精神を開放するはずの宗教が...

多くの宗教とは、人々の悩める精神を開放に導かねばなりません。しかし、実際にはそれとは逆の、人々の心を恐怖で縛ってきたのです。

例えば、真実なんて教祖にも分かるはずもないのですが、抽象的に霊の存在を強調し、先祖供養をしなければ幸せになれないとかいう、古典的なインチキ手口があるでしょう。

またオウムのように、いち早く陰謀論を取り入れ、ユダヤ・フリーメイソン・アメリカに打ち勝つには、麻原のように解脱せなばならないと解く、新手の手口もありました。

しかし、先祖供養するにしても、解脱するにしても、とにかく多額の費用がかかるとは、いかなる理由なのかと、本来世俗からは最も遠い存在であろう宗教が、最も俗っぽい金銭を要求するとは、それに気付かない信者にも責任はあるでしょう。

だから私は解放したいと思うのです。誰がどれだけ凄い功績を残そうとも、同じ人間であれば誰しもが、それを成し得る機会があるのだと。

しかし西部 邁さんも述べていましたが、チェスタートンは、「絵の本質は額縁にあり」と述べたそうです。つまり人間は、何らかの制限が与えられて初めて、表現することが可能になるとの事です。

つまり精神の開放は大事ですが、フランス革命のように、神を飛び越したような人間礼賛の精神開放はしてはなりません。個人の自由を追求した結果が、現在の我侭な大衆の群れとなったからです。



----------------------------------------------------------------------



さて、私からみれば、クリスチャン組織では、唯一精神の開放を行っているエホバの証人ですが、そうはいっても統治体などに対する疑問が、私の中で晴れません。その順不同ですが、私が思う少々の不満を書くことに致します。


古代の聖書筆者とくれば、偉大ゆえに到底かなわないと思ってしまいがちです。しかし、ノアが酔い潰れて全裸でいた事や、ダビデのバテシバとの姦淫や、不祥事にかんしてはワイドショー的に関心がいってしまうのではないでしょうか。

つまり、いっけん矛盾と思える事柄に対して、クリスチャン達はどう平衡を保ってよいのかわからないのでしょう。恐らく、そのような解説はクリスチャン組織としても、分かりやすい仕方で提示していないのだと思います。またクリスチャン個人としても、洞察力に乏しいという事でしょう。

いやそれは案外簡単で、ネフィリムが横暴をふるった時代に、義なる者はノアとその家族しかいなかったからです。つまり、ノアがいなければ人類は終っていた恐れがあるのですから、酔い潰れて全裸になる位は、その功績からして大して咎められる事ではないでしょう。それよりも、その後のハムの子孫を考えれば、いかに功績者に対する侮辱が大きな罪であったかがわかるでしょう。

恐らくダビデも同じように、2.9メートルはあったとされる巨人に、このゴリアテに立ち向かったのはダビデただ一人だったのでしょう。つまりダビデがいなければ、ノアの時代と同じように、イスラエル・ユダ国民は全滅していた恐れもあったのでしょう。ですから淫行と、ウリアを最前線に送ったという事実上の殺人という罪はありましたが、ダビデの悔い改め故に、ダビデの家系を存続させたのです。しかし、因果応報かのごとくにダビデの家系には、その後の不幸を招く結果となりました。

割礼にしても、クリスチャン組織は正しい見解を示してきたのでしょうか? 示してきたのであれば、なぜこれを理解するクリスチャンがほとんどいないのでしょうか。これだってキリストの死後に廃止されたと考えれば理解できるはずです。急所を衛生的に保つ事で、イスラエル人・ユダヤ人が一丸となって、何としてもキリストに至る系譜を守ろうとの表れに違いないでしょう。

私は、エールを送るつもりでエホバの証人にいいたい事があります。それは統治体を必要以上に絶対視してはいけないという事です。神やキリストは完全ですから疑う余地はありませんが、統治体にしても、我々と同じく不完全な人間の集まりだという事を銘記すべきでしょう。マルクスではありませんが、疑う事も相手に対する礼儀だと思うのです。

旧約聖書をみても、イスラエルやユダヤ国家でさえ、常に廃教ととなり合わせだったではありませんか。そう考えれば、統治体をそんなに手放しで信じてしまって大丈夫なのでしょうか。

この記事へのコメント

ハートランド
2018年05月07日 01:48
バイキングさん、新スレ有り難うごさいます。

仏教的に言えば″不浄″だからではないでしょうか。煩悩は108もあります。
相当な修行をしても果たして煩悩は全てなくなるのでしょうか。だいぶ昔のことで曖昧ですが密教の理趣教では欲を大欲に変えると書いてあったと記憶していますが
大いなる欲望とは大志を抱きなさいと言うことだと思いますが
自分にはそんなこと無理だなと……。
ある時、どんな映画か忘れましたが、
その映画のワンシーンで修行僧が山道で
若い女に出くわして、いきなり襲いかかりました。勝手な自己判断ですが煩悩を完全に打ち消すことなど出来ないと悟りました。修行僧には申し訳ないですが⤵

人間は不完全であり、完全なお方はキリストだけとの聖書の教えに救われました。
アーメン
ハートランド
2018年05月07日 06:24
>真実なんて教祖にもわかるはずもないのですが、抽象的に霊の存在を強調し、先祖供養をしなければ幸せになれないとかいう古典的なインチキ手口があるでしょう<

まさに自分が引っ掛かっていたのは霊の存在と先祖供養でした。お金は強要されなかったのですが私が通っていた教祖的な人は
様々な奇跡を行っていました。私も様々な
不思議な体験をしてきましたので、その当時は全く疑うどころか信奉していました。
RAPTのおかげで?聖書を読んでから
霊の存在や様々な奇跡は全て悪霊の仕業だと心に突きささってからは信用しなくなり
又不思議な体験もなくなっていきました。

バイキングさんの一人キリスト教ブログの
おかげでより堅く真の神様との繋がりを
実感できる様になり感謝しかありません。
ハートランド
2018年05月07日 06:51
連投失礼します。
5月6日のG1 NHKマイルカップ
5月6日に行われるだけに注目していましたが予想通りワンワールド満載の結果となりました。まさにここでもバイキングさんの予想通りに世の中が動いているのを実感しました。
枠連 5ー6
1着  11番ケイアイノーテック 藤岡祐介
この6枠11番の同枠の12番も藤岡騎手
調教師は藤原つまり
藤藤藤で藤=赤+青しかもワンワールドを示す11番ゼッケン
2着にギデオンって聖書に出てくる地名ですねw
同枠にアメリカーナってw
3着17番でレッドなんちゃらって馬名で
17=8しかもレッドの17番って大谷翔平? 
ワンワールド満載で笑うしかないデスねw
インターネットバイキング
2018年05月07日 21:42
ハートランドさん

密教の欲を大欲に変えるとは、神殿娼婦などと性行為をやりまくって無情を知るでしたか... ちょっと忘れました。

原罪から逃れるには、自殺はいけませんが、死ぬか、キリストの贖いに与るか、この二つ以外にないでしょう。その死なないで贖いに与るのが... 正確に与るのは千年統治後でしょうから、その前座的に与るのが2030年頃だと、そう思えてなりません。

不思議な体験とはどんなものでしたか? 差し支えなければ教えてください。

また競馬の考察は興味深いですね。
お茶処
2018年05月07日 22:38

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

そもそも「宗教」とは人間が人間の為に設えた紛い物でそこに「創造主への敬意」など微塵も籠められてマセンよね。

宗教というブツの発端はおそらく初めて明確に神に逆らったあの男「ニムロド」を神聖化する為に神エホバの事績をあたかもニムロドの手柄であるかのように虚飾したところから始まったのでしょう。

生憎バベルの塔の一件で言語が分断された為にその伝承は一部地域に留まりマシタが、各地に離散したバビロンの民が経済活動や戦争で離散集合を繰り返す内に姿形を変えながら伝承されていったのでしょう。

特に連中は占星術に異様に拘りマスよね。やはりバベルの塔を築いてまで天を目指したかった執念の名残でしょうかね?

そして原初キリスト教に寄生して本質を糊塗した史上最も罪深き宗教「ミトラ教」。

そのミトラ教の神の内に「クロノス」なる時間を司る神が居マスがその姿があまりに痛々しい。獅子頭人身の姿で大蛇に締め上げられている…

コレは正にサタンがアダムとイヴを唆し禁断の実を食べさせ「永遠」から切り離した事、つまり「時の概念」を齎した事を誇っているのでしょう。

こういう掘り下げを怠って脊髄反射的に「聖書はアチラ側のしたためた書物だから信用に値しない!」などとほざく輩の底の浅さにはほとほと呆れ返りマス。


お茶処
2018年05月07日 22:41

そうそう、バイキングさん。

開放と解放

開放は「開け放つ」

解放は「解き放つ」

同じ「かいほう」デスが意味合いは随分と違いマスので使い分けにご注意下サイませ。


お茶処
2018年05月07日 23:06

毎度お馴染みこんな記事

絵本作家 かこさとしさん死去

http://k.nhk.jp/knews/20180507/k10011429541000.html

あせあせ(飛び散る汗)この方をよくは存じマセンが人格形成期に触れる書物を著す方デスから多分にアチラ側の影響に晒されていたでしょうね。

なにしろ享年「92(=11)」歳デスし。


続いて

マルクス生誕200年 出身地に中国から銅像 ドイツ

http://k.nhk.jp/knews/20180506/k10011428521000.html

あせあせ(飛び散る汗)マルクス…コイツの著作のモチベーションは「働きたくない」だったのは案外知られてマセンよねw世の中の勤労の収入全てをフラット化して全員で分かち合う…一見平等に見えマスけど「働いて無い人間」も収入が得られるという盲点がありマスね。そう、正にマルクスは現代の「ニート」の元祖だったワケデス。

実際かつての社会主義大国ソビエト連邦が崩壊したのもマルクス理論を忠実に履行した結果大衆の労働意欲が減退→サボタージュが横行したのが原因デスし。一方同じ社会主義でも市場原理を取り入れた中国では自由主義社会以上に貧富の格差が広がる始末…

とは言え自由主義社会でも今や〇〇ドリームみたいな成功潭は久しく耳にしマセン。え?ザッカーバーグ?どーせ「成功者の家系」でしょ?またテスラモーターのあいつも非常に胡散臭いし。


ハートランド
2018年05月08日 01:56
バイキングさん、レス有り難うごさいます。

密教の裏の顔というか本質はどすけべ。
故に顕教に隠された密教と今は思います。
蓮池の美しい蓮の花は仏教のほんの一部で
あって仏教そのものは蓮池一杯の泥そのものでしょうね。

不思議な体験と申しますか霊的な体験は
なにせ30年も信仰していたので話すと長く
なりますので簡潔に書きます。

①自分で拵えた神棚に向かって拝んでいたら神棚から一筋の光が出てきて額に命中した。
②首吊り自殺した幼馴染みの通夜から私のお腹まわりに縄の跡がついて一週間あまり
とれなかったので教祖的な人のところで
お祓いしてもらった。4、5日かかると言われた。その通り5日で縄の跡は綺麗にとれていた。
③家族や他の誰にも言わないで会社を辞めた。数日して教祖的な人から電話があり
どうして会社を辞めたと言われた。
兎に角、教祖的な人はこの他にも自分が隠して誰にも言わないでいたことを指摘して
よく怒られたりしていた。

等々です。今思うと自分も教祖的な人も
悪霊に取り憑かれていたのでしょう。

自分のように真の神様に背く愚行を長年に渡り繰り返さない様に、若い人たちには
聖書を読み、霊や霊的な体験はすべて悪魔や悪霊の仕業であると若いうちに悟って
欲しいデスね。⤵

お茶処
2018年05月08日 13:21

毎度お馴染みこんな記事

NHKニュースより

プーチン大統領が就任式 通算4期目がスタート

http://k.nhk.jp/knews/20180507/k10011429931000.html

あせあせ(飛び散る汗)さあ陰謀論者のみんなが大好きなプーチン閣下wが大統領4期目に突入致しマスね。コレで都合四半世紀ほど在位するそうデスから最早皇帝デスわな。


続いて

親子遭難か 登山道近くの沢を重点的に捜索 新潟 阿賀野

http://k.nhk.jp/knews/20180508/k10011430341000.html

あせあせ(飛び散る汗)「五頭」は「牛頭」かな?何はともあれ引っ掛かりマス。


お茶処
2018年05月10日 07:54

毎度お馴染みこんな記事

新潟小2女児殺人事件の犯人は?大桃珠生ちゃんに何があった?

https://googleweblight.com/?lite_url=https://impressionsnote.com/?p%3D1667&ei=WNzmwLRp&lc=ja-JP&s=1&m=343&host=www.google.co.jp&f=1&gl=jp&ts=1525861056&sig=APs-2GzLt2gCu3_GUNXcIizhLREyslBkag

あせあせ(飛び散る汗)7日に7歳が22時30分(=7)…単なる殺人ではなさそうデスね。

続いて

東海林修さん死去 ザ・ピーナッツ、沢田研二らの編曲手掛ける

http://www.j-cast.com/m/2018/05/08327940.html

あせあせ(飛び散る汗)「85(=13)」歳…お約束デスね。

も一つ

「人生楽ありゃ苦もあるさ」作曲家の木下忠司さん死去

http://k.nhk.jp/knews/20180507/k10011430021000.html

あせあせ(飛び散る汗)こちらは「水戸黄門」というお伽話のテーマ曲に関わった方デスね。「3」0日に「102」歳=「6」。まー102歳まで生かされたという事は相当に高位の人物だったのでしょうな。


インターネットバイキング
2018年05月10日 08:46
コメントできない?

ので、後程返信致します。
インターネットバイキング
2018年05月10日 08:48
アレ出来た。

長文が消えました(泣)
お茶処
2018年05月10日 10:17

バイキングさんドンマイ!

電波の悪い処に居マシタ?

若しくは電磁波…ちょっと気になりマスね。


お茶処
2018年05月10日 10:21

ワタクシのガラケーはあっさりカキコミ出来マシタ。なんで?

それはさておき

現在はしかが流行中とちまたでは盛んにアナウンスしてマスが、当然「予防接種打て打て詐欺」なんで気にしナイように。万一感染した場合は健常者ならば麻黄湯で楽勝デス。


インターネットバイキング
2018年05月10日 21:47
お茶処さん

スマホは仕事中に動画を見るために購入したので、文章のコピーの仕方もわかりません。便利なようで不便ですが、使いこなしていない自分がいけないのでしょう。

また、開放と解放の違いも勉強になりました。
インターネットバイキング
2018年05月10日 22:00
ハートランドさん

貴重な体験を、ありがとうございます。

実は悪霊も科学現象として、奇跡を演じているのだと思います。それを上手く利用したのが幸福の科学でしょうし、科学だと標榜しながらも、大川の奇跡体験で信者獲得するような、まあ、売りと買い、これを同時に仕掛けている、そんな手口が垣間見えるのです。

話の脱線で、すみませんが、人間の右脳と左脳とは、ある条件が揃えば、この電磁気の交点にプラズマを発生させる事が出来ると思うのです。これのサインが、カッパの火の玉や、カッパに出会うと気分が悪くなるなど、つまりカッパが発するプラズマが人間の精神に害を及ぼすというような話があります。

目には目、歯には歯、神がプラズマ生命体であるのなら、人間もプラズマ・シールドで覆わねば、つまり神を直視できないのかも知れません。旧約聖書では、神を直視したら死ぬだとか、アークに触れたら稲妻に撃たれるというような描写があります。
ハートランド
2018年05月11日 06:53
バイキングさん、レス有り難うごさいます。

大したことのない霊体験ばかりですみません。⤵私の少ないかも知れない体験から申しますと、精神が病んだ人や自信家というか我儘な人に所謂、霊感の強い人が多いと
感じています。多分、悪霊はそういう人たちに狙いを定めているんでしょうね。

プラズマのお話勉強になりました。有り難うごさいます。スピ系にも脳梁にある松果体を呼吸法により鍛えて神(サタン)のエネルギーを感じる、送受信するセミナーあります。一度だけ体験しましたが、大型家電店内の上から降り注ぐ光のシャワーが頭や腕に雨のように当たるのを感じたことがありました。バイキングさんが仰る通り悪霊が科学的な奇跡を起こして人間を騙しているんでしょうね。このblogに集う優秀な皆様は奇跡を容易に信じることはないと思いますが 。終末に向けてサタンがどんな狡猾な手口で騙してくるか解りませんから十分気をつけたいです。

人間のプラズマシールドとは手垢一つない
清い信仰だけなのでしょうね。

この記事へのトラックバック