押しても駄目なら、引いて見る。

まず始めに無断で長期ブログを放置してしまい、皆様に多大の御心配と御迷惑をお掛け致しました事を、心より深く御詫び申し上げます。


その主な理由なのですが、私は怠惰で不精なものですから、1回記事をサボったところそれが癖になり今に至りました。ひと月たってコメント欄を覗いて見たのですが恐くなり、以来今日まで放置してしまい、臆病な私を御許しください。直接連絡してくださった方々にも、返信できずにごめんなさい。

その昔エホバの証人として献身する前に、クリスチャンとして十分な資格があるのかと事前に討議の前の質疑があり、私にはその応答に答える準備が大変で、息抜きに初代ゾンビ映画を見た事を思い出します。そもそもホラー映画で息抜きする事が、クリスチャンとして相応しくないと思う方も居られるでしょうが、私にはその淡々と人肉を頬張る無機質なゾンビが痛快でなりませんでした。それは本能的にかも知れませんが、一部の表面だけで兄弟・姉妹と呼び合うクリスチャン達の反動から来るストレスだったのかも知れません。

さて決してデジャヴュではないのですが、息抜きという点では、今回も同様にウォーキングデッドに夢中になっていました。もちろん作り手の仕掛けは十分に理解していますが、敢ていうなら、シーズン8の最終回で主人公のリックが全てを許すという、まあ驚きでした。いつになっても成長しない私にとっては、この世の支配者という敵陣営から教えられた感じです。ですから、私に好意的なコメントはもちろんの事、そうではないコメントをしてくださった方にも感謝したいと思います。裁きは私ではなく、神やキリストのものですから、私は2026年だと予測していますが、時が満ちるまでに最善の選択をして頂けたらと願います。私を中傷するのは構いませんが、神を精霊を冒涜してはなりません。


私は自身の生い立ちを強く感じます。大げさに申せば、幼少時分には温い戦場にいたとでもいうのでしょうか。いつも裏読みをしなければならない状態であり、それを怠れば死の危険というか、実際に家族のひとりが・・・ これ以上はいえませんが、母がそれ以上の愛を注いでくれたし、第二の母や父も本当に私を可愛がってくれたので、私は神の愛を知るに至りました。そのどうしようもなく怒りの強い一家族にも今は感謝しています。つまり、私が裏読みをした動機は生きるためでした。その恐怖がなければ裏読みをする必要が無かったので、逆説的ですが感謝しているという事です。

もちろんそのような特殊な環境がなければ、平凡な家庭で育っていれば、100%といって差し支えないほど、私は平凡で無能だった事でしょう。となると消去法でいえば私は有能だと宣言してるも同然ですが、自意識過剰も直さねばなりません。何と申しますか環境が人間の成長を大きく差配するのですから、知育は大事であるといいたかったし、逆に申せば、私のような奇遇な環境であれば、かなりの確率で多くの皆が同等かそれ以上の洞察力を身に付けた事でしょう。だから自分を無に帰せたいと、できればアダムの原型である土に過ぎないと戒めたいのです。


さて、私が逃げ出したのは怠惰であり、断じて自身の予測の的中率に臆病になったのではありません。それどころか提示した予測の的中度合いの精度が増しているようで恐くなってきました。お茶処さんを始め、私のブログに集って頂いた皆様は陰謀論には飽き飽きしていると同時に、あらゆるクリスチャン組織にも限界を感じている事でしょう。

もうご存知のように陰謀論とは、「押し」でしかないのです。確かに無関心や陰謀論に否定的な人達もいるでしょう。しかし、こう・こう、こうだからと、どうして自身が陰謀論に対して否定的なのかと理由付きで警鐘を鳴らしているのは私達だけでしょう。そう、この地球上で陰謀論を、「引き」という客観的に眺めているのは恐らく我々だけなのです。

今年夏の衆参両選挙はあるのでしょうか。その前には、北方領土返還の話し合いや、習 近平の初来日もありそうではありませんか。米中貿易戦争とありますが、中国を建国したのはソ連でしょう。なぜ満州などの引き上げ時にはソ連兵が脅威となったのかといえば、中国全土から不穏分子を追い出し、中国を共産化させたかった、そう主にソ連が中国共産党を建国させた。では当のソ連とは1917年のロシア革命によって指導者の入替えがあり、 トロツキー・レーニン、後のスターリンがR・コシミズ大先生(笑)の仰るように白人系ユダヤ人であれば・・・

また、西部 邁さんが仰られたように、ソ連は全体主義の左翼国家であり、アメリカは個人主義で左翼国家を築き上げたと、それは両国のディープ・ステートが共に白人系ユダヤ人である事から明白でしょう。

なので、日中露が連合してアメリカと戦ったとしても勝敗は決まっている、私よりも更に臆病なサタンは、大国間の全ての戦争についても、全て出来レースで演じる計画なのです。

戦後すぐに日本は英米の圧力で鯨捕を禁止されたのですが、今年からだったか日本は民間レベルでまた捕鯨をするようですね。因みに中露も捕鯨国なのです。

私は、時間の関係もありまして、もう陰謀論ブログなど半年以上読んでないと思うし、自身の記事にしてもあまり調べずに記憶だけで書いています。なので間違う事が増えると思いますが、おかしいと思う事があれば御指摘頂けたらと思います。



これはどうしても11月に書きたかった記事ですが、明日、いやもう今日ですが、次回の記事は、「逆イールド」です。皆様真に勝手ながら、これからもよろしく御願い致します。

この記事へのコメント

失茶入圡
2019年01月04日 08:19
俺リック嫌い。あとキャロルも。
基本嫌いなやつが生き残る。
シーズン7でグレンとエイブラハムが処刑された時は死ぬほど恐怖したけど
やぁっっっとグレンが死んでくれて、ガッツポーズ。ほっとした。
グレンは一番嫌い。急にマッチョなキャラになりやがったし。
こたつでみかんを食べて見てる側は、提督とかニーガンに魅力を感じる。
ダリルは野良犬っぽくて好き。
ユリ
2019年01月04日 09:05
バイキング様 おかえりなさいませ。
本当に嬉しいです。
ハートランド
2019年01月04日 09:10
バイキングさん、お帰りなさい。

毎日、拝見させて頂いていました。
ずっと心配していましたが安心しました。

主は生きておられますね。
K.Y.
2019年01月04日 12:30
バイキングさん、どうもこんにちは。
元気そうで何よりです。サボりとか休息は大事ですよ。
依存されすぎると苦しくなると思いますが、もっと気楽にブログと向き合えばいいのではないでしょうか。
では。
ルック
2019年01月04日 21:27
バイキングさん、はじめまして。
rapt氏に影響され、聖書を読み始めたのですが、次第に彼に違和感を感じ、ここに辿り着きました。
もう残り時間が少なそうですが、今からでも本物のクリスチャンになれるよう精進します。
去年まではしていた神社仏閣への参拝、偶像崇拝などもうしません。
しかし、今の日本で主の教えを説いてもなかなか理解されそうに無いですね・・・。
親兄弟ですら説得できず、脱力感を覚える毎日です。
もう伝統、習慣になっているのが根が深いです。
原始キリスト教、古代イスラエル人の末裔でもあるかもしれない我ら日本人が気付かないうちにうまく洗脳されたものです。

インターネットバイキング
2019年01月04日 23:21
こんばんは。

皆様の温かいコメントに感謝いたします。はじめてコメントくださったルックさんもありがとうございます。

K.Y.さんのお言葉に甘えて、いきなりですが次の記事が少し遅れそうです。すみません。
ルック
2019年01月04日 23:51
お返事ありがとうございます。
大した情報じゃないかもしれませんが、私の知る情報を提供します。
去年から皇族の方が大量の金塊を売却していました。
これはネットで調べても出てこないかもしれませんが、事実です。
私も一緒に儲けないとか誘われました。
また、米軍や東南アジアの某国軍(タイかどっかだったような?すいません、忘れました)からも金の売買をしないかという話がありました。
これらは完全に繋がっているような気がします。
時期が同じですからね。
a.
2019年01月05日 00:06
皆様はじめまして。
 
バイキングさん、お疲れ様です。
気力を保つのが辛い時は、十分に休んで下さい。
お茶処さんを始め、八咫烏さん、ハートランドさん、ユリさん、ハトムギさん、K.Y.さん、ねこまんまさん、あまねさん、健康男児さん、左十さん、ジャコモさん、ルーさん、ジプシーさん、testaさん、その他多数の、バイキングさんのブログを大切に思う人達が、お留守を守って下さる。
このブログの存続を、一時は危惧しましたが、支えておられる方々のコメントを見て、安心出来ました。
 
改めまして、バイキングさん、ブログの再開ありがとうございます。
ミカエル・メンデス
2019年01月05日 14:54
「逆イールド」、楽しみにしてるよ! 俺的には、逆イールドについては、まったく心配していない。大発会は、下がるの予想は当たったけど。nyの飛んでも上げは、参ったね。週明けはどうしてよいか思案中。定石からは、売りから入るのが無難だが、そうも言ってられない銘柄がある。こまったものだ。今年は、凄いことになる。良くも悪くも。
 やっぱり!?。生きてたか。元気があれば、なんでもできるby猪木。おれは元気ないけど。
ねこまんま
2019年01月05日 16:28
バイキングさん
良かったです。ありがとうの気持ちでいっぱいです。
ハトムギ
2019年01月05日 20:12
本当にご無事で良かったです。嬉しいです!
インターネットバイキング
2019年01月07日 18:47
皆様こんばんは。

昨年9月からのコメント欄をまだ殆ど読めていない状態ですが、時間をかけてでも読ませて頂きます。皆様が本当に心配してくださったようで、改めて申し訳なかったと痛感しております。期待に恥じない記事を書いて行く所存でありますので、これからも宜しくお願い致します。
左十
2019年01月13日 17:55
インターネットバイキングさん。気にしないことです。この世は絶対、完璧のものはなく、極めて相対的な世の中なのですから、真面目だから気に病むのです。疲れたら休んで下さい。
インターネットバイキング
2019年01月14日 14:35
左十さん

仰る通りで、宗教だとか自己啓発だとかベジタリアンだとか理想を高く持つということは非常に危険な事でもあるのです。理想に到達できるのは一握りですから、到達できなかった時の落胆から他者を攻撃するのでしょう、これが現世での負の連鎖のひとつでもあります。悟りとはここを理解しているかしていないかなのでしょう。

また精神分裂とはよく聞く言葉ですが、なぜ精神が分裂するのかと構造レベルで解説しているのは、加藤 諦三さん以外に聞いたことがありません。
ルー
2019年01月16日 21:47
ああ よかった
おかえりなさい おかえりなさい
うれしい

この記事へのトラックバック