kirisutoiesu699@gmail.com

やはり、陰謀論やテレビやネットのニュースなどにアンテナを張り巡らせていないと、記事を書く手が止まってしまいます。最近はもっぱら、ニュースに関しては日に一度、鬼薔薇さんに電話して教えてもらっている体たらくです(笑)

もともと私は怠惰だし、積極的に調べるタイプではありません。トレンドが発生したり、トレンドとはならなくとも、一時的に騒がれるニュースを聞いてから探るという出遅れタイプなのです。なのでこの1年というか、特に半年は厳しいものでした。

新天皇の予測も見事に外した私ですが、まだ自分にも出来る事はあるのではないかと考えていて思い出した事があります。2018年の11月7日に、私が使用しているグーグルのGメールアドレスが、何者かによって勝手に変更させられていたのです。

まあ、当時は気味が悪いとも思ったのですが、それだけ私を恐れている裏返しだろうと思い、今でも、この勝手に変更されたメールアドレスを使い続けていますし、逆に認めれたような気がして、それが自信に繋がっているので有り難い限りです(爆)

IMG_20200119_210544_1 (1).jpg

IMG_20200119_212750_7 (1).jpg

また、先日ある方からメールで励ましを頂き、心底嬉しく感じました。

そういえば、今朝ふと思ったことですが、やはり『旗志人』さんという名前はとても意味深いですね。

『基志人』とは、基督(キリスト)を志す人と読めますし、『旗志人』とは、民数記21:7節に出てくる銅の蛇を吊るす旗竿なのでしょう。また、銅の蛇はキリストで、旗竿はキリストが貼り付けにされた杭に対する、雛形であります。

まだまだ、頑張れそうです!

7 ついに民はモーセのところに来て,こう言った。「わたしたちは罪をおかしました。エホバに対し,またあなたに対して言い逆らったりしたからです。これらの蛇をわたしたちから取り除いてくださるよう,エホバに執り成しをしてください」。それでモーセは民のために執り成しを始めた。8 するとエホバはモーセにこう言われた。「あなたのために火のへびを造り,それを旗ざおの上に取り付けよ。そして,だれでもかまれたなら,必ずこれを見,それによって生き長らえるのである」。9 モーセは直ちに銅の蛇を造り,それを旗ざおの上に取り付けた。すると,蛇が人をかんだ場合でも,その銅の蛇を見つめると,その人は生き長らえるのであった。
民数記21:7



そこはかとなく
https://internetviking.at.webry.info/201612/article_1.html

この記事へのコメント

くま
2020年01月20日 11:24
えー!凄い偶然です!
紹介された聖句は先週末に読んだばかりでした!
こういうことってあるんですね。
インターネットバイキング
2020年01月20日 17:40
くまさん

必然だったら、もっとビックリですね!
エルブ
2020年01月21日 06:29
バイキングさん

予測して人々に注意・警告を発する事は本当に難しい面ありますね。
外れたらどうしようと思う反面、サインらしきものがあれば発信しないと罪悪感に囚われる…。

正直私も凹む事がありますが、罪悪感や後悔したくないとの想いの方が強くてやってしまう、という感じです。
バイキングさんが煮え切らないというのも、この罪悪感や後悔をしたくない気持ちと正義感との一体の感情からくるのではないですか?(違っていたらすみません)
そういう動機からの行いを、当たる・当たらないに関わりなく神は分かって下さっていると思います。

不完全な人の組織は信用しきる事が出来ないのは仕方ない事かも知れません。
長老がバイキングさんとお会いする事をもし意図的に避けているとしたら、僭越ながらやはりバイキングさんのされている事の方が…、という事なのではないかと私なら考えてしまいます。

当ブログに辿り着くまでに皆様それぞれ色々な方面からこちらに辿り着いたと思いますし、私もそうです。
様々な情報が溢れている中、当バイキングさんブログを選り抜いてコメンテーターとして集まって来ております。
自分が不完全な存在である事は充分承知しておりますが、情報精査し尽くした結果、当ブログを選んでいる事に対してはそれなりに確信を持っているつもりであります。

細かい所が例え外れたとしても、大きな事柄でシナリオにある事ならいつか現実化するはずです。
ましてやサタニストはおろか、サタンですら所詮は神の掌に在るのですから。


神のお導きによりリーダーシップを発揮して人々を導いた人物の名。
「名は体を表す」と言いますが、やはりバイキングさんにピッタリな気がします。


それにしてもサタニスト側は謎掛けする時、上から目線ですね(--〆)
エルブ
2020年01月21日 06:34
「安楽死」等がキーワードとしてあるアニメ「バビロン」ですが、東京都西部4都市を合併した独立自治体「新域」と、都庁だか「バベル」を彷彿させる超高層ビルが出てきますね。
https://babylon-anime.com/introduction/

また「メイドインアビス」というアニメにも異世界と「尊厳死」がキーワードとして出てきます。
男の子と女の子のキャラが異世界に送り込まれるがモンスター化。女の子の方は意思の疎通が出来ない程モンスター化してしまい、耐え難い程の苦痛を伴う実験を繰り返しされて、最終的には本人の意思に関係なく尊厳死をさせられるという酷い内容だったと記憶しています。
この「メイドインアビス」がテレビ放映されたのを観たのも何か意味がある様に感じました。

世界統一政府が樹立したら更に嫌な世の中になる事は間違いなさそうです(*_*)

ドラクエⅢは作中の異世界アレフガルドへ行ってラスボスを倒すと異世界の天が閉じ、元の世界に戻れなくなります(アレフガルドは本来の世界の地下にある世界)。
異世界には何か嫌な感じが私にはします。
インターネットバイキング
2020年01月21日 20:16
エルブさん

仰る通りですね。特に多くの人は傷つくのを恐れる傾向にあると思います。何かを得るには時にリスクを伴いますし、無菌室ではあるまいし、表向きの聖書解釈で物足りませんから。

西部さんのような哲学者は自分自身を実験台にしましたしね。

byジャック・バウワー
エルブ
2020年01月23日 06:12
バイキングさん

>多くの人は傷つくのを恐れる傾向にあると思います。

そうですね。誰かがやらねば…、ですね。


裏社会の人達はこちらを敵視している場合でしょうか?

今月13日(1.13)に竹内睦泰氏(53「8」)が死去しましたね。
古神道宗家・第七十三世武内宿禰
「古神道本庁」代表
予備校の日本史講師
㈲北斗総合研究所代表取締役社長
日本歴史文化研究機構(JCIA)理事長

入院中に一旦、体調が良くなってきたのに急死とは不可解な亡くなり方ですね。亡くなったのが本当だとしたら、ですが。

ディス・インフォーマーなブロガーを含め、あちら側に与した者は覚悟をしておいた方が良いという事ですね。
エルブ
2020年01月23日 06:13
立て替え(破壊)は二度あり、今は2度目の立て替えが起こる前段階。

国民全体の変革となるとやはり、戦争か紛争の様な事や何らかの外的要因によって何か大きなインパクトがないと「全員が目覚める」状態にはならない。
そういうインパクトのある出来事がきっかけとなれば、日本人は一旦ひとつの方向へ向かい始めるとそれ以降の動きは早いですから、「雪崩を打って」という様な状況になる為には何かが起きない事には難しいのかも知れません。

日本が本当の意味での復興を遂げたときに、初めて本当の世界平和が訪れると思う。
「日本を中心とした緩やかな世界秩序」といったような…。

以上は中矢伸一氏の発言を要約したものです。

日本を襲う2度目の破壊。予言書『日月神示』が警告するヤバい未来
https://www.mag2.com/p/news/361954
MAG2NEWS


大本教から派生した分派(?)にも地球内天体、「新・ノアの箱船」の話がある様ですね。

「七」度目を転がして
「八」起で神の御世を開く

新・ノアの箱船
http://uenokouen.com/
大本神諭解説 上野公園

大本教神諭解説
https://kamikotokai.com/
神言会


古神道界も新たな局面を迎えようとしているのでしょうか?
エルブ
2020年01月24日 05:31
おはようございます。


「京アニ」放火殺人と「クレヨンしんちゃん」の関連性。
やはり京アニ放火も儀式だったという事で間違いなさそうですね。

京アニ、「クレヨンしんちゃん」制作請負に復帰 クレジットに社名載る
https://mainichi.jp/articles/20200123/k00/00m/040/134000c
毎日新聞


中国から世界へ新型コロナウイルスの感染が拡大している件で、武漢で行っていた交通遮断措置を周辺地域にも拡大したとの事ですが、予行演習でしょうか?

中国、交通遮断を拡大 新型ウイルス封じ込めへ異例の措置
https://www.afpbb.com/articles/-/3264878?cx_part=top_topstory&cx_position=1
AFP
エルブ
2020年01月24日 05:33
五輪や万博など外国人が大量に訪れるイベントがあると、セキュリティーを理由にAI監視カメラ等での監視を強化する理由になりますね。

AIカメラの認証スピードが上がっているのと、世界№1を誇るNECではマスクやサングラスをした上からでも、また横向きでも認証が可能になってきました。
生体認証に関しては顏そのものの他に「目の虹彩」、指紋、声、静脈、筆跡の他に「DNA」もありますよね。

生体認証はメリットとして不正ログインされにくいなどが挙げられますが、デメリットとして身体の変化等により認証されなくなる事があり、「論理的には100%信頼できる認証ではない」というものでもある様です。
所詮サタニスト(不完全な人間)のやる事は不完全という事ですね(--〆)


令和は「顔認証」システムが大ブレイク!? NECが世界に誇るビジネスの全貌に迫る
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1909/11/news004.html
ITmediaビジネスONLiNE

世界トップクラスの採用実績。NECの顔認証
https://jpn.nec.com/biometrics/face/index.html
NEC

顔認識の速度は0.2秒以下、本人識別率 98.41% サイバーリンクがデバイス向けAI顔認識SDK「FaceMe」の最新版を発表
https://robotstart.info/2019/05/13/cyberlink-faceme.html
ロボスタ

どんなリスクが隠れている? 生体認証のハナシ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/03/news022.html
IoTセキュリティbyITmediaNEWS
エルブ
2020年01月24日 05:35
関暁夫は昨年、2つ目のマイクロチップをインプラントしたとの事ですが、その2つ目のは5Gが発動してから効力を発揮する物みたいですね。
5Gのサービス開始はいよいよ今年2020年春からですね。

更に次世代の6Gのコンセプトも公開。
5Gの10倍
複数要素の同時実現
宇宙までのカバレッジ拡大
サービス開始は2030年頃の見込み。


ドコモ、5Gの次世代「6G」のコンセプト公開 「5Gの10倍」「複数要素の同時実現」「宇宙までのカバレッジ拡大」など
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/22/news096.html
ITmediaNEWS
エルブ
2020年01月25日 13:23
皆様、こんにちは。


先月のやりすぎ都市伝説で関暁夫は、
人間の肉体は「筐体」でしかないので、更に進化した在り方は「人間のクラウド化」。という様な内容を発言していました。
下記の記事は関のこの発言と関係あるでしょうか?

「脳オルガノイド」(ヒトの多能性幹細胞から作製した人工脳)はヒトの未熟児と類似した脳波を発生させているらしく意識を持っている可能性があり、それが苦しむかも知れない研究を行うべきではないのと、動物に移植する実験について倫理的なガイドラインが必要。

意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/10/post-13266.php
NEWSWEEK日本版

などと書かれていますが、既にクローン人間やIPS細胞により人体を形作る事が行われている感がありますので、何を今更といった感じがします(-_-メ)
「メイドインアビス」…。


やりすぎ都市伝説の番組の他の話題だと、

徳川の話で
毘沙門天 → 「北」の守護神
多聞天 → 「北」の守護神
母親の墓が「北」
…、など「北」を何回も主張していました。

他には
「君の名は。」の「ティアマト彗星」。
ティアマト → 龍、蛇神
彗星は長い尾をひく事から「龍」や「蛇」になぞらえられる、とも。

後はフォトン・ベルトについても触れていました。
エルブ
2020年01月25日 13:24
私もスピ系のブログやサイトを読んでいた時期がありました。
日月神事は啓示など聖書に似た部分もありますので、聖書を知らないと信じてしまいたくなります。それだけ騙しの手口が巧妙ですよね…。

そして私は最近、イスラム教の神話?の中の、聖書の記述に似た個所と違う個所とを読んで比較していました。
イスラム教にも聖書と似た個所が無くはないのですが、モーセやイエスを愚弄しているかの様な記述もあり、設立当初からキリスト教にぶつけて宗教対立をさせ同時撃ちさせる目的があって作られた、その計画が相当古い時期からあった事を窺わせる内容が書かれています。

私は当ブログに辿り着く迄にそんなに詳しくはありませんが神道、仏教、ヒンズー教、日月神事等を探っていた時期がありまして、朱印集めまではしませんでしたが神社や寺の祭に行ったりもしていましたが、心の何処かで「何か違う」と感じていました。
そんなある時、どういう訳か「世界に神々や仏は沢山存在するけれど、信仰するのは1人の神に絞った方が良いのではないか」という気が起こり、そこからたったお1人の神様探しが始まったのです。
自分の中ではかなり頑張って探していくうちに当ブログに辿り着きエホバ神と出逢い、記事やコメント欄をを読んでいくうちにエホバ神を信じる気になれたんです。
そして初めて唯一本物の神エホバを信じようと思った瞬間、これが「霊の必要が満たされる」という感覚なのでしょうか?強烈に霊と霊とが引き合う感覚に包まれ頭をナデナデされている様な心地良さを感じたのを覚えています。あの時の感覚を思い出すと涙が出てきます(ToT)

求めなさい。そうすれば、与えられる。
探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
マタイ7章7節

1人でも多くの方が救われる事を願ってやみません。
エルブ
2020年01月25日 13:31
イスラム教はアザーンや祈りの言葉というか「アッラー」という言葉に対する理解と、祈る方角が曲者ですよね。

祈りの言葉には

الله أكبر
Allah akubar
神は素晴らしい(偉大なり)

أشهد أن لا اله إلا الله
la ilaha illa Allah
アッラーの他に神は無し(と私は証言する)

という文言が出てきますが、イスラム教の言うところのこの「アッラー」とは「神」という語のアラビア語で「創造主」を指すのですが、これをイスラム教特有の神の御名だと主張する方がおられる為に、アラビア語を知らずに聖書の神とは違う神を祀っているとして宗教間の衝突に用いられる危険性があります。
そして日本語Wikiだと「アッラー」とか「アラー」ではなく『アッラーフ』で記載されている為になかなかその辺の確認が出来ていないまま誤解されている方が多いかと思います。

そしてイスラム教の祈る方角ですが、モスクでお祈りをする場合は「ミフラーブ」に向かって祈りますよね。これは「カーバ神殿」の方角を向いていますので、メッカまで行かなくても「カーバ神殿」に向かってお祈り出来ますが、この「ミフラーブ」に向かって祈る事は果たして「偶像崇拝」に当たらないのか?という問題が聖書的に生じます。
更にその「カーバ神殿」はアニミズムを行っていた時代に360柱の神々を祀っていた場所でもあり、アッラーの御神体であるブラックストーンが置かれており、そこには更に表象も設置してあってブラックストーンに触れると御利益があるとも言われているそうです。
なのでこれに向かって祈るのは偶像崇拝に当たるのではないかと思います。

↓下記の動画の3:03~3:17辺りのブラックストーンの所にそのシンボルが出てきます。

Wahi 360° Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=k_clFvRu0cs

多数の神やシンボルの中に唯一お一人の創造主を混ぜて崇拝させる行為はまるで神道にも似ていますね。
私は個人的にイスラム教の祈りのし方は偶像崇拝に当たると考えます。

なので上記の祈りの文言だけだと一見すると聖書的に問題無さそうに思えますが、実は神の不興を買う祈りのし方をしている訳ですよね。
そして今まで宗教の専門家達はこういった大変重要だと思われる事を曖昧なままにしてきた様に思います。
これらの事からもいかに純粋聖書信仰が大事かを再確認させられます。


アッラーフ Wiki
アッラーフ或いはアラー、アッラーは「唯一神ヤハウェ」に対するアラビア語呼称のひとつ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アッラーフ

アザーン Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/アザーン

カアバ Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/カアバ

99 NAMES OF ALLAH (Asmaul Husna-The Glorified Names) | NASHEED BY OMAR ESA Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=bGYl44Dt1LM

Allah - 99 Names (Nasheed: Duff) | Tauseef Akhtar Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=6XQolX8WDzQ
エルブ
2020年01月25日 21:04
イスラム教という似非聖書世界

私の手元にあるイスラム教について書かれた本に掲載されている宗教画は絵柄が中央アジア的で、色彩は極彩色で仏教画そっくりです。
で、イスラム教の宗教画ではサタンや悪い人間は「青」い服を着て描かれています。

アニミズム時代、最高神アッラーフの娘の三女神のうちアッラート(アリラト、アッラーフの女性名詞形)は月の女神であり、月経を司る五穀豊穣の女神でもあった。
アラブ人はギリシア神話のオリュンポス十二神の一柱である生殖と豊穣、最高の美神であるアプロディーテーの事をアリラトと呼んでいたとされる。

こういったものとごっちゃにさせて崇拝しているのだから、やはり唯一の創造主ヤハウェの不興を買う形になっていますね。


アッラート Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/アッラート

アプロディーテー Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/アプロディーテー
エルブ
2020年01月25日 21:34
99 Names of Allah

01. Ar-Rahman(الرحمن)
  The All-Compassionate
02. Ar-Rahim(الرحيم)
  The All-Merciful
03. Al-Malik(الملك)
  The Absolute Ruler
04. Al-Quddus(القدوس)
  The Pure One
05. As-Salam(السلام)
  The Source of Peace
06. Al-Mu'min(المؤمن)
  The Inspirer of Faith
07. Al-Muhaymin(المهيمن)
  The Guardian
08. Al-Aziz(العزيز)
  The Victorious
09. Al-Jabbar(الجبار)
  The Compeller
10. Al-Mutakabbir(المتكبر)
  The Greatest
11. Al-Khaliq(الخالق)
  The Creator
12. Al-Bari'(البارئ)
  The Maker of Order
13. Al-Musawwir(المصور)
  The Shaper of Beauty
14. Al-Ghaffar(الغفار)
  The Forgiving
15. Al-Qahhar(القهار)
  The Subduer
16. Al-Wahhab(الوهاب)
  The Giver of All
17. Ar-Razzaq(الرزاق)
  The Sustainer
18. Al-Fattah(الفتاح)
  The Opener
19. Al-`Alim(العليم)
  The Knower of All
20. Al-Qabid(القابض)
  The Constrictor
21. Al-Basit(الباسط)
  The Reliever
22. Al-Khafid(الخافض)
  The Abaser
23. Ar-Rafi(الرافع)
  The Exalter
24. Al-Mu'izz(المعز)
  The Bestower of Honors
25. Al-Mudhill(المذل)
  The Humiliator
26. As-Sami(السميع)
  The Hearer of All
27. Al-Basir(البصير)
  The Seer of All
28. Al-Hakam(الحكم)
  The Judge
29. Al-`Adl(العدل)
  The Just
30. Al-Latif(اللطيف)
  The Subtle One
31. Al-Khabir(الخبير)
  The All-Aware
32. Al-Halim(الحليم)
  The Forbearing
33. Al-Azim(العظيم)
  The Magnificent
34. Al-Ghafur(الغفور)
  The Forgiver and Hider of Faults
35. Ash-Shakur(الشكور)
  The Rewarder of Thankfulness
36. Al-Ali(العلى)
  The Highest
37. Al-Kabir(الكبير)
  The Greatest
38. Al-Hafiz(الحفيظ)
  The Preserver
39. Al-Muqit(المقيت)
  The Nourisher
40. Al-Hasib(الحسيب)
  The Accounter
41. Al-Jalil(الجليل)
  The Mighty
42. Al-Karim(الكريم)
  The Generous
43. Ar-Raqib(الرقيب)
  The Watchful One
44. Al-Mujib(المجيب)
  The Responder to Prayer
45. Al-Wasi(الواسع)
  The All-Comprehending
46. Al-Hakim(الحكيم)
  The Perfectly Wise
47. Al-Wadud(الودود)
  The Loving One
48. Al-Majeed(المجيد)
  The Majestic One
49. Al-Ba'ith(الباعث)
  The Resurrector
50. Ash-Shahid(الشهيد)
  The Witness
51. Al-Haqq(الحق)
  The Truth
52. Al-Wakil(الوكيل)
  The Trustee
53. Al-Qawiyy(القوى)
  The Possessor of All Strength
54. Al-Matin(المتين)
  The Forceful One
55. Al-Waliyy(الولى)
  The Governor
56. Al-Hamid(الحميد)
  The Praised One
57. Al-Muhsi(المحصى)
  The Appraiser
58. Al-Mubdi'(المبدئ)
  The Originator
59. Al-Mu'id(المعيد)
  The Restorer
60. Al-Muhyi(المحيى)
  The Giver of Life
61. Al-Mumit(المميت)
  The Taker of Life
62. Al-Hayy(الحي)
  The Ever Living One
63. Al-Qayyum(القيوم)
  The Self-Existing One
64. Al-Wajid(الواجد)
  The Finder
65. Al-Majid(الماجد)
  The Glorious
66. Al-Wahid(الواحد)
  The Unique, The Single
67. Al-Ahad(الاحد)
  The One, The Indivisible
68. As-Samad(الصمد)
  The Satisfier of All Needs
69. Al-Qadir(القادر)
  The All Powerful
70. Al-Muqtadir(المقتدر)
  The Creator of All Power
71. Al-Muqaddim(المقدم)
  The Expediter
72. Al-Mu'akhkhir(المؤخر)
  The Delayer
73. Al-Awwal(الأول)
  The First
74. Al-Akhir(الأخر)
  The Last
75. Az-Zahir(الظاهر)
  The Manifest One
76. Al-Batin(الباطن)
  The Hidden One
77. Al-Wali(الوالي)
  The Protecting Friend
78. Al-Muta'ali(المتعالي)
  The Supreme One
79. Al-Barr(البر)
  The Doer of Good
80. At-Tawwab(التواب)
  The Guide to Repentance
81. Al-Muntaqim(المنتقم)
  The Avenger
82. Al-'Afuww(العفو)
  The Forgiver
83. Ar-Ra'uf(الرؤوف)
  The Clement
84. Malik-al-Mulk(مالك الملك)
  The Owner of All
85. Dhu-al-Jalal wa-al-Ikram(ذو الجلال و الإكرام)
  The Lord of Majesty and Bounty
86. Al-Muqsit(المقسط)
  The Equitable One
87. Al-Jami'(الجامع)
  The Gatherer
88. Al-Ghani(الغنى)
  The Rich One
89. Al-Mughni(المغنى)
  The Enricher
90. Al-Mani'(المانع)
  The Preventer of Harm
91. Ad-Darr(الضار)
  The Creator of The Harmful
92. An-Nafi'(النافع)
  The Creator of Good
93. An-Nur(النور)
  The Light
94. Al-Hadi(الهادي)
  The Guide
95. Al-Badi(البديع)
  The Originator
96. Al-Baqi(الباقي)
  The Everlasting One
97. Al-Warith(الوارث)
  The Inheritor of All
98. Ar-Rashid(الرشيد)
  The Righteous Teacher
99. As-Sabur(الصبور)
  The Patient One

参考までに
エルブ
2020年01月26日 05:58
レバノンの首都ベイルートの北約30kmにある都市ビブロスは古代、フェニキア人の都市として栄えた。
アルファベットの元になったフェニキア文字もこの地で生まれ、アルファベット発祥の地と言われる。
フェニキア人はレバノン山脈に自生するレバノン杉を資源として活用した。船や建築物の資材として適しており、樹脂も利用された。ビブロスからエジプトへ輸出した。

ビブロスはギリシャ語で「パピルス」を意味する。
ビブロスからはレバノン杉材がエジプトに輸出され、その代価として「パピルス」などが輸入され、更にギリシャなどに運ばれていたので、ギリシャでは紙といえばビブロスが知られていた。
「パピルス」を意味する「ビブロス」から「ビブリオン(本)」という語が出来、更に「ビブル(バイブル、聖書)」という語が生まれた。


レバノンの南西部にあるティルスは聖書にも出てきますね。
フェニキア人の造った都市国家の中で最大級にまで発展し、紀元前1000年頃にはフェニキアの首都となった。
また、アレクサンダー大王に対して唯一抵抗したフェニキア国家でもあった。
「バアル」信仰や「人身御供」などの風習を持つ残忍な人間としてギリシア文学に登場した。


ちなみにレバノン東部、ベイルートの北東約85kmにあるバールベックは、その名の通り「バアル」からきた地名です。
ベッカー高原の中央にある古代遺跡で、「ベッカー高原の主神」の意。フェニキアの神「ハダド(バアル)」が祀られていた事から。
フェニキア系の神々の聖地だったが、後にギリシア・ローマ系の神々と習合し、祭神はジュピター・ビーナス・バッカスと呼ばれるようになった。
遺跡はこれら三神をそれぞれ祀る三つの神殿から構成されている。
⇒「三つ組」の神々ですね。


ビブロス Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビブロス

ティルス Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/ティルス

バールベック Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/バールベック
エルブ
2020年01月26日 06:00
レバノンは国名が「白」を意味するフェニキア語から。
国旗が「赤」と「白」と「緑」の「レバノン杉」で、首都ベイルートは「中東のパリ」と呼ばれていた。
民族的にもフェニキア→アッシリア→新バビロニア→マケドニア→セレウコス朝シリア→ローマ→アラブ人と変遷しており、住民のアラブ化が進んで今のイスラム世界となった。
同国の宗教の信者数はイスラム教が54%でキリスト教が40.4%で、ムスリムとクリスチャンの数がだいたい拮抗しています。イスラム協力機構に加盟。
実際この国では(内外で)度々宗教などで衝突が起きているとの事です。

で、この国の公用語は「アラビア語」。
アラビア語を使う以上は宗教がキリスト教だろうとイスラム教だろうとユダヤ教だろうと基本的に「アッラー」又は「アッラーフ」と表現するのでしょうが、昨日記した通り崇拝方法や崇拝の対象、宗教的イベントや聖日などの違いがありこれもまた衝突の原因になるのではないかと思われます。
この国はキリスト教徒とイスラム教徒が衝突するのを前提に作られた国家なのではないかと思ってしまいます。


レバノン Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/レバノン

ドゥルーズ派 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドゥルーズ派

キリスト教東方典礼カトリック教会の一派マロン派 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/マロン典礼カトリック教会
エルブ
2020年01月26日 06:02
キリスト教マロン派といえばカルロス・ゴーン。

祖父のビシャラ・ゴーンはレバノンで生まれ13歳でブラジルに移住し、農産物を売買する会社のオーナーとなった。
1954年3月9日カルロス・ゴーン誕生。
カルロスが2歳くらいの頃リオ・デ・ジャネイロに移転。
カルロスが6歳の時に祖父の母国レバノン・ベイルートに転居。イエズス会系のコレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブールで中等教育を受けた。
1978年にパリ国立高等鉱業学校にて工学博士を取得し卒業。
その年にミシュランに入社。
30歳の時に南米ミシュランの最高執行責任者に任命された。
1989年にミシュランの北米事業部の社長兼に選ばれ米国サウスカロライナ州グリーンビルへと移転。
1990年にミシュランの北米の最高経営責任者に昇格。
1996年にルノーの上席副社長にヘッドハンティングされフランスへ。
1999年にルノーと日産の資本提携が行われた後、ルノーでの役職も維持しながら日産の最高執行責任者に就任。日本へ移住。

2002年、フランス政府からレジョンドヌール勲章(シュヴァリエ)を授与。
2004年、外国人経営者として初めて藍綬褒章を受章。
同年、法政大学名誉博士になった。
2005年、早稲田大学から名誉博士号を授与。
同年、企業改革経営者内閣総理大臣表彰を授与。
2006年、イギリスから大英帝国勲章(ナイトコマンダー)を授与。

日本のメディアからは早朝から深夜まで非常にハードに働くという意味で「セブンーイレブン」と称される。

アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を流暢に話す。


カルロス・ゴーン Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/カルロス・ゴーン


アラビア方面の偶像崇拝(の遺跡)やキリスト教vsイスラム教の構造等について調べていたら、カルロス・ゴーンとも繋がりました。
エルブ
2020年01月26日 06:11
京アニ放火事件ではネットでNHKが叩かれた事を受け、NHKがまとめサイトを提訴した様ですね。
安易に便乗して叩くのはやはり危険ですね。

NHKがまとめサイト提訴「京アニ事件で虚偽情報拡散」
https://www.asahi.com/articles/ASN1S5FGVN1SUCVL01N.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr03
朝日新聞デジタル


昨年起きた京アニ放火火災はノートルダム大聖堂火災と事象で繋がっているのではないかとの見方が出来ると思いますが、そのノートルダム大聖堂火災とカルロス・ゴーン騒動もまた事象で繋がっている可能性あるかもです。
エルブ
2020年01月26日 19:26
今回の「サザエさん」では「熊」、「冬眠」。
そういえば数年前、「フジテレビ」のドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」で「ロシア」の「熊」の童話「チェブラーシュカ」について取り上げていました。

ビブリア古書堂の事件手帖 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリオミステリ。
舞台は神奈川県鎌倉市北鎌倉で、2011年4月に「東日本大震災」が起きた事になっている。

「ビブリオ」とは本を意味する古代ギリシャ語で、biblionに由来。「バイブル」も同語源。
レバノンのフェニキア、「ビブロス」などとも繋がりました。

『8』チャンネル「フジテレビ」で日曜18:30放送のアニメ「サザエさん」は「8」と「栄螺」で、
正に「メビウス」と「螺旋」。そして「海」に関する名前。
この作品に登場する伊佐坂家で飼っている犬の名前は「ハチ」。
サザエさんも「8」づくしですね。
東京では東急田園都市線「桜新町」駅前から国道「246」に号へとつながる「中通り」が「1987」年に「サザエさん通り」と改称された。
「246」は「123」の倍数。

日曜18:00放送のフジのアニメ「ちびまる子」は、まる子の母親の名前が「すみれ」で、たいてい「紫」色の服を着ています。