アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
聖書預言の行方(一人キリスト教)
ブログ紹介
ワン・ワールドとは読んで字のごとく、1つの世界をあらわしています。1つの世界には宗教も1つが好ましいでしょう。宗教が1つに纏められるのであれば、現在の無数に蔓延る宗教体制を淘汰させなければなりません。その矛先とは仏教や神道などの国家宗教も例外ではありません。この一連の宗教撲滅運動が速やかに成されるが為に、ダーウィ二ズムとビートルズと拝金主義とが仕掛けられたのです。つまり自分勝手な無神論者の増殖です。この宗教撲滅とは、聖書で考えれば黙示録17・18章にある、「大いなるバビロン」または、「大娼婦」の最期として描写されています。

9・11事件以降、ユダヤ金融資本に対する暴露は流行し、ひとつつのブームを巻き起こしました。だがオウム真理教はアレフレポートというサイトを通して、ユダヤ金融資本に対する暴露を行っていたのです。そのサイトは94〜99年に作られたものであり、暴露ブーム前夜での出来事なのです。私は、オウム真理教が暴露ブームの火付け役だと考えています。読者よ、この一見矛盾した事柄を考えられよ。大衆理論に、「心」を汚してはいけない。

多くの陰謀論者・裏社会研究家達は、白人系ユダヤ人に敵意を抱いています。だがその反面では神道や天皇を持ち上げ、日本人こそが真のユダヤ人であると強調しています。これは最終的に、改宗ユダヤと血統ユダヤとの争いに向かわせる為の仕掛けであり、ナショナリズムを高めるのが陰謀論者達の使命なのです。が、しかし、血統である筈の神道勢力は敗北し、偽ユダヤによる国連ワンワールドがスタートする、こう断言しておきましょう。

続きは、私の記事を御覧ください…。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
デマゴギーとデマゴーグ
さて、まず冒頭に記したいと思うのですが、私のブログのタイトルはといえば、「聖書預言の行方」です。しかし預言を売り文句にしている割には、他の聖書ブロガーのような、ダイナミックさに欠けていると思われる方も居られるのではないでしょうか。正直にいいましょう、それは何てことない、特にダニエル書とエゼキエル書なのですが、それらがあまりにも難解であるからです。もちろん全く理解できないというのではありませんが、自分としてはもう2年程の猶予が欲しいと考えています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/02/19 00:24
具象 → 抽象 そして情報化時代。
具象 → 抽象 そして情報化時代。 ご安心ください、例えあなたが世に憂いてるとしても、私の予想としては、後12年後にこの世は過ぎ去っているからです。私の見立てが間違っていたとしても、おおよそ違わぬ時期に裁きははじまるでしょう。それは私の名付けた陰謀論革命の加速に比例するかのような、天皇主義とナショナリズムの拡大と、そのターゲットであるアシュケナジー・ユダヤに対する憎悪の高まりを見れば一目瞭然でしょう。と同時に、日増しに増加する貧困層を考えれば、最終的にベーシックインカムと食料との引き換えに、右手か額に666の刻印を刻もうとの聖書預... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 30

2018/02/12 23:20
掲示板 23
アンティークを眺めていると、古き良き時代を懐かしく思うでしょう。産業革命以降の量産型でも良いのでしょうが、どうしてもそういう商品が横行する時代背景とは、人々の精神までもが荒んでしまいます。それは自動車などの生産ラインが如実に示しているように、職人が専門職に成り下がった結果に他なりません。人間は本来あるいち工程に徹し合理化を計るのではなく、満遍なく多くの分野を身に付ける事で充足する生き物なのでしょう。それは科学が一人歩きしてしまった現在ではなく、本当は科学にでさえ思想が伴っていなければならないので... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 26

2018/02/07 23:30
連日の大相撲騒動。
2月2日の「飛鳥昭雄 エクストリームサイエンス」で、気になった話が2つあったと書きましたが、もう1つは最近の大相撲騒動です。氏は確か著書において、相撲のルーツはヤコブとみ使いの決闘だと述べていたので、現在の大相撲を国技と考えるひとりなのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 26

2018/02/05 00:00
諏訪大社における筒粥神事の三分五厘。
先週はBIGLOBEパスワードを忘れてしまい、記事が書けなくて申し訳ありませんでした。NECが運営していた時には簡単にパスワードの変更が出来たのですが、経営母体が代わってからセキュリティーが厳しくなったようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/02/04 22:25
西部 邁
西部 邁 (にしべ すすむ) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 32

2018/01/21 23:15
緊急地震速報とゴジラ
下記の動画を見ていただければ早いのですが、簡単に説明しますと... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2018/01/18 21:34
雨がふったら傘をさそう、人間だもの... 相田みつお
西部 邁は、相田みつお が嫌いだそうで、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2018/01/14 20:47
国連ワンワールドに至るには、伝統破壊が必衰。故の、自由・平等・博愛なのでしょう。
国連ワンワールドに至るには、伝統破壊が必衰。故の、自由・平等・博愛なのでしょう。 ニムロデのバベルの塔を考えれば、サタンが早い段階で、ワンワールドを行おうとしていた事がわかるでしょう。そう、神へと近づくためにニムロデに高い塔をつくらせ、全ての人々をそれに平伏させようとしたのです。しかし神の怒りを買い、ヘブライ語でバベルとは混乱という意味がありますが、人々の言語を混乱させられました。それで人々は同じ言語を話す者同士で四方に散らばって行き、現在に至るのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 21

2018/01/08 22:57
君の名は。
君の名は。 皆様お久しぶりです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2018/01/04 23:29
陰謀論者達の体たらく
私の読みが正しければ、次の日本支配は伊勢神宮の「赤」である大和族(秦氏)が担う事となり、それに合わせて天皇も秦氏系になる必要があり、大阪首都移転と京都御所鎮座も必衰という事になります。それと同じ頃合で日本は、やはりユーラシア大陸の「赤」い火の鳥である露中とも連携するでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 31

2017/12/24 23:17
シン・ゴジラ
無数に蔓延る宗教に対し、これをどう始末させ、最終的に似非ユダヤ教のみが許されるワンワールドにどう乗り出すのか、と... その前提には民主主義と、それに付き物である、「自由・平等・博愛」が不可欠だったのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 62

2017/12/17 23:20
RAPT的にいえば、秦氏の敗北と、出雲の勝利。
さて、私の記事の閲覧数なのですが、特にRAPTに対する批判記事を書くと上昇する傾向にあります。それは恐らく、飛鳥昭雄やR・コシミズに対する批判よりも上昇率は高いでしょう。これを簡単に分析すれば、仕掛けられたトレンドというものは、その時期や段階において役割があり、有機的に前進させられているのです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2017/12/10 22:20
掲示板 22
皆様お久しぶりです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 130

2017/12/10 18:52
「メッセージ 」という映画に込められたサインとは。
「メッセージ 」という映画に込められたサインとは。 私の今日の晩御飯はといいますと、ワイン片手に、搾った酢橘で生牡蠣をぺロリと、シメに八割蕎麦を流し込むという、ちょっとした贅沢を堪能しました。しかし子供時分を思い出せば、生は元より、鍋やフライですらも、皆様と同じで、その牡蠣とやらの味覚をあり難いと思った事は一度足りともありませんでした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 17

2017/11/26 22:51
目には目、歯には歯、プラズマにはプラズマ?
リバースヘッドさん(ハンドルネーム)のコメントにありましたように、私も、飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス生放送(年に4回、最近は6回)は毎回チェックしています。21時から始まり25時位まで放映されるのですが、私はここ5回ほどは、始まって30分もしないで眠りこけてしまっています。それもこれも飛鳥昭雄の自慢げな、視聴者をおちょくっているかのような態度が、どうしても視聴し続ける意欲を削ぐのです。仕方なく次の日の朝に、YouTubeでおさらいという事となってしまうのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2017/11/20 19:10
一水会のレコンキスタが意味するものとは?保守に回帰する時が、東アジア共同体としての北の王が始動する。
記事が遅れがちで、すみません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2017/11/13 21:20
保守について。
保守とひと口にいいましても、あらゆる思想があり、何が真の保守であるのかと論争を繰り広げています。しかし概ね一致しているのが、伝統を重んじるだとか、古きよき時代のものを継承すると、こんな感じでしょうか。では古きよき時代とは、いったいいつの時代の事を指しているのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2017/11/06 23:49
考察の原点。
私の悪いところは、この世の著名人に必要以上に影響されている事でしょうか。その為に皆様に御心配や、時に誤解を与えているであろう事には、大変申し訳なく思っております。私は、なるべく私情を避け、淡々と考察を展開するつもりでいたのですが、今日は、どうしても私の考察の原点を書きたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 20

2017/10/30 22:54
賢い猫。
賢い猫。 哲学に嵌る人間は愚かである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2017/10/30 00:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

聖書預言の行方(一人キリスト教)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる