聖書預言の行方(一人キリスト教)

アクセスカウンタ

zoom RSS 同一労働同一賃金、これは絶対にやりたい政策でしょう。

<<   作成日時 : 2017/07/09 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 5

なぜ、リーマンショックのような金融危機が意図的に引き起こされたのでしょうか?


事実上の債権空売りといえるCDS証券。

このCDS証券を悪用して、倒産したリーマン・ブラザースをも含む金融機関等が、儲けるように一芝居打ったと…。いや、それ以上の計画を仕掛けたに違いありません。

AIGという保険会社が、リーマン・ブラザースに対するCDS証券を、ゴールドマン・サックスを筆頭に売りまくる。そしてゴールドマン・サックス等各金融機関はリーマン・ブラザースの株に大量の空売りを仕掛けると、恐らくジャンク債を大量に抱えたリーマン・ブラザースは、資金繰りの限界で倒産するのです。AIGはCDS証券の支払いに追われて、倒産寸前にまで追い込まれましたが、米政府による民事再生法適用で生き延び、400億ドル(約4兆2,000億円)の緊急支援要請を行ないました。

米政府が支援するとはつまり、アメリカ国民の税金でCDS証券のツケは支払われたという事になります。また、米政府による支援とはいっても、米政府は国債を発行してFRBからの紙幣と引き換えにするのですから、私がいつも言うように、中央銀行による国家乗っ取り計画にも一歩近づいたと言えるのです。

と同時に、破綻が目に見えていたサブプライム・ローンは証券化され、このジャンク債は優良債権に巧妙に忍ばせ、抱き合わせという形で販売されました。ですから一つが弾け飛ぶと、全世界に波及するいう仕掛けとなっていた訳です。

PIIGS(ピッグス)のユーロ危機にしても、ユダヤ金融家達が、わざとギリシャが借金を積み上げる仕組みをつくり、次の政権にリークさせ、ヨーロッパから世界に波及させたとの話もあります。


2008年9月のリーマン・ショックという大金融危機なのに、翌2009年4−6月にゴールドマン・サックスは過去最高益を計上していますから、やはり一部の金融機関は世間の大不況を尻目に、大きな利益を上げているのです。


さて、ここまで書いてきたものの、このままでは多くの陰謀論者や、映画THRIVE(スライヴ)と同じ主張となってしまいます。このユダヤ金融への憤りを高める事によって、血統のユダヤ VS 改宗のユダヤ という対立構造が高まるのです。陰謀論者達もまだ気づいていないようですが、つまり陰謀論とは、大四次大戦へと向かわせる仕掛けであるに違いありません。


「金は天下の回り物」である事を考えれば、例え八百長で手に入れた富であれ、ゴールドマン・サックス等が儲けた富を市場で消費してくれれば問題はないのです。しかし、儲けた富をタックス・ヘイブンに隠し込み、マネーフローをストップさせ、つまりダムのようにせき止めている事が問題なのです。


さて、日本における大企業の一人勝ちにしても、実は、タックス・ヘイブンに隠しこまれた富と同じ意味合いがあるのです。非正規雇用やら法人税減税やらで、労働者は貧困に追いやられていますが、大企業だけは肥えると言う、富を溜める所がタックス・ヘイブンか、大企業の内部留保かという違いだけで、その目的は同じなのです。

人間の血液と同じように、本来まんべんなく国民へ流れなければならない資金が、ある一箇所に滞ってしまえば、たちまち国民は酸欠や栄養不足によって危篤となるでしょう。

しかし国家の人質ともいえる国債の過半数を、各国の中央銀行はかつてない勢いで集めていますが、それもこれも中央銀行が国家をも乗っ取り、国連ワンワールドに移行させる手段であるに違いありません。日銀にしても、建設国債やら不足気味の国家予算など、政府が国債を発行しなければならない弱みに付け込んでいますし、各銀行が保有する、つまり市場の国債ですら買い集めているではありませんか。

ですから今は国債人気であり、日銀が新たに発行する国債の入札に買いが殺到して、マイナス金利を生じさせてしまう程の社会現象を引き起こしているのです。



タックス・ヘイブンやら、大企業の内部留保に富をせき止めさせ、全世界の国民を総貧困化させたい思惑があるのです。なら残るターゲットは大企業で働く社員でしょう。

朝堂院 大覚による事前予想の通り、都議会議員選挙は自民党の惨敗に終りましたが、この流れは確実に国政へと波及するでしょう。ルノアール事件収束の恩義はチャラにするから、全国800万人の創価学会信者に向けて、現安倍政権に加担するなと主張した朝堂院 大覚。

チェース・マンハッタン銀行本社を、百姓一揆のように民衆の手で襲撃せよというR・コシミズ。また創価学会をこれでもかと攻撃するR・コシミズ。しかし、そうではなく、池田 大作や学会信者に向かって正しい選択を呼びかける朝堂院 大覚。民主主義ですから、政治を動かすのも有権者ありきといった、やっと現実的に現政権に取って代わる勢力を、下支えできるフィクサーの登場か、といったところでしょう。

さて、安倍が総理を辞職して、次に再び麻生政権の誕生。そして最後の自民党総理大臣による置き土産げとして、麻生 太郎が同一労働同一賃金に着手するのかと考えたのですが、もしかしたら次の自民党に替わる政権のほうが同一労働同一賃金という、この取っ付き難い法案を、あっけなく通すかも知れません。

つまり有権者とは、圧倒的に負け組が多いのですから、歴史上の多くの民衆革命のように、民衆を味方にすれば良いのです。ルサンチマンな民衆とは、勝ち組に対して憎悪を抱いていますから、大企業の社員の給与を非正規雇用者と同一させようとの声が上がれば、必ずそれに従うでしょう。

経済崩壊の崖っぷちに立たされた全世界やこの日本にしても、いくら民衆の手によって次の政権が舵を取ろうとも、通貨発行権を中央銀行が牛耳り、国債という返せるあての無いこの借金山積みがシステムがある以上、どうにも立ち行く事が出来ません。だから戦争なのでしょう。この中央銀行制度を構築した、アシュケナジーに戦争を仕掛けるしか選択肢はない、というか既にそのように日本は誘導される運命にあるのでしょう。


さて、陰謀論になんか嵌るなと申したい。誰がどれだけの裏情報を提示できるかという、下らない競い合いからは早く足を洗うべきです。陰謀論の終着点とは、血統のユダヤ VS 改宗のユダヤ を大四次大戦へと向かわせる仕掛けでしかないのです。百歩譲って、スファラディーがアシュケナジーに勝利できるなら良いのでしょうが、戦う前からアシュケナジーの勝利は決まっており、アシュケナジー手動による国連ワンワールドとなるのでしょう。



神戸港や大井埠頭でも殺人ヒアリが確認されたとの事ですが、今までは働きアリとして自民党政権に散々と搾取され続けてきた働きアリが、今度は殺人アリとして民衆革命を起こすと、こんな文学的な風刺が込められているのでしょうか(笑)。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

フランス革命の「本番」。

当blogでは散々忠告してマスが間抜け共はそれに気付く気配も有りマセンね。

所詮「人の組織」が如何に足掻こうが神に匹敵する(心理面限定でw)力を持つサタンを出し抜ける筈がナイワケで。サタンの手下の誘導に乗ったトコロで決して幸せは掴めナイのにね。

サタンは極めて狡猾デスから神の望む「幸せな人類」の存在しているは絶対許さナイでしょう。「人間」の手で「人間自身の幸せ」の為に今ある「比較的安定した社会制度」を破壊させサタンの理想する社会制度に移行させる…コレこそがサタンないしグローバリストやら国際金融家と揶揄される連中の目指す真のゴールデス。「自由な思想と引き換えに常に思想を監視されつつ生活には困らナイ」社会を連中は提示して来マスが、そこに神の救いは届きマセン。

ひょっとするとアルザルやらシャンバラやら呼ばれるプラズマが支える亜空間が「裁きの時 のターゲットかもデスな。


お茶処
2017/07/10 00:40

毎度お馴染みこんな記事

車いすでも海辺まで=砂浜に80メートルのマット―協力資金集め実現・神戸
時事通信 [7/14 05:21]

https://secure.softbank.ne.jp/secure.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20170714-00000008-jij-soci.html

ォ此処に来て障害者への配慮を取り沙汰する話題が増えて来たような…

続いて

車に6時間、障害者死亡=熱中症か、誤って放置―埼玉
時事通信 [7/13 21:00]

https://secure.softbank.ne.jp/secure.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20170713-00000161-jij-soci.html

ォ「6」時間ってのがこの事態の目的を物語ってマスわな。だいたい介護を商売にしている人間が利用者を炎天下の車中に取り残すとか普通に有り得マセン。


お茶処
2017/07/15 00:51
2020年は子年かぁ。子は真北を指すので北の王の誕生にドンピシャですね。
2026年は午年。午は真南を指しますから
南の王の完全支配にピッタリの年になりますね。しかも7月ということになると7月は羊、干支の七番目は午、馬く出来てますねー。
ハートランド
2017/07/17 21:19

ハートランドさん、

午い!上手いデスね。

こちらをご覧になってる方以外には出来ナイ発想デスね。

十二支は時間や方角にも用いられてる事は普通に生活していると中々理解出来マセンから。

まして旧約聖書記述と照らし合わせて(からのバイキングさんの予測)推測するなんて行為は当blogを深く理解して無ければ到底出来マセンからそんな推理が出来る方の存在は心強い限りデス。

また気付いた事は何時でもコメお願い致しマス。


お茶処
2017/07/18 00:52

お茶処さん、ありがとうございます。
聖書を読む様になってから占いの類いは一切関わっていませんが、以前は興味あって
占い師巡りしたりスピ系のドグマに嵌まったりしましたが、四柱推命も暦の六輝六曜もタロットやヒーリング、ヨガの果てまですべてアチラ側が用意したものなので騙されない様に注意しています。
知識豊富なお茶処さんにいつも勉強させて頂き感謝しています。
勉強不足で中々コメントできませんがこれからもよろしくお願いいたします。
ハートランド
2017/07/19 01:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
同一労働同一賃金、これは絶対にやりたい政策でしょう。 聖書預言の行方(一人キリスト教)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる