陰謀論とは見せ玉である。

ネットでの株式取引による見せ玉とは、例えば意図的に株価を吊り上げたい時に、現値よりも少し低いところに大量の買い注文を入れ、恰もこれから株価が上昇するであろうと思わせながら投資家達の買い意欲を煽り、彼らに高値を掴ませ、仕掛けた当人は売り逃げるという悪どい手法だといえるでしょう。

善と悪と、この二元論に収束されるのであれば、悪党たる悪魔陣営とは人間社会に対して、常に何某かのトラップを仕掛けてくるものです。しかし、そのトラップといえども、直接的か間接的かというやはり二元論であり、多くのバリエーションがあるのではありません。バリエーションが貧相であるからこそ風景という場面を変え、恰も多くのトラップが存在するかのように演じているだけなのです。千手観音といえども、指令塔なる頭脳を破壊されれば、その亡骸には実は二本腕だったのだと理解できるのでしょう。余談ですが、宮本 武蔵の二刀流に通じるものを感じてしまいます。

それはさて置き今年も9月11日が近づいてきたので、大笑いし発散できるかとの思いから久しぶりにR・コシミズの動画を見てみました。だいぶ9.11陰謀説が定着したせいか、それに対する解説は少しだけにとどまり、ワーテルローの戦いからロスチャイルド勢力が拡大し、そこから現在までのアシュケナジー・ユダヤの世界支配の構図を、これでもかと熱弁しており、やはり笑えると同時に呆れてしまいました。

動画の中でR・コシミズ自身が述べていますが、1815年のワーテルローの戦いにおいて、ネイサン・ロスチャイルドがイギリス債を大量に売りに出たと、それを見ていた投資家達がイギリスが負けると思い込み同じように売り、売りが売りを呼び紙切れ同然にまで下落したと、それをロスチャイルド一族が買占め、奇しくも次の日のフランス敗北とイギリス連合軍の勝利となり、ロスチャイルド一族は100万ポンドの利益を得て、一気に試算を2500倍にして行くという話です。つまりネイサン・ロスチャイルドの売りとは、「見せ玉」だったのです。損して得取れとあるように、ロスチャイルド一族はイングランド銀行をも買収していきました。

冒頭に悪魔の手口はそれほど多くないと述べましたが、陰謀論のその全てにおいて「見せ玉」という同じ手法が仕組まれていると、これに気付いた者はほぼ皆無だといえるでしょう。なぜ太平洋戦争において、天皇家は温存されたのでしょうか、根絶やしにする事だって出来たのです。それにはもう一段先のステップがあり、つまり二大ユダヤの最終戦争に至る準備期間に他ならなかったのです。

アシュケナジー陣営に課されたノルマとは、スファラディーとの最終決戦だったのです。だからこそ、この日本においては特に、アシュケナジーに対する暴露が陰謀論者達によって加速されているではありませんか。これだけ陰謀論が拡大している現在において、この構図を理解している者は皆無に等しいのです。嘘だと思われるなら聖書預言を考えてみる事でしょう、それは南の王と北の王という最終決戦が控えられている事からも明白だといえるのです。


リチャード・コシミズ独立党沖縄講演会2018年9月8日ツイキャス配信録画 1/2
https://www.youtube.com/watch?v=vGNkkQzskEA

この記事へのコメント

ハートランド
2018年09月18日 10:41
バイキングさん、新スレ有り難うごさいます。

アシュケナジーの陰謀暴露が見せ玉なら
決め玉は南の王と北の王の最終決戦という
ことなのですね。

野球の投手もどれだけ打者のきょをつき
センセーショナルな球を投げられるかで
次のフォークなりスライダーで見事に空振りをとれる、決め球を決める確率が上がりますから、そういう意味ではRAPTもコシミズも最高の見せ球ですね。

イチローみたいに見せ球に釣られない洞察力をもった打者は針の穴しかいないから
これだけ派手な興味をひく陰謀論が流布するなか目眩ましに合わないバイキングさんの洞察力はやっぱりただ者ではないですね。流石デス。

人はどうして生まれてきてなぜ死んでいくのか。その意味は?なぜ世の中はこんなに理不尽なのか正義とは?こういう疑問にぶつかると宗教やみえない存在や陰謀論にも
ぶち当たると思いますが、

何も感じていないという人達は打席にも立っていないデス。
依って決め球どころか見せ球すら見えていませんね。


お茶処
2018年09月18日 17:52

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

先ずは添削。

>陰謀論とは見せ玉である。

あせあせ(飛び散る汗)玉でも間違いでは有りマセンが、野球を引き合いに出すならばここは「見せ球」のがしっくり来るかと。

次に

>それはさて置き今年も9月11日が近づいてきたので、

あせあせ(飛び散る汗)この記事書いてた時は9月11日以前だったのでしょうが、アップしたのは17日デスから「9月11日を迎えたので」みたく書き換えるべきでしょう。


以上デス。


お茶処
2018年09月18日 18:24

陰謀論。

論者の述べるアチラ側が仕出かしている行為の大半は事実デスが問題は「仕出かしている行為の目的」が明確に語られず、ただ「国際金融家勢力を弱体化させれば我々の勝利だからその手下である安倍政権を潰せ!」みたく一々「アジテーション(煽動)」する言動が見受けられマス。

当ブログ的に解釈すればアチラ側は言わば大衆に「人間革命」、即ちフランス革命の本番を起こして貰いたい。その為に「敢えて」政治家・金融家・スポーツ界・芸能界・宗教界等のあらゆるカテゴリーのイデオロギーを木っ端微塵にしようとしているでは有りマセンか。

ジャニーズのSMAP問題然りアマチュアスポーツ界のパワハラ問題然り…

こうやって大衆の心の拠り所を蝕みいつしか自由な思想が出来ナイよう洗脳されマス。

結局それは「人間至上主義」という神をないがしろにした大衆に対する「報い」なワケデスが。


お茶処
2018年09月18日 23:52

そう言えば、KIDが逝きマシタねw

総合格闘家 山本 “KID” 徳郁さん がんで死去

http://k.nhk.jp/knews/20180918/k10011634381000.html

あせあせ(飛び散る汗)コイツもアマレス一家に生まれついたコンプレックスから身の丈に合わナイ過剰トレーニングを繰り返しその為に彼の肉体は蝕まれて行ったのでしょう。

こういうコンプレックスを刺激してスーパースターを生み出し使い捨てにするやり方、アチラ側はよく行いマス。

例えば「ビートルズ」。彼らはいずれも貧しい労働者階級の生まれデス。

故に彼らは選ばれたワケで、後にアチラ側の目的に気付いて仕舞ったジョン・レノンをヨーコ・オノで籠絡、「ラブ&ピース」という幻想で警戒心を麻痺させて暗殺の手引きをした、と。

あとブルース・リー。

彼も中国国民党支持者の系統という事で中国では肩身の狭い存在だったでしょう。しかし留学で渡ったアメリカで哲学と出会いかねてより磨いていた詠春拳との親和性を見出だし両者の、いやもっと大きな拡がりであるジークンドーというアチラ側の障害になり得る思想を完成させた故にリンダを送り込まれ籠絡された…そして不可解な死…あまつさえ息子のブランドンも同様に不可解な死を…

斯様にアチラ側に魂を売って名声を得るという行為は非常に重いリスクを伴いマス。一度踏み入れたら最期、絶対裏切る事は不可能デス。用が無くなりゃ消されるダケデス。コレはもちろん現在巷に溢れる「陰謀論者」も同様デス。アチラ側に唆された連中は迂闊に裏切れば先人の二の舞になる事をよく言い聞かされているでしょう。

故にバイキングさんのような「真に善意から大衆をアチラ側の究極の目的から解放したい」方の説得に絶対応じる事は有りマセンし寧ろ敵意を向けて来マス。

命が惜しいデスからねぇw
通りすがり
2018年12月19日 16:20
リチャードコシミズが絶対に触れないオウム真理教の幹部
(コシミズ理論に邪魔なオウム真理教の幹部)
コシミズ理論:オウム真理教=創価学会+統一教会+北朝鮮

★遠藤誠一(ホーリーネーム:ジーヴァカ)
 オウム真理教の最高幹部(教団での役職は第一厚生省大臣)、
 世界救世教の元信者、
 松本サリン事件において実行犯

★新実智光(ホーリーネーム:ミラレパ)
 オウム真理教の幹部(教団での役職は自治省大臣)、
 崇教真光の元信者、
 坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件の実行犯

コシミズ、世界救世教と崇教真光は、どこへ行った ?!

注1
オウム真理教は、崇教真光の信者の嶋田康子の協力で、核兵器の
原料となるウランが豊富に埋没されているオーストラリアの西部の
バンジャワン・ステーションという牧羊地域を購入している

注2
世界救世教と生長の家と創価学会とフィリピンの独裁者マルコスで、
山下財宝をネコババしている。

注3(おまけ)
オウム真理教の開祖の麻原彰晃、オウム真理教の幹部の井上嘉浩、
林郁夫、高橋克也、岡崎一明たちは、阿含宗の元信者

コシミズ、世界救世教と崇教真光と阿含宗は、どこへ行った ?!

この記事へのトラックバック