二転三転する米朝会談

トランプ米大統領による米朝会談キャンセルか、というニュースが流れてから、私の思考は若干フリーズしてしまい、自身のシナリオを修正するか、思い切って断筆してしまおうとも考えていました。そうしたら急遽なのか、今年二度目となる南北朝鮮による首脳会談がさっそうと執り行われ、その後すぐに、再び米朝会談が行われるという雰囲気となってきました。よって私の思考も解凍させねばなりません(笑)。

まあテレビなんかでも報じられていますように、直前に金正恩は中国に非公式に訪問し、習近平国家主席とも会談していますから、金正恩は二股をかけていて、それがトランプは気に入らないと、はっきり言いますと中国やイランと決別するのなら6月12日の米朝会談を予定通り行いましょうと、このような駆け引きが、いや、さも駆け引きがあったかのように演技したと、私は推測しています。

金正恩は、リビア方式の二の舞を恐れているかのような報道がありますが、これは的外れだといえましょう。つまりカダフィーとはスンニ派で比較的穏健派とみられるので打倒しておく必要があったのです。よく陰謀論者がいうように、アフリカ共通通貨などを構想したからカダフィーが打倒されたというのは、言葉が足りない中途半端な考察だといえましょう。

リビアの大半がスンニ派なので、現政権がどのようなものかわかりませんが、調べてみますと、カダフィー後のリビアとは急速に親米よりとなり、元首にしても、国連の支持を受けているファイズ・サラージとなっています。しかしシリアとは国交を断絶しているとのことです。

もっと分かりやすい例でイラクのフセインを考えてみましょう。社会主義に近かったサダム・フセインのバース党とはスンニ派でした。しかし、大量破壊兵器などと有らぬ嫌疑をかけられたフセインはアメリカにより打倒され、その後の政権とはシーア派と変わっているではありませんか。

つまりシーア派とはイスラム原理主義ですから、カダフィーにしてもフセインにしてもぶっ壊し、その後のアラブの春でわかるように打倒カダフィー・フセインとは、イスラム原理主義を拡散させるための布石だったのでしょう。そのイスラム原理主義を、ヨーロッパのカトリックに、ようはイスラム原理主義というイデオロギーを、国家の連合体というレベルでの自爆テロをカトリックに仕掛ける算段があるはずです。

先程の、リビアがシリアとの国交を断絶というのが気になりますが、打倒カダフィーを掲げるリビア国民評議会のバックがNATOだった訳でして、更にフセインを打倒したのは米軍ですから、両国の新政権が表向きに西側寄りになるのは自然の流れだといえるでしょう。しかしカダフィーとフセインという、比較的穏健派を打倒しイスラム原理主義を高めようとしているのなら、何かの拍子にタガが外れれば、一気に西側へ牙を向けるという構図が仕組まれているのでしょう。

リビア方式の二の舞をもう一度考えて見ますと、核廃絶に意を表したがカダフィーは殺されたと。しかし、それは核の廃絶や拡散の如何に問わず穏健派の元首は殺され、イスラム原理主義を拡散させるとの試算があったのであれば、このリビア方式を北朝鮮に適用させるのは、御門違いも甚だしいとみるべきでしょう。

二股をかける北朝鮮という役者が、中国(恐らくロシアも)・イランと決別し、アメリカと歩調を合わせると確約したからこそ、トランプは再び米朝会談の息を吹き返させたのだと、私の推測はこうです。

と考えれば、アメリカによる北朝鮮への核廃絶とは表向きなものであって、本音は核を温存させておきたいのではないでしょうか。つまりキューバ危機と同じ配置で、露中の喉元にナイフを突きつけるフォーメーションが構築される訳です。しかし私は、そのナイフは日本へ向けられると想定しています。


国内総生産(GDP)に至っては、国際通貨基金(IMF)は、「購買力平価」に基づいて計算すると、中国のGDPは2016年にアメリカを超えたることになると予測している。本誌の予想では、仮に今後十年にわたって中国の実質GDPの年平均成長率が7.75%、アメリカが2.5%、両国のインフレ率がそれぞれ4%と1.5%、同時に人民元のドル為替レートが年平均3%上昇するとなれば、2018年には中国のGDPはアメリカを抜くことになる。

英『エコノミスト』―中国GDP規模が2018年に米国を抜く
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2014-08/25/content_33333954_2.htm


イギリスからアメリカへ覇権が移されて以来、中国経済がそれを脅かしつつあるようです。本日の放送大学では、このように覇権国が脅かされてきた歴史は16回ほどあり、その内の14回が戦争に至っているという、高い相関関係を示していました。

この記事へのコメント

インターネットバイキング
2018年05月28日 00:00
北朝鮮を小型株、アメリカを主力株、いや北朝鮮を軽自動車、アメリカを大型トラックだと考えれば、軽自動車のほうが馬力はないですが小回りはききます。

北朝鮮がドタキャンする事はあっても、アメリカのような超大国のドタキャンとは前例がないでしょう。つまり大型トラックが軽自動車以上の小回りを見せるとは、相当な脅威なのです。

また、中国へは非公式に訪中とは、やはり北朝鮮はアメリカに従う流れとなるような気がしてなりません。

北朝鮮が核を温存すれば、アメリカは自身の手を汚さずに、核を打ち込む事も可能となるでしょう。
お茶処
2018年05月30日 23:30

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

仰る通り朝鮮半島は新大東亜共栄圏構想に対する楔とされるのでしょう。

現在日本とロシアの距離が急速に縮まりつつ有りマス。そしてロシアは北朝鮮の後ろ盾の一つデス。日本・ロシアの緊密度が増せば北朝鮮は表向き日本と対立している以上アメリカの庇護に収まろうという動きが出て然るべきデス。

まして現在朝鮮半島統一へのムーブメントが盛んになってマス。そして韓国にはアメリカの基地が存在してマスね。

なればこそ朝鮮半島は「アジアのキューバ」となる可能性がきわめて高いデスね。


お茶処
2018年05月30日 23:40

本日の日本代表戦。

腑甲斐無い内容デシタね。

特に前半の「本田のいるサイドに球と選手が集中する」様、ゴール前で最初に「香川にボールを集める」動きがあまりに露骨で「こりゃ試合にならんな」と見てマシタが案の定完敗デシタね。

スポンサーの意向が代表選抜の材料で本当に実力のある選手が見向きもされナイワケデスから少なくとも「サッカー日本代表」なる存在に期待するダケエネルギーの無駄でしょうな。

まー本田・香川を外したらちょっとは期待出来マスがw


お茶処
2018年06月01日 00:53

訃報デス。

「ミスター麻雀」小島武夫さん死去 ファンが思い出した「伝説の一局」とは
[18/5/31]

http://www.j-cast.com/m/2018/05/31330148.html

あせあせ(飛び散る汗)「麻雀」というギャンブルを大衆に敷衍した功労者もついにみまかりマシタか。まー年齢にメッセージがナイ辺り慌てて消された雰囲気デスがね。

続いて

「紀州のドン・ファン」急死に家宅捜査 著書で明かしていた「幸福になる自信」
[18/5/31]

http://www.j-cast.com/m/2018/05/31330163.html

あせあせ(飛び散る汗)はい、「77」歳。しかも「女にモテたいから」金持ちを目指したという、もう聖書的に論外なクズデスからアチラ側の都合で殺されても文句は言えマセンわな。


お茶処
2018年06月01日 01:40

毎度お馴染みこんな記事

“殺害”されたはずのプーチン政権批判の記者 実は生きていた
http://k.nhk.jp/knews/20180531/k10011459151000.html

あせあせ(飛び散る汗)さて狙いはなんでしょ?ウクライナの信用度の低下狙い?

続いて

コマツ 安崎元社長が死去 「生前葬」が反響

http://k.nhk.jp/knews/20180531/k10011459691000.html

あせあせ(飛び散る汗)訃報にまとめるべきデシタが気付きマセンデシタ…まー享年が立ち位置を顕してマスが。

も一つ

聖猿が通行人を次々襲撃!裁判所は「神聖な動物の駆除まかりならん」
【モーニングショー】
[18/5/30]

http://www.j-cast.com/tv/m/2018/05/30329970.html

あせあせ(飛び散る汗)エテ公には躾が必要なのに妙に付け上がらせるからこういう事態を招くワケデスね。まー猿の性質を知っていて敢えて猿を「聖獣」と定めたのかもデスな。


お茶処
2018年06月02日 00:59

毎度お馴染みこんな記事

王貞治・球団会長の入籍に「びっくり!」 お相手「一般女性」はどんな人?
[18/6/ 1]

http://www.j-cast.com/m/2018/06/01330297.html

齢「78」歳の王貞治が「6」0歳の女性と再婚…しかも王さんは台湾系デスよね。

んで台湾はかつて中国国民党が落ち延びた場所で元々は北京以北の出身者が多いデス。また香港も同様に中国東北部出身者が多いデス。。

そして「王」姓。ピンと来た方もおられるでしょ~がかつて朝鮮半島に存在した「高麗」国の王族が「王」氏デシタ。大半は李氏朝鮮王朝成立からの王氏姓弾圧を逃れる為に改姓(こっそり王を混ぜ込みつつ)しマシタが一部中国大陸北部に避難した方々もいて王氏姓が残ったのでしょう。

で、彼らが「イギリス」の援助を受けて清を滅ぼし(辛亥革命起こした孫文も同系統だったのでしょう)満州族の残党である溥儀が皮肉にも「満州国皇帝」に抜擢された…


お茶処
2018年06月03日 11:17

NHKで先日放送された「日本のおなまえっ!」で「はぶ」「はにゅう」の由来が明かされてマシタ。

なにやら「羽」は「埴」、すなわち埴輪等の焼き物に必要な赤土で「生」はその産地だとか。


お茶処
2018年06月04日 01:15

ラプトの反証blogの主は地球平面協会信者みたいデスね(爆)
地球が球体でなかったら聖書の大洪水をどう説明するのか?まさか「お盆状の世界の縁に数千メートルの壁が取り囲んでいる」とか吐かす?

てかそもそも地球が球体でなければ何故「地球」と呼ぶ?新しい名前考えろ!まー相応しい名前はナイでしょ~がねw

あと、地球が球体である事を否定すると、「方位磁石が南北を指し示す事」の説明が付きマセンわなw地球平面論者はまさか南北に巨大な磁鉄鉱が埋まってると思うのか?

方位磁石が何故南北を指し示すか?それは地球が球体である前提ならば簡単に説明出来マス。

先ず地球が球体で自転している前提ならば地軸を中心に回転してマス。んで自転軸の中心である極地には「電磁石」同様「磁場」が発生しマス。

理屈はこうデス。

地球の「地殻」はだいたい24時間で回転してマスが地殻の内側のマントルはもっと速いか遅い。なので位相差によって(地殻は電磁石の「磁石」の役割、マントルはコイルの役割)「地磁気」が生み出されるワケデス。

こういう「物理的仕組み」を神が拵えたにもかかわらず「聖書に記述されていたから」?という理屈で地球が球体である事実をこばむ連中…やはりアチラ側の犬だったと。

神の視点(ワタクシ達人間の尺度で判断は出来マセン)を理解してナイと永遠に報われナイでしょ~なw


モブ
2018年06月04日 14:18
地球球体説と地動説という嘘と太陽神崇拝
https://ameblo.jp/leo085/entry-12308111095.html#cbox

Michael 2017-10-10 16:50:49
「地球が自転するとします。しかし、場所によって自転速度が変わる説明はあり得ません。何故、同じ地球が、場所によって自転速度を変え、赤道が最も速いと言い切れるのですか。」

・・・・・・はぁ?
インターネットバイキング
2018年06月04日 23:18
軸の傾きがゼロであるという条件で、ボールを回転させてみれば、北極や南極に相当する極地方とは、やはり若干なりとも時点速度が遅いのではないでしょうか。

赤道が一番スピードが速いと、ロケットや軍需産業とは、こういうのを念頭にしているのです。
インターネットバイキング
2018年06月05日 00:28
お茶処さん

今再放送見ています。

羽とは鳥ですし、ユーラシアの火の鳥ですから、赤土、なるほどですね。
K.Y.
2018年06月05日 22:10
バイキングさんの補足のようなところで。

角速度は一定で、速度は異なるというのが正しいです。

角速度:単位時間に動く角度
速度:接線方向の速度


例えば、ドーナツのような同心円の物を想定します。
1秒で何度回るか、というのは半径に関係なく同じだというのは、分かると思います。

ですが、接線方向の速度となると、内径と外径では、同じ角度でも移動量は違うというのは、算数を知らなくても分かるのではないでしょうか。
内径の周囲長と、外径の周囲長の違いですから。

すると、単位時間で動く角度は同じでも、半径が異なれば移動量が異なる事は明白で、同じ時間に多く移動した方が速いというのは、明らかな事です。

ドーナツで例えましたが、球体の場合は回転軸を真上から見れば、緯度の違いが半径の違いとなることはすぐに分かるでしょう。
回転軸に対しての事象なので、地軸の傾きはこの場合は関係ありません。

物理を知らなくても普通に想像で理解できる範疇だと思いますがどうでしょう。
お茶処
2018年06月05日 23:41

モブさん、バイキングさん、K.Y.さん。

レス恐れ入りマス。

そもそも地球が球体でなければ熱帯と極地の温度差の説明が付きマセンわなw

先述したように太陽のエネルギーは主に「マイクロ波」デスから地球が仮に平面ならば昼の地球は全土隈なく同じ量のエネルギーに晒されるワケデスから均一な気候になって然るべきデス。(まー大洪水以前の地球は実際そういう状態デシタが)なのに地球には熱帯と極地が存在する…

球体故に極地と赤道付近では単位面積当たりのマイクロ波の被曝量が違いマスから至極当たり前デスね。

あと、緯度による速度の違い。

単純にレコードに目印付けて中心近くと外縁部の速度差を較べれば一目瞭然でしょ~がねw

だいたいギア(歯車)を引き合いに出せば、小さい歯車は力を伝えるには有利デスが速度は遅い。一方大きな歯車は力を伝えるには不利デスが速度は速い。

単純に直径が大きい程速度は速いのは物理以前に道理デスわな。

やはりモブさんの貼ってくれたblogの主は大衆を間違った方向に導こうとしている輩という事デスな。

コレでメインアカデミズムから更に平面地球アングルが発信されたら笑いマスがねw


この記事へのトラックバック