:31

そうそう、

始皇帝の「皇帝」とはどういう由来なのか調べたら…

Wikiより抜粋

『「皇帝」は、神話的な三皇五帝より二つの漢字を抜き取って作られた[12]。ここには、始皇帝が黄帝の尊厳や名声にあやかろうとした意思が働いている[13]。
さらに、漢字「皇」には「光輝く」「素晴らしい」という意味があり、また頻繁に「天」を指す形容語句としても用いられていた[14]。
元々「帝」は「天帝」「上帝」のように天を統べる神の呼称だったが、やがて地上の君主を指す言葉へ変化した。そこで神の呼称として「皇」が用いられるようになった。始皇帝はどの君主をも超えた存在として、この二文字を合わせた称号を用いた
」』

…「光輝く」「神のような者」だってさ。

コレってルシフェルすなわちサタンの眷属のリーダーデスなw

その末裔を神聖視したら間違いなく裁きの時は通過出来マセンわな。


お茶処
2017/07/02 00:38

博識のお茶処さんに褒められてとても嬉しいデス。
成程、豊田真由子は42でしたか、気付きませんでした。ありがとうございます。
上記のお茶処さんのコメの通りサタンの親玉はルシフェル(光輝く者)なので
神道や仏教、種々のカルト宗教で本物の神を偽装して何千年も人類を欺いてきました。自分も何十年も仏教に嵌って騙され続けてきました。しかし、バイキングさんが、常々仰っておられる様に宗教弾圧の為にアチラ側はRAPTなどを使ってネタバレさせました。(RAPTは本物の神を偽装して御言葉を宣布してRAPT読者を騙し続けて信者を増やしていっていますが。)この先も豊田真由子が本物の神に裁かれた様な事件が続発するのでしょうね。
ハートランド
2017/07/02 04:39
豊田・豊田商事、高齢者や母子家庭
身体障害者などをターゲットにありもしない純金の販売
身体障害者・バニラ・エア、バニラ・エアの由来
リラックスさせる香りであるバニラのような存在になりたい。
バニラ=香

エリシャ・ベテル・金の仔牛・香
これに、この前の、何故アロン直系じゃない奴が祭司?を混ぜる。
するとヤロブアムが浮上する、ヤロブアムはアロンの子らである
主の祭司たちとレビ人を追放。金の子牛を二つ造り
自分で勝手に考え出した月である第八の月の十五日に
ベテルに造った祭壇で生贄をささげ香をたく。

次にアハブを浮上させる。
アハブはイゼベルと結ばれ、バアルを導入。
南ユダのヨラム、妻は北イスラエルの王アハブの娘アタルヤ。
ヨラム、偶像崇拝・兄弟殺し。

エリシャ、エヒウに油をそそぐ。
北イスラエル王、アハブの子エホラム
南ユダ王は甥っ子アハジヤ。
エヒウ、イゼベル殺害。

イゼベル、西太后と何か似てる。以上が最近のニュース及び
今回の記事から連想した事になります。
8月15日に新宗教を造ったヤロブアム
イエズス会・太陽・バアル・神道、この辺がキーなのかな。
八咫烏
2017/07/02 05:08
お茶処さん

長子はセムで、ハムは次男だったと思います。古代イスラエルの初代の王とはサウルなのですが、その個性が秦の始皇帝に投影されたとは限りません。そっくり焼き直すよりも、断片のみを模倣する事のほうが人々の脳裏に焼き付ける事ができるからです。

しかし、ノアにそれを重ねてみるのは良い方法だと思います。
正誤は別にしても

「オペレーションとは時空を超えてやって来る」のです。

というか、当然これは出来レースなのです。
インターネットバイキング
2017/07/02 19:02

バイキングさんレス恐れ入りマス。

ワタクシ勘違いしてマシタ…

セムのが長子デシタね(^-^;

となるとハム=胡該、趙高に誑かされて放蕩の限りを尽くす…一方秦始皇帝の長子扶蘇=セム、民を救う為首都咸陽落城寸前に自らの身柄を差し出して投降する…義人の鑑の如き行動。最終的には楚の項羽が腹心の范増の入れ知恵に従い弑されたワケで投降を受け入れた劉邦=義人・憎むべき秦の一族郎党は誅すべし(伯父の項梁も秦により戦死)という思想の項羽=悪人、こんな感じになりマスねぇ。

しかも後に劉邦が腹心張良(現在月刊マガジンで彼が主役の連載が掲載中デス!)に従い立てた漢に登用され、漢楚の覇権争いの勝利の立役者となった韓信を漢の天下統一後「謀反の芽は断つべし」との群臣の意見に従い誅した劉邦…ある意味「正+反=合」ヘーゲル状態デスな。


お茶処
2017/07/03 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラスト・エンペラー F 聖書預言の行方(一人キリスト教)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる