イナゴというソフトランディング。

以前から着々と仕込んできたとはいえ、ここに来て一気に世の中はある方向に向け動きはじめました。

それはひとつにニクソン・ショック以降のゴールドとの兌換から解放された通貨の存在です。つまり何の裏付けもなく(不換紙幣である)、信用が無くなればただの紙切れと成り下がる通貨のことであり、我々は、そんな危険な通貨を稼ぐために労働し消費をおこない、経済活動に勤しんできたのです。

その兌換ではなく不換紙幣のマネタリーベース(世の中に存在するすべてのお金の量)ですが、下記グラフをみると約8年程で3~4倍と急増しているのがわかるでしょう。ここで私もよくわかっていないので、あるサイトから説明しますと...

マネーストックは、「民間の金融機関が社会に供給している資金量」のことです。

マネタリーベースは「日銀 → 民間銀行を含む社会全体への資金供給」でしたが、マネーストックは「民間銀行 → 社会全体への資金供給」という違いがあります。

マネタリーベース、マネーストック、マネーサプライの違いは?過去推移を調べる方法
https://oneinvest.jp/monetary-base/

monetary-base-suii.png

つまり日銀がマネタリーベースを増やし、各銀行にマネタリーベースとして供給しても、各銀行がそれをまんべんなく社会に供給しなければ、インフレにはならないのではないでしょうか。だからこそ銀行は個人への貸し渋りを行い、より信用が高い大企業に大半を貸し出し、その資金で大企業は自社株買いをしていると、これは私の推測ですが、こうなればインフレという流れをせき止めるダムとなれるのではないでしょうか。このダムを決壊させる計画があるように思えてなりません。

このグラフは1970~2018年10月までのものなので、今回のコロナ特措法なりで更なるマネタリーベースは急増しているはずです。2013年のアベノミクスあたりから、日銀の量的緩和で資金供給をジャブジャブにしたおかげで、マネタリーベースは3~4倍となったのですが、これが最終段階へ向けた仕込みだと思うのです。繰り返しますが、日銀は兌換のない、つまり無から通貨を刷りまくり(といってもパソコン操作だけでしょうが..)第1のダムであるマネタリーベースを決壊させ、第2のダムであるマネーストックへ流し込んだと。しかし本流は大企業などに流れた為に、庶民の実社会は洪水にならずに済んだと。しかし、タイミングを計って庶民に水攻めをくらわせると。つまり資金が必要な時には供給されず、いらない時に過剰に供給させようと、こんな想定です。

話が長くそれましたが、「供給削減」という記事にアフリカにおけるイナゴの問題に少し触れましたが、先日のテレ東やりすぎ都市伝説にて、この問題が取り上げられていました。バッタだかイナゴはアフリカから紅海を渡ってサウジなどの中東へ入り、パキスタンや中国の国境にまで迫っていると話していました。

これがインドや中国の作物を食い荒らしたら大変ではありませんか。それこそ世界中のスーパーから食料がなくなり、今回のマスクやトイレットペーパーどころの騒ぎでは済まないでしょう。政府に困窮するほどの、つまり餓死につながるような飢饉がくれば、666という証印を受け入れるか拒否するかのイベントもはじまってもおかしくないのでしょうか。

しかし、キリスト教世界やイスラム世界をはじめとする、多くの大いなるバビロンの消滅はどうするのでしょう。人口規模世界1位のEUのキリスト教世界と、2位の中東連合のイスラム世界を、同時撃ちさせるのが効果的であり、その悲惨な光景をテレビが垂れ流し宗教という凶器を大衆に知らしめると。その数年先にあるかも知れない世界大戦に照準を合わせるかのように、マネタリーベースは急増し、イナゴ君達にも少しでも作物を減らしておいてもらおうと、こんな気がいたします。戦時という圧倒的な物資不足がスーパーインフレの引き金となり、それを後押しさせるマネタリーベースの増加とイナゴ君。こんな予測です。

戦争なしのソフトランディングで済めばまだましですが、どうもハードランディングとなる気がするのです。


やりすぎ都市伝説SP 2020 2020年04月29日 FULL SHOW HD
https://www.youtube.com/watch?time_continue=9288&v=jwtvNuYtnuY&feature=emb_title

この記事へのコメント

インターネットバイキング
2020年05月05日 09:21
書き忘れました。

イナゴ、来ない

175→571 とすれば

ん~。やっぱり、やめときましょう。

逆・イナゴ(笑)
エルブ
2020年05月05日 18:36
皆様、こんばんは。

タクテークさん

ご返信ありがとうございます。

サタニスト側が「11」を用いる事については、1つには割り切れない数字である事、あともう1つはあくまで個人的な考えなのですが、カナン人の部族の数とも関係あるのかと今のところは考えています。

分からない事があっても恥ずかしい事は何もないですよ(^_^)
皆様それぞれご存じの事もあれば不得意分野もあるでしょうし、人によって賜物が違うでしょうから知らない事は恥ずかしい事ではありません。
私も知らない事だらけなので、その都度調べる事が多いですf^^;
ですがそれが勉強になるのでコメントをしているのかも知れません。

誤解はしていませんので大丈夫ですよ(^.^)
「3」や「9」にしても仰る様に意味があると思いますし、それらの数字に「11」がプラスされる事で更なる意味が加味されるのだと思います。

カバラも幾つか種類がある様ですし、聖書の数字、タロットカード、神話に登場する数字など色々なジャンルの数字を駆使している様に思われますので、確かに読むのが難しいと感じる事もありますね。
例えば私の場合、オリンピック関連の報道の場合はギリシャ神話に関する数字が用いられている可能性がある事を前提に読み解こうと試みます。
個人的には報道の内容から何の数字を示しているのかを判断する様にしているのですよね。勿論その限りではなく、試行錯誤しても読むのが難しいと思っているのですが…。

彼らがこれらの数字を駆使してくる理由は、直接的な誰にでも分かる手法ではなく、敢えて暗号報道の様に理解できる人をある程度絞っているのではないかと考えます。
もし誰にでも分かる手法を用いると彼ら的な意味での篩い分けが出来ないからではないかと思っています。
あとは薔薇十字会の様な数字を用いる事を美学の様に考える思想もあるのかとも考えます。

世の中はメディアの報道を鵜呑みにして流される人ばかりですが、そうではない当ブログは私にとってオアシスみたいなものです(*^-^*)

また、バイキングさんはじめ当ブログの皆様を頼ってもいいと思います、その都度、勉強させて頂く機会となるのはお互い様ですし、超マイノリティーな同士が増えるのは嬉しいですから(^_^)
エルブ
2020年05月05日 18:38
バイキングさん、立て続けの新スレお疲れ様です。

>書きづらいような独特の空気

はい、仰る事よく分かります。そういう空気があって、嫌な雰囲気になってきましたよね。
正に「管理された監視社会~」に向かっていますね(T_T)
ハッキリ言って流行病より、徹底した管理・監視体制の方が恐いです。

「新しい生活様式」の実践例の1つにはスマホの移動履歴をONにする、買い物は電子決済を利用、誰とどこで会ったかメモする、などが掲げられていて、明らかに目的は監視ですよね。

もし新型コロナが仮に存在するウイルスだったとしても、常在菌に罪をなすりつけてパンデミックを演出~遺伝子ワクチン接種へと世の中を向かわせる事も可能ではとも考えています。
新型コロナワクチンについてメディアは「開発競争だ」とか報道していますが、そもそも製薬会社も水面下では既にワンワールドになっています。
このワクチンを調べると、日本だけでなく世界中の製薬会社がDNAやRNAといった遺伝子情報に働き掛けるワクチンを研究・開発しており、どこも結局は方向性が同じなんですよね…(--〆)

以前にコメントしたジブリの「思い出のマーニー」では「螺旋」が確か違う形で2回は出てきて、そのうちの1回は普通の方が気付けるかどうか分からない手法でサッと出てきました。
ですが、その途中のCMを観て私の中ではやはり「二重螺旋」、「遺伝子」といったキーワードと繋がったんですよね。

今は緊急事態宣言の影響で医療機関などは空いていますから、普段メンテナンス出来なかった方は今のうちに身体のメンテナンス期間として逆に利用するのも手かもです(笑)。

「新しい生活様式」実践例 専門家会議が示す 経済活動との両立図る
https://mainichi.jp/articles/20200504/k00/00m/010/084000c
毎日新聞



またなるほど、バイキングさんのコメントからしてこの「コロナ」騒動はやはり何処までも「赤」に拘っているという事ですね(確信)。

天皇が変わって元号が改元されたタイミングで「王冠」を意味する「コロナ」騒動が発生。
そして「君」も結局は君主を表すので、無関係な訳がないと考えます。

ここ数日はキーワードで「タイヤ」も出てきます。タイヤも
「輪、環」。
8番目の王は「王冠」ではなく、「タイヤ」でも被ってればいいんです<`ヘ´>
エルブ
2020年05月05日 18:58
当スレでも取り上げられているサバクトビバッタ、イナゴは私も調べていたのですが、先日のやりすぎは残念ながら前半は観られませんでした。
この新型コロナ騒動の最中でアフリカで発生したサバクトビバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫りつつある今、このバッタの数は推定4千億匹だとか。今後も個体数が増えるという予測も。
今回のサバクトビバッタは1平方キロメートル当たり4千万匹にまで繁殖し、1日で3万5千人分の農作物を食い尽くしている。

「19」年にアフリカ東部で大量発生したサバクトビバッタは当スレに書かれています様に「紅海」と「ペルシャ」湾を超え、「イラン」に上陸し、「中国」付近まで到達。と下記の記事に書かれており、
→いずれも「19」と「赤」陣営のキーワードが出てくるのですよね。
⇒タロットカードの19番・太陽のカード

国連食糧農業機関によると今回の「蝗害」により、発生地域のアフリカ東部を中心に3,500万人もの人が食糧難に陥った。

また、戦前は日本ではトノサマバッタが北海道などで作物に被害をもたらしたそうですので、対岸の火事では済まない事になる可能性も懸念されます。

新型コロナ騒動ではメディアが大衆に生活必需品を買い溜めさせるよう煽る様な報道のし方を敢えてしたのは、この次に待っている飢饉に備えて備蓄させる為、という意図もあったのでしょうか。


コロナの裏で、中国に「ヤバすぎる数」のバッタの大群が襲ってきた…!
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72070
現代ビジネス
タクテーク
2020年05月06日 23:44
エルブさん
こちらこそご返信ありがとうございます。
『11』やその他の数字についても詳しくご説明くださり、ありがとうございました。
暗号報道や美学というご考察も勉強になります。
また、たくさんのご配慮のあるお言葉、とても嬉しく思います。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2020年05月08日 18:46
511ですが、イルミナティカードでも予言されてるとインターネット上で話題ですが、
「11」を大衆に深く染み込ませるためのコマーシャルであって実は何もない可能性もあると思います。
なので地震や核戦争を怖がるのもそれはそれでどうかと。
しかし、世の終わりが近づいているのは偽終末であれ本番であれ事実ですから、
悔い改め、新生(ボーンアゲイン)、聖霊の内住が必要でしょう。

マイナンバーIDやワクチンなど拒否が当たり前。ビルゲイツのピルブライト研究所が作ってます。
ペレ
2020年05月08日 18:49
>「紅海」と「ペルシャ」湾を超え、「イラン」に上陸し、「中国」付近まで到達。
→いずれも「19」と「赤」陣営のキーワードが出てくるのですよね。

おお、これはすばらしい。
最近ここにきて維新が持ち上げられているのも革命前夜ですね。
さて、バッタくんらですが佃煮とか照り焼きにして美味しく食べられないものでしょうかね。毎日バッタが食事だとちょっと飽きますが。
エルブ
2020年05月09日 01:03
皆様、お疲れ様です。

空自の宇宙作戦隊がいよいよ「18」日に発足しそうですね。
新型コロナで表面的には疑心暗鬼を演じつつ、地球規模での「宇宙軍」創設。世界が実は同じ方向へ右倣えなんですよね。

自衛隊白書によれば、既に2012年には内閣府に宇宙戦略室が設置され、2015年には宇宙基本計画が決定されていました。
世界各国が宇宙空間に打ち上げているのも「プラズマ」や「プロジェクト・ブルービーム」の様なテクノロジーを用いて終末を演出する為なのでしょうね。

そして宇宙空間からも人類の管理・監視でしょうか。
5Gやマイクロチップの埋め込みの話が具体的になってきたタイミングですので、繋がりがある様に考えます。

数か月くらい前にネットで、J・Fケネディーにとどめをさしたのはジャクリーン婦人だという説を幾つか見ました。


宇宙作戦隊、18日発足 防衛省、不審衛星など監視
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050800607&g=pol
時事ドットコム

空自が「航空宇宙自衛隊」に? 実はもう地球では珍しくない「宇宙軍」 何をするのか?
https://trafficnews.jp/post/92702
乗りものニュース

6 宇宙空間における対応
https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2018/html/n31206000.html
自衛隊白書
エルブ
2020年05月09日 01:11
ペレさん

511の件、そうなんですよね。
これでもかと喧伝されていても何も起こらない事が今までにもありました。
最近メディアがこの新型コロナ禍で地震が起きたら、という番組などを報道していますが、個人的に今年の511は注意しつつも激甚クラスの災害がその日に起こるかについては疑問というか、タイミング的にはもう少し先の方がサタニストにとって都合が良いのではないかと考えており、一応、念頭には置いておく、ぐらいの認識でいます。

2件目のコメントの件、ありがとうございます。
「蝗害」といい、添付したバッタの記事内まで「赤」、「太陽」、「大和」族、「秦氏」それに「王冠(コロナ)」と繋がるキーワードが強調されているんですよね…(--〆)
そしてサバクトビバッタの移動ルートは「一帯一路」を連想させます。

あと「イナゴ」を食料にするとは、「ハチミツ(野蜜)」とセットで洗礼者ヨハネでしょうか。