JW革命

JWとは、ジェホバズ・ウィットネスの略称、つまりエホバの証人のことです。記事にあるJW革命とはおかしな呼び方かもしれませんが、一応こういう呼称にしておこうかと思います。

陰謀論とはその昔からありましたが、オウム真理教のアレフ・レポートを第一弾ロケットだと考えれば、9.11以降はB・フルフォードやらR・コシミズやらの第二弾ロケットも、インターネットの力を借りながら盛大に打ち上げられました。この勢いは近年稀にみるものであり、日本をナショナリズムや軍国主義へと導く革命としての、そう、それを私は陰謀論革命だと名付けました。

これらは全て世界統一政府に至る布石であり、個人的には今年2019~2026年は世界はかつてないような激動を迎えると考えていますので、陰謀論にしても宗教にしても政治・経済などあらゆる組織が、その時に照準を合わせるよう革命的変革を遂げなければならないでしょう。

そこで聖書の黙示録に注目しますと、八人目の王でもある世界統一政府が君臨する直前には、大いなるバビロンという偽りの宗教体制が全て消滅させられる事がわかるでしょう。そこで、すみません(後で調べます)、忘れてしまいましたが、真の宗教といいますか、聖書の教えを最も守ってきた組織に矛先が向かった時点でハルマゲドンに突入すると、聖書にはこんな感じで書かれていたと思います。

それはどう考えても、淫行や偶像崇拝はもちろんのこと、輸血を頑なに拒んできたエホバの証人しか思いつかないのです。しかし、どうでしょう、ここ数日に私は驚愕したのですが、確かに最終的にエホバの証人が宗教組織として生き残ると、この考えは変わらないにせよ、大いなるバビロン消滅時にはエホバの証人とてかなりの被害を被るのではないかと、こう思いました。

もう面倒なので、先に3つの動画を張る事に致します。


エホバの証人ニュース オーストラリア
https://www.youtube.com/watch?time_continue=18&v=_sTnQ00a8ws


エホバの証人 - オーストラリア政府公聴会で答える長老
https://www.youtube.com/watch?v=n-SER8BOotA


研究生が本部に電話、質問攻め
https://www.youtube.com/watch?v=EKgeyN7-UIU

①と②の動画をみますと、このオーストラリアにおけるエホバの証人の組織内で、1006件もの児童をはじめとする性的虐待があったようです。そこで③の動画をみますと、そのオーストラリア政府公聴会にジャクソンとかいうエホバの証人の会長だか、統治体の成員だか、はたまた会長兼統治体の成員だかしりませんが、とにかく最高責任者であるジャクソン氏も、「オーストラリア政府公聴会に出向いたのでしょう?」と、美人の聖書研究性に問い詰められている場面がわかるでしょう。

これをみてそのまま受け入れるのは危険であると、私の本能が警告しています。

つまり、カトリックの聖職者やローマ法王でさえ、性的児童虐待をしているとスッパ抜かれているではありませんか。これは事実かフェイクかしりませんが、事実であればそんな犯罪を犯している事が浮上する、いや、浮上したのは意図的であるのです。つまり大いなるバビロンに向けた布石です。

確かに輸血拒否だけでも攻撃される対象にはなるでしょうが、性的児童虐待となれば、これをマスコミという報道機関というワイドショーに乗じてやれば、一気に大衆の攻撃の的になるのです。

そこでオーストラリアという7万人いるエホバの証人に対して、1006件の性的虐待とはいかがなものでしょうか。この日柄がよくわからないので何ともいえませんが、仮に10年で1006件なら年間100件ですし、30年でも30件ほどです。私も白人文化に触れたことがないので何ともいえませんが、この被害件数とは余りにも大きい数字に思えてなりません。

つまり組織内組織の懸念でしょう。このエホバの証人に紛れた不穏分子が、事件を意図的に引き起こしている可能性が高いと思うのです。またジャクソン氏をもが不穏分子であれば、ここ数年のタブレットやらアプリやらという簡素化という名目のもとにエホバの証人の個人情報を抜き取っているであろう事実も、実に納得できるのです。

この②枚目の動画の政府公聴会で詰問されている長老さんは大変ですね。性的変質者を排斥する事で組織は守られますが、その変質者が組織外に野放しにされる事で、一般人の子供までに被害が及ぶ可能性があると、つまりそこまでの責任を押し付けられているのです。一応法律に乗っ取って変質者を当局に差し出すことは控えているのでしょうが、このスキャンダルが宗教弾圧へと利用されるのは明白でしょう。いや、この政府公聴会に参加した長老までもがアチラ側という自作自演であれば恐ろしいのですが、そこまでは何とも言えませんし、単純に矢面に立たされた長老を気の毒にも思います。

この政府公聴会は2015年7月29日に開かれており、①枚目の動画が上がったのが同29日ですし、②枚目の動画が上がったのは数日後の8月1日です。三枚目の動画が上がったのが約3か月後という、この一連の流れがスムーズなのも違和感があると思うのです。

③枚目の動画にあるコラージュですが、左はジャクソン氏で、中央が美人さんの聖書研究者で、右がJWに猿轡を噛まさられた美人さんのコラージュだと、この手口が非常に玄人の手口だと思うのは私だけでしょうか。私もそうなのですが男は美人に弱いし、女という同性からみてもエホバ証人であれば相手が美人だろうが敵意を抱く集団ではないのです。疑いたくはありませんが、この美人さんは..

1 アチラ側の差し金
2 差し金ではないにしろ、正義感から行動している、つまり遠隔タイプ

である可能性は非常に高いと思います。

なので私自身がエホバの証人の長老から、かなりの不当な扱いを受けてきたのではありますが、その感情を一旦フラットにしてみようと思います。政府公聴会にてエホバの証人を矢面に立たせようとの狙いは、そう大衆にエホバの証人を攻撃せよとの号令でもあるのでしょう。

組織としての児童性的虐待の対応について - オーストラリア王立委員会
http://www.jwstudy.com/bbs/viewtopic.php?id=238

---------------------------------------------------------

記事には関係ないのですが
オリジナルを超えるのは容易な事ではありません。
なので、下記動画を貼ります。

私も疲れてしまったし、早く夜陰に紛れたい。
しかし、矢面に立てとの神から指令がくだれば、喜んで最前線に立つ所存であります。


Ian Hunter - Once Bitten Twice Shy 1979 / 1980
https://www.youtube.com/watch?v=OSmYx0kg7bc

この記事へのコメント

インターネットバイキング
2019年04月01日 08:17
新元号発表は今日なんですかね?

大和になるか?
インターネットバイキング
2019年04月01日 08:54
天照元年とか
ちきゅう
2019年04月01日 15:07
令和
零和
ゼロサム

価値の創出が終わりをつげた定常化社会の始まりと言う事か。
マグダレナ
2019年04月01日 19:56
令→ 冠の前にひざまづく人の象形
和→「垂れた稲穂」の象形 + 口

令にはすばらしい、美しいという意味もありますが、個人的にはイマイチだなあと思いました。
マグダレナ
2019年04月01日 19:58
国にひざまづいて従えば、フードスタンプをもらえる?
エルブ
2019年04月01日 20:11
マグダレナさん

国は国でも日本国ではなく、8番目の王である国連に従えばベーシックインカムの恩恵に与かれる、的な…。

昭和は戦争、平成は災害やテロ、紛争、デモなど。
果たして令和は?!

物価がまた値上がりしたので、不穏な事態を起こし易くはなりつつありますね。
マグダレナ
2019年04月01日 22:01
エルブさん

まさにそんなかんじですね。

これまでも「昭和生まれ」といったら、昔の人扱いされていたのに、これから令和になったら、平成生まれでも昔の人扱いですよ。涙
黒ネコのダンゴ
2019年04月02日 21:31
マグダレナさん(^o^)
 
ブレイキング・バッド、近々シーズン3を観終わって、シーズン4に差し掛かる所です!
主人公の2人のドタバタが何とも(笑)ですね。
マグダレナ
2019年04月02日 23:32
黒ネコさん

そのままシーズン4、さらにラストシーズンまで突っ走ってくださいー!
このあたりから、ドタバタ劇は少なくなって、どんどんシリアスに…。
あんなことやこんなことが起こるんですよ…!
黒ネコさんが観終わるまで、口にガムテープしておきます。
黒ネコのダンゴ
2019年04月04日 21:26
マグダレナさん、確かにシリアス感が増して来ました。
あんな事やこんな事が起こるんですね?
うー楽しみです!

この記事へのトラックバック