資本主義の終焉だろうが喜んではいられない。

10何年ぶりにラジオ日経(当時のラジオ短波)を聞いたのですが、二枚看板ともいえる二名の男性記者や、国際アナリストやら株式評論家など、その当時からのパネリストも多く活躍していました。しかしどうでしょう、昨年10~12月のリーマン・ショックを彷彿させる株価暴落局面でも、大方の評論家は押し目買いを推奨していたように思います。それもこれも、日本経済新聞社という景気上昇に寄与せざるを得ない立場を考えれば、やむを得ない事情なのでしょう。

そのてん西山 幸四郎(石原 順 )さんのように社風を一切無視したかのような、世界大恐慌クラスの下げを警鐘する番組は、私にとっては最も面白い話に聞こえてきました。余談ですが、ではなぜ万年強気のパネリストだけではなく、売りを推奨するパネリストも1~2割とはいえ両立させるのかと考えますと、それは大暴落した時の保険なのでしょう。景気上昇に寄与せざるを得ない立場とはいえ、逃れ道という裏口を少し開けておかなければ信用問題にもかかわるからなのでしょう。

画像


さて、少し端折りますが、上記のNYダウの長期チャートをみても、1987年のブラック・マンデーや、2001年のITバブル崩壊や、2008年の100年に一度の大暴落だとされたリーマン・ショックなどは、そう大した下落ではないではありませんか。リーマン・ショック直前の2007年にはNYダウは14000ドルという当時の史上最高値を付けたものの、2009年には6470ドルという大暴落を演じました。しかし、下記チャートをみても2013年には2007年の高値である14000ドルを抜いてきて、2018年10月にはなんと約27000ドルにまで暴騰してきたではありませんか。

画像


14000ドルから6470ドルまでに暴落し、100年に一度の下げだと大騒ぎしていたのに、今じゃ約27000ドルというこの不可思議な現象をどう思うのでしょうか。つまり、「山高ければ、谷深し」であり、米ドルの総量は10年ほど前に比べて3倍になっているのですし、FRBの資産買い上げによってこのようなスッ高値が演じられているのです。

一枚目の超長期チャートをみればわかるように、特に80年代からは右肩上がりのNYダウですが、ブラック・マンデー、ITバブル崩壊、リーマン・ショックというように、10~15年スパンで暴落をしています。しかし量的緩和政策や金利を下げるなど、またFRBによる資産買い上げというQEによって、何とか市場は延命されてきたのです。しかし、チャートからもわかりますように1929年からの世界大恐慌とは、これら3つの金融危機とは比べ物にならないほどの大暴落となっています。

だからこそ、1937年からの第二次世界大戦がおこったのであり、オペレーションに取り込まれていなかったであろう企業にしても、戦争特需によって生き延びるしかないというような説得があったはずなのです。

では今回。リーマン・ショック後の最安値である6470ドルから、軽く4倍以上の約27000ドルという史上最高値となったのですが、この10年スパンの暴落ならいつものように量的緩和をおこないデフレとさせておけばよいでしょう。しかし、西山さんの話によると、その約10年スパンのエリオット波動の頂点と、1972年からの長期エリオット波動の頂点が重なった可能性があるというのです。これがその通りであれば、昨年10月頭の約27000ドルとは、資本主義における最後の高値だった可能性があるのです。

そして正確には2018年10月3日にザラ場で26951ドルを付けたものの、12月24日には21792ドルまで暴落しました。しかし、年金やら公的基金だかつまりFRBによるPKO的買い上げによって、まさかの9週連続の上昇となり、2019年2月25日にはザラ場で26241ドルにまで上昇し、後700ドルほど上げれば10月3日の26951ドルに並ぶというもの凄い回復を演じてきて、流石に売りポジションをとっていない私としても生きた心地はしませんでした。

しかし10週目にして4営業日連続の反落となり、今度はNYダウが三尊天井をつけるのではないかと、強烈な暴落サインを示唆する人もあらわれましたが、三尊天井に付いては下記動画をチェックしてください。


『ザ・マネー』~西山孝四郎のマーケットスクエア 2019年3月8日
https://www.youtube.com/watch?v=iP0IIqvPtTE

そして上記動画にもありますように、3月は重要変化日となる可能性があるようで、アストロジーという観点からみれば3月6日から28日辺りまでが水星逆行です。また全人代(全国人民代表大会)が15日まで行われますが、西山さんの話によると、全人代までは株価が高いが終わると下げるというアノマリーがあるそうです。また比嘉さんの話によると、シェイクスピアのジュリアス・シーザーの「3月15日には気を付けろ」を引用しています。

これは満更ではなく、資本主義最後の高値を、それを寸前で抜けずに三尊天井を形成しながら第二の世界大恐慌へと向かうのが今年の3月15日であれば、このジュリアス・シーザーをサブリミナルとさせるのかもしれないのです。

つまり英語読みであるジュリアス・シーザーというユリウス・カエサルが、占い師の「3月15日には気を付けろ」という言葉とおりに、紀元前44年の3月15日にブルータスによって暗殺されるという、これを重ねてくる可能性もあるでしょう。因みに私事ではありますが、私の母の誕生日が同じく3月15日なので、もしかしたら逆・シーザ現象ではないかとも考えています(まあ、聞き流してください)。

そして世界最大の投資ファンドであるブリッジ・ウォータのレイ・ダリオの2015年の文章ですが、これを西山さんが訳して要点を上げていますので下記の動画にありますから、気になるようであればチェックされてください。レイ・ダリオは1929年の世界大恐慌の直前の状況と、その現在の状況が酷似していると、簡単に言うならばそのような事を述べています。すみません、ここも端折ります。


『ザ・マネー』~西山孝四郎のマーケットスクエア 2019年2月8日
https://www.youtube.com/watch?v=4CessUnKxnI

さて、まだNYダウの三尊天井は完成されていないし、昨年10月高値を抜いてくる可能性もあるかもしれませんからなんともいえません。しかし高値を抜いてくるなら、エリオット波動の5波動目の延長ですから、市場の大暴落はまだ先延ばしとなるでしょう。しかし、そろそろ日柄的にも第二の世界大恐慌へと突入し、再び経済界に向けて経済の安定には戦争特需しかないと思わせなければならない時間帯が迫っているでしょう。

第二の世界大恐慌が生じようものなら、無能なRKあたりはウォール街の終焉であり、ユダ金の敗北であると呑気に勝利宣言でもするのでしょう。しかしブレジンスキーが70年代からゼロ成長社会だと告知していたように、市場を破壊し資本主義にピリオドを打つ事がまた、世界統一政府に至る重要な布石なのです。

この記事へのコメント

モンティパイソン
2019年03月12日 20:30
皆さん 初めまして。
ロム専のモンティと申します。常連さんがご多忙のようなので、僭越ながらカキコさせて頂きます。

株や経済にはトンと弱いので、インターネットバイキングさんのブログで勉強させてもらってます。

ヨウツベを観ていたら
『経済が平坦だと、1割の特権階級が儲からないから、上下させることにより、特権階級が潤うように、うまくコントロールしてる』との記事がありました。

落ち目のコシミズ他、低級な手下どものブログは見なくなったので、インターネットバイキングさんの記事を指針にして 日々を暮らしてます。

今後も 期待しています!
マチ
2019年03月12日 22:12
バイキングさん、こんばんわ。

上記のNYダウの長期チャート、分かり易いというか怖いものがありますね。
チャート を見るだけで、1929年の大恐慌以上のものが想像できます。経済が疲弊すれば、言論も容易く変わりますし、企業も生き残りのために戦争を支持するという流れになりますね。( ̄▽ ̄)









インターネットバイキング
2019年03月13日 22:48
モンティパイソンさん、はじめまして。

実は私も良くわかってないのですが、ありがとうございます。
インターネットバイキング
2019年03月13日 22:59
マチさん

そうですね、70年代の株価であった1000ドルという水中にまで暴落する事も想定したほうが良いと思うのです。

そうしたら、どんな政策をしようが焼け石に水で、10年スパンで繰り返す暴落時のデフレではなく、ーパーインフレとなるでしょう。経済人や企業のトップが再び潤う時代に回復できるならと、戦争特需を受け入れるでしょう。
インターネットバイキング
2019年03月14日 13:59
自分に添削

水中✕ 水準○

ーパーインフレ✕ スーパーインフレ○
ちきゅう
2019年03月16日 07:40
北の王が張り巡らす壮大な天幕って何だろうかな?
5Gとか、5Gとか、5Gとか笑

偽装世界戦争はもう技術的に可能になっちいますねえ。
ちきゅう
2019年03月16日 17:38
彼は海と麗しい聖山との間に、天幕の宮殿を設けるでしょう。しかし、彼はついにその終りにいたり、彼を助ける者はないでしょう。ダニエル11:45口語訳

天幕の宮殿。新世界訳だと宮殿のような天幕となってますね。

なお、ファーウェイの新本部は宮殿です!
http://tamakino.hatenablog.com/entry/2018/07/20/080000
ちきゅう
2019年03月16日 18:00
天幕とは聖書では保護下にあるの比喩でも使われたりします。

あらゆる物が遠隔操作可能な世界になりそうですね。バイキングさんのブログの読書ならもう意味はわかりますよね。http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-384.html
ちきゅう
2019年03月16日 20:45
すいません。ちょっと難解過ぎたかな笑
インターネットバイキング
2019年03月16日 23:09
ちきゅうさん

そうですね南海トラフ、じゃなくて難解ですね。

5Gの5とは赤い大和族側の象徴ですし、ファーウェイの宮殿を考えても北の王の一部という感じがしますね。

なるほど良く気づかれました。
ちきゅう
2019年03月17日 07:48
バイキングさん。
大変恐れ入ります。なんか皆さんの反応悪くて、思いっきり外した事言ったかと思って心配しましたよ笑
スルーされたら自分もロム専になろかしらと…

地震船ちきゅう号も最近南海トラフで活動してたようですね。
太平洋側のケーブル寸断させて、東シナ海に移す仕込みなのかなあ?https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41466340Z10C19A2LX0000/

ネットみてると裏社会の構造を認識する人は確実に増えてきてるけど、キリスト教=聖書の勘違いも増幅されててゲンナリですわ~

どうしたもんでしょうかね。さすがにアイデア枯渇です。助けて神さま~笑笑
インターネットバイキング
2019年03月17日 08:42
ちきゅうさん

ちきゅう号は3.11の直後に横浜港に入港し、それ以降は清水港をベースにしています。清水港から駿河湾や名古屋湾あたりに停泊している事が多いのです。3.11の当日も東北近海にいましたよね。

それで以前の記事にも書きましたように、出雲族の社は日本海側とか長野の諏訪とかですが、大和族側は思いっきり太平洋側ですよね。つまり南海トラフをやることで、逆神風とさせる可能性が極めて高いと思うのです。

しかし殺戮も第二の目的ではあるのでしょうが、第一の目的とは人間たちが神に背く行為を最終形とさせたいわけです。だからこそ第二東名高速道路と山梨経由のリニアなど、最低限の交通網の確保をしているという事でしょう。


また仰るように陰謀論の認知度と、聖書の勘違いとは、これをグラフ化させれば一目瞭然なんです。陰謀論とはまるで現在のNYダウのような意図的なスッ高値ですし、逆に聖書理解とはフランス革命以来ずーっと下値を切り下げているのです。こんな不均衡なチャート見て、自分は無神論者であると豪語できるはずがないのです。唯一理解できる無神論者として西部さんは除外しますけど。

続く
インターネットバイキング
2019年03月17日 08:47
産業革命からの文明の成長とは、ピンポイントにその時期を狙っています。

つまりアメリカ独立戦争と、フランス革命という事実上の人権宣言とが同時期で、その直後の産業革命ですから、文明の利器を手にした人間社会とは神を捨てやすい位置にいたのです。

古代や中世とかではなく、このタイミングがミソなのでしょうね。
モンティパイソン
2019年03月17日 19:38
失礼します。

確かに欧米ではつい最近の出来事ではありますが、日本では既に平安時代に『民は、すべからく平等であり、その民の頂きに天皇が存在し、天皇のみが神との接点が可能なのだ』という思想が生まれていました。かので日本には奴隷制もなく、女性の地位も高かったと聞きました。
何故に日本だけ平安時代に そのような思考が出来たのでしょうか、不思議です。
やはり、出雲と大和が日本に存在していたからでしょうか?皆さん 教えてください。
インターネットバイキング
2019年03月17日 23:17
モンティパイソンさん
 
よく陰謀論者がいうように、日本人こそが血統のユダヤ人であるからと、まあ、これも一理はあるでしょう。

しかし出雲族が旧約聖書、大和族が新約聖書という設定があります。

また旧約聖書が厳格な神ヤハウェ、新約聖書が優しいキリストと...

こういう設定もあるはずです。

余談ですがなぜヤハウェが厳しいとレッテル貼りされたかといいますと、キリストという贖いに至るまでは敵は何としてもキリストに至る系譜を壊しにきますから、時に神は敵勢力を殲滅させるなどを行ったのです。しかしこの厳しさも、人類が再び最初の状態を享受できる為の戦闘なので、究極の優しさなんですがね。

その聖書的個性を無理やりこじつけオペレーションとして取り入れてきたからこそ、大和族の平安時代は比較的穏やかで、後の出雲による鎌倉時代には戦闘という個性を意図的に目立たせたのでしょう。
モンティパイソン
2019年03月17日 23:56
インターネットバイキングさん

とてもよく分かりました。
ありがとうございました。
ちきゅう
2019年03月18日 04:46
モンティパイソンさん。
インターネットバイキングさん。

自分なりの補足になりますが。
出雲族と大和族の対立構図は、聖書中の旧訳ユダヤ人と1世紀のキリスト教ユダヤ人のそれに似てるとするならば、それを利用して正反合の社会力学で誘導する事も可能でしょうし、たぶん歴史的そうしてると思います。
天皇が大和族系に入れ替わり、出雲族が血の犠牲を捧げられなくなって、生まれたのが部落や穢多という説もありますが、流浪のセファラデイの日本版みたいな感じですね。
そうして一回弾圧しておけば、後々にマイノリティー意識をくすぐり利用できるでしょう。
また大和族にそういう弾圧行動を唆すために、ローマ系と言われる蘇我氏、朝鮮系の百済が役割を果たす事などは、ヨーロッパの4世紀以降の白人キリスト教世界の構築と全く似ていますね笑
ちきゅう
2019年03月18日 05:02
中世ヨーロッパのキリスト教世界では、ギリシャ由来のグノーシス主義を取り込んで、信者に下等な肉体という意識と、常に懺悔を強いる行動をさせ支配と教会の権威づけを実現。
日本の平安時代は神仏習合がそれをになったので、民のダウナー化による支配が可能になったのかな。肉食の禁止とか。
グノーシス主義のマニ教徒が鑑真の弟子にいたのは有名なはなし。
モンティパイソン
2019年03月18日 07:43
ちきゅう様
奥深い御考察 恐れ入ります。とても勉強になりました。

飛鳥時代の流れを振り返りますと、百済に援護した天智天皇崩御後、年上とされている弟??の天武天皇は新羅派でした。天武は天智の娘である持統を嫁に迎えた前後から蘇我氏とズブズブの関係になり、その後数年で天武の血筋は途絶えたとされています。この時代に律令制や日本書紀の作成や有名な歌人らが多数輩出されている濃厚な時代。
とすると、天武天皇=出雲 桓武天皇=大和と考えて良いのですよね?
肉食廃止とされながらも、庶民は名を変えて(鶏肉=かしわ、馬肉=さくら)食していたので 庶民は抜け道を作るのが上手いと感じました。
トサツ業務の一切に担ったのが『エタ・ヒニン』。
彼らの置かれた状況がよく理解する事ができたので感謝いたします。ありがとうございました。
ちきゅう
2019年03月18日 08:14
いえいえこちらこそ大雑把な流れですいません。
自分も詳しい事は古代分野の研究専門の方々にお任せですね笑

明治維新後は、再び部落穢多系天皇になって、出雲族の復活ですかね。廃仏毀釈とかもやってますから、仏教百済派への復讐ガス抜きな希ガス笑笑
民間人から戦後お妃さん入れる様になっても、ちゃんと部落出身者を入れてますしね。
美智子さんの実家の正田記念館には白山神社もありますし、カモフラージュでカトリックに改宗住み


インターネットバイキング
2019年03月18日 08:18
聖徳太子のペルシャ人説や、兵馬俑からペルシャ人の骨が発掘されたとか、始皇帝が東洋でははじめてギリシャの県群生をとりいれるなどもありますね。古代イスラエルは内戦が基本で、外戦は神に促されて渋々やったと考えますと、やはり好戦的な白人を取り込む必要があったのでしょうか。
 
肉食でパウロを思い出しましたが、ここでは肉を食するほうが下等だととらわれがちでしょうから、これを模倣させているとも思うのですが?
モンティパイソン
2019年03月18日 11:23
ちきゅうさん
インターネットバイキングさん深いです!

美智子の母親は、中国人女と英国人神父との間に生まれた女性との情報もありますね。なので、正田家の息子・娘らは長身です。
雅子の双子妹は2人ともクリスチャンですから納得です。
海外王室での美智子・雅子の扱いは『天皇夫人・皇太子夫人』ですが、紀子様のみ『プリンセス紀子』と扱われているのは何故なんでしょうかね。
世の中、分からないことばかりで、たまに怖くなるんですが、知人や友人達は世俗にまみれて、何も疑うことなく人生を謳歌していて驚きます!!知らないことをスルーできる人達ばかりの世の中に禍々しさを感じます。
ちきゅう
2019年03月18日 11:37
聖書に出て来るイスラエルは基本的に軍事力は貧弱ですよね笑
出エジプト後の戦いも基本戦術なんて無くて、神力頼み。
最近見つかった始皇帝の息子の頭蓋骨がペルシャ系の顔つきだったニュースもありましたね。長安、平城京、平安京はギリシャの都市計画が元になってる話もありますね。
ペルシャ人(ソグド人)が平家武士ってのもありますね。
吹き溜まりの島々ですからね笑
本当の歴史教科書作ったら、日本人が支配した時代なんか殆ど無くて拍子抜け。お隣の国々も責めどころなくなっちゃいますわな(^^)
インターネットバイキング
2019年03月18日 14:30
ちきゅうさん
モンティさん

勉強になります。

出雲族の物部氏ですが、その昔は物ふ部と呼ばれていて、神武天皇に国譲りしたときに(ふ)が抜け落ち、フネケとなったそうです。

秦氏の賀茂神社から出雲族の神社に禰宜を派遣し平定したそうですが、後解釈とはいえ、鴨禰宜とは平定された出雲族側のセリフとしておかしいですね。

しかし、それも現代の次の大和族が敗北する事を見越しての仕込みなら腑に落ちます。

出雲族の動物を捧げるはんさいを、禰宜達は禁止させたとあります。
インターネットバイキング
2019年03月18日 14:36
鴨鍋など、鴨を食べる地方を探ると面白そうですね。

山梨はどっち寄りなんでしょうか(笑)
インターネットバイキング
2019年03月18日 20:08
すみません。

鴨鍋なんかどこでもありますよね。
モンティパイソン
2019年03月18日 21:10
インターネットバイキングさん

いやいやそれが
天神系ては鴨を捧げていて、それを禁止したらしいです。
平安時代には、貴族が食用に鴨を飼っていたみたいで、なので京都や大阪や琵琶湖周辺が鴨鍋の発祥らしいです。
鴨がネギしょって です。
海外ドラマ観賞中 失礼しました。あれはヤメドキが難しいですよね。
インターネットバイキング
2019年03月18日 22:02
モンティさん

RAPTブログによると...

壬申の乱では天智天皇に対して、後の天武天皇が起こしたクーデターだとされていて、その時に天武天皇は赤い旗を掲げていたので大和族だと述べています。

桓武天皇は呪詛を恐れて長岡京から平安京に遷都させ、天照ではなくスサノオを祀って結界を張ったとありますから出雲族ですね。


うんっ 鳥は大和族の象徴なのに食べちゃうのですね。しかし出雲の国譲りでは、平定された側の出雲族からみて加茂氏の禰宜を「カモネギ」とさせる、つまり負けるが勝ちという逆転現象だったのではないでしょうか。

当時は理解できる人は皆無に等しかったでしょうが、現在の次の天皇が大和族からえらばれるがアメリカに敗北するシナリオを考えますと、この時空を飛び越えた勝利宣言が「カモネギ」に思えてなりません。
インターネットバイキング
2019年03月18日 22:33
雅子さんが本当に部落と関係があれば、肉食を扱う事からも出雲族なのでしょう。

それで紀子さんなのですが、RAPTブログにも情報が少ないようですね。しかし川嶋辰彦教授という紀子さんの父親が、真言宗の池口恵観と三日間語り合った事が週刊誌にスッパ抜かれたとは、大和族という線が強いようです。やはりラストエンペラーは悠仁となるように思えてなりません。
モンティパイソン
2019年03月18日 23:02
インターネットバイキングさん

ラプーが天武天皇を赤だと言ってましたか。うーん
天武天皇(大海人皇子=海を渡ってきた一族)の風貌は秦の始皇帝並みに掘りが深く、長身 筋骨隆々だったとか の記述がありますねー。
秦の始皇帝の長男は頭も良く次代をと考えていた矢先の突然の始皇帝死!ダメダメ次男の策略ですね。
天皇家は ごった煮のちゃんこ鍋のようです。後醍醐天皇時代の南北朝でも血筋が入れ替わっているので、万世一系は無しという流れですか。
極悪チッソの孫雅子は淘汰されて紀子さんの息子が次代になる!アッパレな御考察に感謝します
八咫烏
2019年03月19日 07:07
天幕の宮殿は施工不良問題でもあるんじゃないですかね。
レオパレス21みたいにね。

Devil May Cry 5
インターネットバイキング
2019年03月19日 07:56
モンティさん

私も歴史に弱くてすみません。

少し前の記事に書きましたように、縄文と弥生が北朝イスラエル10氏族、始皇帝の2度による蓬莱山組が南朝ユダ2氏族、最後に神武と渡来したのが一世紀の原始キリスト教団。

この飛鳥昭雄の話は基本的に本当だと思います。彼らは肝心な所では嘘を仕掛けますが、この一連の渡来とは、完璧なるまでの似非聖書世界の構築にはもってこいだからです。

確かに始皇帝からの2回の蓬莱山組は、南朝ユダ族とは言え、この時点ではまだユダヤ教という設定なんです。

神武とて確かガト族という出自は北朝イスラエルなんですが、朝鮮半島で原始キリスト教団と合流し、糺の森ではじめてバプテスマを施された時点でユダヤ教からキリスト教に改宗したと、こう言う設定があるようです。

なので、はっきりとはわかりませんが、天武が改宗していた可能性も考える必要があるかと思うのです。
モンティパイソン
2019年03月19日 10:39
インターネットバイキングさん

おおーっ!天武天皇が改宗ですかー!なるほど!それなら分かります!バイキングさんは凄いですね!
ヘタに歴史をカジっていると視野が狭くなって、本質を見逃すのかもしれません。
いやー勉強になります。
ありがとうございます。
モンティパイソン
2019年03月19日 10:47
インターネットバイキングさん

となると、平安京を真似て 風水やら魔方陣で、レイラインを張り巡らせて作った江戸の町並みはエセ京都。
徳川家康も出雲系になるのでしょうかね。だから最後の将軍を生かしておいた??
モンティパイソン
2019年03月19日 11:08
魔方陣を張り巡らせた張本人は天海。天海=石田三成との説も。

都内から少しズレた千葉県に足を踏み入れた途端、自分だけだとは思えますが、何とも言えない閉塞感に襲われて妙に居心地が悪くなるんです。
東のどん詰まりな銚子の突端に行くと息切れがしてしまいます、何故なんでしょう(千葉県の皆さん大変失礼しました)埼玉や茨城や神奈川には そのような閉塞感はまるで感じないのに 不思議です。
モンティパイソン
2019年03月19日 11:14
自分に赤ペンを

❌石田三成
⭕明智光秀
ちきゅう
2019年03月19日 16:32
モンティパイソンさん。

千葉は利根川迂回させて、唯一人工的に水に囲まれた国にしてますからね。人工バビロニアでしょうか?
全千葉県民を敵に回しました笑笑
モンティパイソン
2019年03月19日 16:52
ちきゅうさん

人工バビロニア○| ̄|_💨とは。。。
いやー参りました。
納得しちゃいかんですよね

千葉県民様ー!
ドイツ村大好きですよー
マザー牧場大好きですよー
鴨川シーワールドも、ディズニーランドも、まあまあ好きです(大汗)墓穴ほりまくり
ちきゅう
2019年03月19日 18:28
モンティパイソンさん。
明智光秀天海が作った東照宮は鶴と亀がアークを守ってますよね。そして西方浄土で浄土真宗の徳川なのに、門を真東に向けた。
キリスト勢力を排除するためにイスラエル神殿を模したんだろうなたぶん笑

見ざる言わざる聞かざる。
インターネットバイキング
2019年03月19日 18:52
モンティさん

そうですね。歴史を調べて分かるなら歴史学者になればよいですから、しかし技術的に高度なものを身に着けるだけではだめなんです。私も何にも知らないのですが、陰謀論を解毒する為に飛鳥昭雄やRAPTブログは読みました。

そこで彼らが主張する事と聖書を対比すれば良いのです。似非聖書世界の構築なのですから、歴史の随所を聖書に模倣させているのです。

徳川は出雲でしょうね。東照宮の三猿ですが、あれは実は15匹いて、徳川15代将軍の全ての個性を事前に予告させているんですね。

サタンが何故面白みに欠けるのかと申しますと、臆病故に特定のシナリオの中でしか演じられない所でしょう。アドリブ感が無いのです。
モンティパイソン
2019年03月19日 19:41
ちきゅうさんは凄すぎます

ちきゅうさん!
聖書のみならず、歴史他すべてを脳内に入っているんですねー。いやー、歩く広辞苑!いや、歩くGoogle 様。
小出しにしないで、ドンドン放出願います!
もう時は 23時59分を示しているんですから。
モンティパイソン
2019年03月19日 19:51
インターネットバイキングさん
『アドリブ感がない』
凄い考察ですよー!
ハンドルに遊びが無いということは、かなり危険だという訳でもあり、裏を返せば臨機応変に動けない、イレギュラーに対応不能な阿呆とも言えますね。そこが彼等のネックという事になりますか。
うん、何やら突破口が見つかりそうですね。

見るぞ 言うぞ 木久蔵ー!
ちきゅう
2019年03月19日 20:32
モンティパイソンさん。
自分一人の知識なんてたかがしれてます。上下関係や弟子や教師の立場を作れば、ガラスのように透き通った真理も瞬く間に曇るでしょう。それぞれの閃きが集まり、あらゆる方向から交差して真の知識の集合体として機能するのでしょう。
ダニエル書の預言の、サタンの世界計画の最終部分と大艱難前後を示した文脈では、全ての事が明らかになると書いてますかね。

「そして,その時に,あなたの民の子らのために立つ大いなる君ミカエルが立ち上がる。そして,国民が生じて以来その時まで臨んだことのない苦難の時が必ず臨む。しかしその時,あなたの民,すなわち書に記されている者はみな逃れ出る。 また,塵の地に眠る者のうち目を覚ます者が多くいる。この者は定めなく続く命に,かの者は恥辱に,また定めなく続く憎悪に至る。
「また,洞察力のある者は大空の輝きのように照り輝く。多くの者を義に導いている者たちは定めのない時に至るまで,まさに永久に星のように輝く。
「そしてダニエルよ,あなたは終わりの時までこれらの言葉を秘し,この書を封印しておくように。多くの者が行き巡り,真の知識が満ちあふれる」。ダニエル12:1-4

バイキングさん。

オリジナリティーの欠如。
サタンもやはり同じ被造物の端くれですからね。神に似せた事しか出来ないんですよね結局は。
インターネットバイキング
2019年03月19日 20:55
ちきゅうさん

なるほど西の京であるキリスト教を、東の京というユダヤ教が拒絶しているとは徹底してますね。

そう思うと、妻の先祖が大友宗麟だという事もあるのですが、周防国の大内氏が敗れて、茨城の牛久に山口氏と名を変え逃げ込んだのも、負けるが勝ちなのかも知れません。

徳島の阿波ですが、その忌部氏が斎藤と名を変え千葉に移住したのも、実は大内氏と同じような事情だったのかもしれません。千葉の夷隅安房は阿波からきているそうです。それが北上して茨城に入ったそうです。

つまり、コアな出雲族は東日本に逃がしていると思うし、だからこそ近い将来に逆ジョンタイターの地図現象が起こると考えています。つまり、太平洋側は南海トラフで壊滅し、日本海側は別にしても、東日本が生き残る計画があるように思えてなりません。

そこで飛鳥昭雄が、北茨城の磯原駅に近い皇祖皇太神宮に竹内文書が保管されているとかで、そうとう重要な社であると話していたのが思い出されます。私も何度か見に行ったのですが、非常に規模は小さくみすぼらしい感じなのです。しかし、伊勢神宮や出雲大社や龍神社とかでもなく、日本の行け末を決めている最もな場所とは、このような小さくカモフラージュされた所ではないかと思った記憶があります。

忌が斎場で使われるように、忌部氏と斎藤氏はレビ族だったのでしょう。
インターネットバイキング
2019年03月19日 21:21
それで思い出したのですが、富岡八幡宮で弟が姉を刺殺した事件など、つまり神社乗っ取りが近年行われているそうで、朝堂院大覚は宇佐神宮もそのような脅しから守る為に、実際にご本人が警護に乗り込むといった事もありました。

この大分の周防灘から
5kmに位置しているという距離感が非常に気になりますね。
モンティパイソン
2019年03月19日 23:09
インターネットバイキングさん

大友そうりんって
あの有名なキリシタン大名ですよね(驚)
世が世なら、黒ネコさんは お姫様てはありませんか!
いやー凄い結びつきに驚きを隠せません。
こちらの皆様は、1人1人が 雲の上のような方々ばかりで、身が引き締まる思いです。参りました!
インターネットバイキング
2019年03月20日 08:15
モンティさん

キシリトール大名、もといキリシタン大名。でも単なる猫おばちゃんですから。

テンコ森鴎外
モンティパイソン
2019年03月20日 13:31
テントはりはり鍋

キシリトールサイズまらー(いやん)

黒ネコやまうとのおぜうさま
インターネットバイキング
2019年03月20日 13:52
夜回り義家

春になったら学校へ行こう
モンティパイソン
2019年03月20日 15:15
義家の
人相 悪し
枯れオバマ⤵️
ちきゅう
2019年03月20日 16:07
インターネットバイキングさん。

そういえばクロネコ様と結婚されてたんですね。
遅ればせながらおめでとうございます🍾

おや。陰謀論の大本営ムーはそのように言ってるんですね。
大本営が満州が日本の生命線と言う時は、自分たちの生命線。
贅沢は敵だと言う時は、贅沢な国民は自分たちの敵ですかね笑

相当利用したい物がありそうですぬ。

光秀は娘を犠牲にしてますからね。かなり恨みはあったと思います。
家康の宗教政策も徹底してますよね。戦国時代に一番人殺した浄土真宗を、二分割して教理も対立するように仕向けてますし、徳川家が浄土真宗を形式上は信奉しているようにして、江戸の地名は穢土を連想させますが、敢えて改名してませんからね笑笑
ちきゅう
2019年03月20日 16:17
彼の時代なりにベターな政教分化政策をしたおかげで、260年の平和の応報もあったのでしょうね。憎めないたぬきさんですよ。
東照宮も神を権現としてるのが面白いですね。
権現=仮の神、代理神
家康が本当の神の代わりに事をなした意味なんでしょうねえ。
お堂の柱には一本逆柱を作って、完成は滅びの意味を込める。ある意味凄い方ですよ。小さな角イギリスでなきゃ潰せなかったのも納得な気がします。
見ざる言わざる聞かざるは、預言を終わりの時まで封印しておけですね。
これからはひも徳川側の時代ですなあ笑笑
インターネットバイキング
2019年03月20日 20:00
ちきゅうさん、ありがとうございます。

明治維新では、フランスが幕府を、イギリスが薩長を支援していのは頷けますが、家康にエリザベス1世が武器を供与していたというのはいまいちわかりません。

家康も明智光秀も足利尊氏も出雲族ですし、もう数百年も前から地政学を意識させ、大和族に南海トラフをぶつけさせる配置を定めたのだと思います。

欲しがり続けます、負けるまでは。
ちきゅう
2019年03月20日 20:59
インターネットバイキングさん。

ラピュタの記事でも家康をイギリスが支援してたのか確証がわからないとか書いてますね笑
だけど結局は悪魔だといつもの決めつけ論調💧
お粗末です。

ダニエル書では7章の初めからライオン(バビロニア)、熊(ペルシャ)、頭と翼が四つあるヒョウ(アレキサンダーの帝国と4分割する部下の王国)、そして恐ろしくて強い、鉄の歯と十本の角を持つ獣(ローマ帝国)が順番に起こると述べられています。

そしてローマ帝国の崩壊後に十本の角の中での覇権争いとして、三本の角が一本の際立つ角に引き抜かれる様が描かれています。

わたしがそれらの角についてずっと思い巡らしていると,見よ,別の角,小さなもの+がそれらの間に生えてきた。初めにあった角のうち,その前から引き抜かれたものが三本あった。そして,見よ,人の目のような目がこの角にあり,また大仰な事柄を語る口があった。ダニエル7:8
モンティパイソン
2019年03月20日 21:11
はたして、家康と天海だけで 大江戸の結界を張る大事業を完成させることが出来たのでしょうか?
平安京を倣って、北に白虎を置いたり、浅草寺と日光を1本の線で結んでおみたりと、ありとあらゆる方法で魔方陣🔯に江戸の町を護らせています。一里塚までを江戸と捉えるなら、板橋区の一里塚までが江戸内となりますが、暴れん坊将軍などは、一里塚の結界を抜けた埼玉寄りの場所で鷹狩りをしてますね(鷹狩りの石碑あり)
とてもじゃないが、初老の男2人だけの知恵とは思えませんね。
将門神社を白虎方向に設置したり、乾門の位置をあえてズラしたりと、きわめて巧妙に成し遂げているだけに、胡散臭さがプンプン臭います。その魔方陣を徹底的に壊したのが大久保ですからー。
ちきゅう
2019年03月20日 21:13
目と口を持つ角とは大英帝国で、それに引き抜かれるつまり、覇権争いに敗れる角とは、順番にスペイン、オランダ、フランスです。

スペインが英国に敗れるのは1588年のアルマダ海戦ですが、その後に世界の海洋権益を握ったのはオランダです。家康の時代はオランダが世界強国でありまだイギリスは、支援するだけの力はありません。
そしてオランダに変わって世界強国になるのが、フランスで17世紀後半のルイ14世の時代に最強国として君臨します。
その後、イギリスとフランスは植民地をめぐる戦争になり、1763のパリ協定でイギリス有利な時代が幕を開けていきます。

その後、植民地分割がほぼ確定してくると、アメリカ独立戦争、南北戦争、戊辰戦争など、他国の内戦にA、Bチームに分かれて支援する構図が出来上がっていきます。
ちきゅう
2019年03月20日 21:19
モンティパイソンさん。
その視点よくわかります。自分もそれは疑問に思っているところですね。バックに秘密組織の影がちらつきます。

現在、明智光秀の居城は大本教が聖地化しているようですよ。
ちきゅう
2019年03月20日 21:32
宗教を手玉にとって、パックスエドーナを作った家康ですが、同時代のフランスでは同じようにカトリックとプロテスタントによる血みどろの内戦が起こっていました。
そこに登場したナントの勅令(世界初の信教の自由)で有名なアンリ4世が、全くもって人となりが、家康さんにソックリなんですよね笑

内戦終結のために4回カトリックとプロテスタントの改宗を繰り返して、酒好き女好き(愛人30人)庶民の人気が高くて、争い嫌いで負けそうになると逃げ足速い。
フランスではナポレオンより大好きって人も沢山いるようです。

フランス革命の時に暴徒に墓暴かれて、持ち去られた頭部が最近見つかったというニュースもあらました。

敵を撃破する最善の手段は、敵を味方にすることだ。 アンリ4世


インターネットバイキング
2019年03月20日 21:43
モンティさん

今の政治という祭りごとを考えてみても、大臣だろうが皆お飾りではありませんか。という事は歴史上の人物ですらお飾りであり、藤原不比等を別にすれば、そう八咫烏なんでしょう。名も国籍もないと、カゴメ唄や童謡唱歌や漢字やら文化にまでユダヤの痕跡をサブリミナルさせた存在。ディープなオペレータは表面には出てこないのでしょう。
インターネットバイキング
2019年03月20日 21:57
ちきゅうさん

確かにダニエル書の、ライオン、クマ、ヒョウときて、なぜローマの4番目の獣には具体的な動物名が付されていないのでしょうね。そのローマから続く4番目の獣の上で覇権は争われますが、アメリカはこの角の中にカウントされているのでしょうか?
モンティパイソン
2019年03月20日 22:20
アメリカは、あまりに新興国すぎますね。アメリカの象徴は鷲でしたっけ?鷹ですか?

世界地図や世界史を理解していない陰謀論者が多すぎてわらってしまいます笑

私は今 紀元前4000年あたりのアーリア人を絞って調べている真っ最中でして、アシュケナズらの祖先達です。アーリア=選ばれし民の意
イランとは、アーリア人が住む国を意味します。
インド・ヨーロッパ語族の根幹がアーリア人なので、しこたま読み漁っている次第。
ちきゅう
2019年03月21日 00:12
ダニエル書の預言は黙示録と対応するようになってます。

また,わたしは別の野獣が地から上って行くのを見た。それには子羊のような二本の角があった。それは龍のように話しはじめた。啓示13:11

二つの角がイギリスとアメリカです。子羊のようなに見えるとは、キリスト教を信奉していて見た目は善良さを装っているという事ですね。ただし実態は龍つまりサタンの計画を語る国です。
ちきゅう
2019年03月21日 00:45
そして,第一の野獣(13:1の野獣)のすべての権威をその前で行使する。また,地とそこに住む者たちに,致命的な打ち傷のいえた第一の野獣を崇拝させる。 また,大いなるしるしを行なって,人類の前で火を天から地に下らせることさえする。
そして,野獣の前で行なうことを許されたしるしによって地に住む者たちを惑わし,一方では,剣の一撃を受けながら生き返った野獣のために像を作るようにと地に住む者たちに言う。 またそれには,野獣の像に息を与えることが許された。それによって野獣の像は話すようになり,また,野獣の像をどうしても崇拝しない者たちをみな殺させるようにするのである。啓示13:12-15

アメリカとイギリスは、啓示13章のはじめに出てくる第一の野獣(10本の角と七つの頭を持ち冒涜的な名を持つ野獣)の権威を高めるために効果的に行動します。
ダニエル書では、10本の角はローマ帝国から派生した欧州諸国を表しました。それらは近代ではアジア、アフリカ、新大陸に植民地も持ちました。
七つの帝国の預言もダニエル書にあります。古代のイスラエルを圧迫した、エジプト、アッシリア、バビロニア、ペルシア、ギリシャ、ローマです。
それらを全てひっくるめたと表現される野獣は、紛れもなく国際連盟と国際連合です。
冒涜的な名とは神に頼らずして世界政府を樹立出来るとする奢りです。
上の聖句では大戦後に一旦瀕死の状態になった野獣が再び蘇る様も描写されています。
そして、脱退した日本のように屈服しない国へは、天から火をくだらせる、つまり核爆弾さえ使用すると述べられています。
ちきゅう
2019年03月21日 00:59
世界連邦日本国会委員会名簿http://wfmjapan.org/008/member20170120.pdf
●世界連邦とは、地球を守る方法です
わたしたち世界連邦運動は、国際連合の改革と強化を通して世界連邦を実現し、世界各国が世界連邦政府の下で法的かつ効率的に、ひとつの秩序のもとで平和と人権を守ってゆける世界を築こうとする運動です。

現在、日本は与野党対立しているようにみせても、オール与野党で国連の改革運動推進派です。

偽装対立で国民を上手く欺いて目的を遂行中です。
ちきゅう
2019年03月21日 01:08
13章の残りの部分は、彼らのさらなる最終計画です。

またそれは,すべての人,すなわち,小なる者と大なる者,富んだ者と貧しい者,自由な者と奴隷を強制して,その右手や額に印を受けさせ,また,その印,つまり野獣の名もしくはその名の数字を持つ者以外にはだれも売り買いできないようにする。 ここが知恵の関係してくるところである。そう明な者は野獣の数字を計算しなさい。それは人間の数字なのである。そして,その数字は六百六十六である。啓示13:16-18

全ての人への額の刻印とは顔認証システムでしょうか。手に印をつけるとはマイクロチップや、電子決済化でしょうか。
中国ではもうかなり実践されてますね。
最終的には全ての人の経済活動を全管理下におくと言う事です。
インターネットバイキング
2019年03月21日 07:18
ちきゅうさん

獣やら野獣に関する見方は、凡そエホバの証人の見解であっているという事ですね。さすれば4番目のローマ獣と緋色の野獣の両10本角は、特定の国家ではなく「十」という聖書的な総和と考えられるのですね。

国際連合ですが、世界連合か世界連邦に名を変えてくると思います。なぜなら西部さんから学んだのですが、「国」とはナショナルなものを表すので、グローバルで平定するなら「世界」のほうが必然なんです。
ちきゅう
2019年03月21日 11:19
インターネットバイキングさん。

そうですね。ww1&2の時代に関しては、やはり投獄された証人たちの解釈は間違ってないと思います。
ちなみにハルマゲドンと千年統治期間の審判に関しては、カトリックとプロテスタントの主張にも正しい部分があると考えてます。

なるほど、国際連合が世界連邦になるのはあり得ますね。ダニエル書の預言の金の頭の像は、最期の時代を示す足の部分が鉄と粘土になっていますから?
モンティパイソン
2019年03月21日 11:44
⬆⬆
お二方ともに素晴らしい!
ちきゅうさんとバイキングさんのコンビネーションは最強ですね!最高です。
インターネットバイキング
2019年03月21日 12:20
もしかして、逆張りのひとつの見解に過ぎませんが、鉄という強固な政治システムに粘土が混じるとは、鉄がもろくなるというのではなく、鉄という圧倒的統治体系にあらゆる弱小国家をもが吸収併合されるとの意味があるのかもですね。

いや、違うかな(笑)
ちきゅう
2019年03月21日 12:25
20世紀前半のエホバの証人は宣教団体とは別にかなり熱心な研究グループだったと思います。米国やドイツで危険視されたのは、政治的中立な強みもあり、政治支配者たちの体制も計画を暴かれるのを警戒していたのでしょう。
エルブ
2019年03月21日 12:29
八咫烏さん

遅くなりましたが、こちらこそ失礼致しました。
私も氏との件で過敏になっていた様です。

貴方の謙遜さを尊敬致します。

そして、前へ進みたい八咫烏さんに嫌な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。




バイキングさん

遅くなりましたが、大っ変恐縮ですm(__)m

例えばニーチェは真相に到達出来ない様に、敢えて迷宮に迷い込ませる様な構造となっている様に感じられましたので、危険視したのです。
が、バイキングさんのお話からすると、哲学の全てが危険な要素しかない、という訳ではないと思えました。
私にとっては神よりは優先順位が低くはなりますが、危険なものと有益なものとを選り分けて読めば、哲学からも益は得られるかも知れないとも思いました。

とんでもありません。私の方こそ皆様から学ばせて頂きます。

また、あの件で八咫烏さん、ジャコモさん、バイキングさん、マチさんが聖句を引用されましたが、それぞれの引用される聖句の傾向の違いは興味深いです。

他の方の聖書解釈が聞けたのも良かったので、皆様の解釈ももっとお聞きしたいのと、聖書を読まれない方の客観的なお考えもお聞きしたいと思いました。
こちらの皆様で、それぞれの着眼点の違いを用いてハザマや細部に至る考察をしていけば、更に剥き出しになるかも知れません。
エルブ
2019年03月21日 12:48
a.さん

まだまだお忙しい様ですね(>_<)

避難先の掲示板では更に脱力してしまい、脱力を通り超して虚無感に襲われました…(-_-;)ですが、氏からは反面教師として勉強させて頂きました。



ソフィさん

私も貴女との会話で腹筋崩壊するほど笑わせて頂きました。
貴女とは笑いのツボが近いのかな?などと思ったのですが、ねこまんまさんの仰る様に、私も貴女の一本気なところに惹かれた様です(^▽^)



ねこまんまさん

お孫さんのご誕生が間近なのですね!



私は皆様から学ばせて頂く事が多いと思いますが、またどうぞ宜しくお願い致します
モンティパイソン
2019年03月21日 12:51
エルブ様 初めまして
ロム専のモンティと申します

謹慎開けたのですか?
おめでとうございます。

自分は阿呆なんで、これからは 長文じゃなく 短文にてお願いできたら助かります!
インターネットバイキング
2019年03月21日 13:21
エルブさん

またコメントくださり嬉しいです。

ちきゅうさんの仰るように20世紀前半の聖書研究者は神がかり、もとい神からの導きがあったでしょうね。しかしザックリとですが、ビートルズ以降から現在までは、クリスチャン会衆とて、仕掛けられた文化レベルの解毒には成功していないでしょう。

ですから共産主義や、とりわけ資本主義という目まぐるしいまでのイノベーションを、政治・経済・宗教・映画・音楽・絵画・文学など、あらゆる角度から分析され、しかもハザマや細部に至るまでに剥き出しに露呈された、その哲学者からの見地も必要なんですね。

しかし第一はエルブさんの仰られたように聖書です。その正しい聖書観を似非聖書世界が呑み込もうとしているのですから、ここからは凡庸クリスチャンのレベルではなく、エルブさんのような「ハザマや細部に至るまでの、対象物を剥き出しに露呈」させるような能力が求められています。

これからも、よろしくお願いします(^^)
エルブ
2019年03月21日 14:46
モンティパイソンさん

初めまして。
まずは例の件以降、謹慎中で挨拶が出来なかった方々に挨拶させて頂きました。

私もそうそう長文は書けません(^_^;)
あの時は読みづらい文になってしまい、申し訳ありませんでした。

また貴方様の、バイキングさんやちきゅうさんとのやりとりに感嘆させて頂きました(^^)

私も紅茶好きですよ(^_^)
エルブ
2019年03月21日 14:47
バイキングさん

温かく迎え入れて頂き、有り難うございます。

JWは始めの頃は国際聖書研究の組織で、あの研究がなければ聖書の解釈はかなり難しかったでしょうね。
実際に私もJWやこちらのブログ知る前に、新約しか掲載されていない聖書しか所有していなかった当時の私が
何とか読み解こうとして諦めたという経緯があります(^_^;)

賀茂神道にもマリアの処女懐胎と似た神話が言い伝えられているのですが、一般の聖書を読んだ事のある人がその説明を聞いても、聖書との共通点に気付かないみたいです。
他にも様々な宗教や風習に引っ掛かるものが盛り込まれていても、何故そうなったのか、どこから来ているのかを自分で調べる人はやはり殆どいないみたいですね。

しかしこちらのブログはそれを見事に『似非聖書世界』と表現して下さいました!

もう少し前にこちらのブログに辿り着いていれば、とも思いましたが、自分で色々調べたのもまた楽しかったです(^_^)

また、私も宗教組織に所属するのは合わないみたいですので、正に『一人キリスト教』ですし、『純粋聖書信仰』が重要だと痛感します!

第一回目のオフ会は今年のタングステンウィーク辺りに開催との事で、私は恐らく参加が難しいですが、いずれ機会がありました時には参加させて頂きたいです。
ちきゅう
2019年03月21日 16:46
インターネットバイキングさん。

>しかしザックリとですが、ビートルズ以降から現在までは、クリスチャン会衆とて、仕掛けられた文化レベルの解毒には成功していないでしょう。

なぜかある種の健康食品が流行ったり、聴くもの読むものはこれが好まれる的な同調圧力鍋はありますよね。あとは霊的な数値主義成果主義の導入。ブラック企業ではないのですがね笑
まあ世俗の風潮に知らず識らずに毒されていったと見ることは出来るかもしれません。
そういう知見の脱退証人ブロガーなどは、星の数ほどいるかと思います。

しかし、それもありますが、自分が指摘しようとするのはもっと残酷な事実です。話すと背教者レベルどころか、たぶん組織にアンチクリストの烙印押されるんだろうな笑

まあ気が向いて時が来たら話しましょう。
モンティパイソン
2019年03月21日 19:22
独り言
日本人が持つ『震災DNA』は、緊急時には『右ならえ』で良い結果を生むのですが、こと平穏時になると、やれ健康器具やら健康食品にも『右ならえ現象』が出てしまいますね。ほぼ70年代から始まりました。ぶら下がり健康器や紅茶キノコに始まり、現在の糖質制限食に至ってます。ザビエル時代の日本人は 決して『右ならえ』はしなかったんですがねー。
ザビエルが国王に親書を送った内容は『日本人は識字率が高いので質問攻めにあい困っている。既に死んだ親も天国に行けないならオラいかね、とのたまう』などなど 決して『右ならえ』な性質ではなかったんですよ。
今の日本人は、日露戦争に勝ってから 資質が変わってしまったのでしょうか?
インターネットバイキング
2019年03月21日 19:54
エルブさん

似非聖書世界を純粋聖書信仰によって解毒して参りましょう。

そうですね、第二回、三回と続くように思いますので、その時はよろしくお願いしますね。
インターネットバイキング
2019年03月21日 20:05
ちきゅうさん

>脱退証人ブロガーなどは、星の数ほどいるかと思います。

そうですね、度合いは違えど排斥された側だけが悪いとは限りませんからね。皆どこかでガス抜きしたいのでしょう。


私はもう30年以上前にエホバの証人から聖書を学びましたけど、その頃から彼らは明日にでもハルマゲドンが来てもおかしくないと、こう話していましたが、現在でも同じことを述べているのでしょう。

ベルリンの壁崩壊やらソ連解体と、これが「平和だ安全」だと思いたくなる気持ちは分かりますが、日々の世界情勢やらあらゆる宗教の動きや陰謀論的革命だとか、タブレットの導入にすら疑問を抱きにくいなど、もう私は彼らから学ぶことは余りないのかも知れないと思いましたね。

その、お会いした時にでも、コアな話をお願いしますね(+o+)
インターネットバイキング
2019年03月21日 20:14
モンティさん

その西部さんが危惧しておられたのは、連綿と続いてきた保守思想の寸断なんですね。ビートルズや拝金主義や村上春樹もそうですが、それにダーウィンの進化論と、人権思想で人間礼賛を繰り返した帰結が、この甘やかしなんだと思います。

健康ブームで思い出したのですが、西部さんも、うんちが「スッキリ・どっさり」出るテレビショッピングの女どもを見て、打首獄門!と、冗談交じりで話されてました。

この記事へのトラックバック