聖書預言の行方(一人キリスト教)

アクセスカウンタ

zoom RSS ラスト・エンペラー B

<<   作成日時 : 2017/05/29 00:25   >>

トラックバック 0 / コメント 15

ちょっと今回は準備不足なのですが、足りないところは後で追加する事にして、記事を進めようと思います。あくまでも私の推測ですが、私の思う、ラスト・エンペラー が誰になるのかを早く書かねばなりません。

「2026年と、2030年」という少し前の記事も、同時に覚えておいて欲しい内容です。こちらも私の推測が正しければという前提にはなりますが、私自身が驚愕した内容です。ダニエル書からすると、サタンは聖なるところを汚してから3時半(3年と6ヶ月か?)後に、捕らえられると解釈できるかも知れません。

聖なるところを汚すのは、八番目の王でもある国際連合に違いありません。その国連という最後のワンワールド帝国のトップに君臨するのはサタンですから、その即位の3時半後にサタンは捉えられると、私はこう考えています。

だからイエスがバプテストのヨハネから洗礼をうけ、神から是認され、いわば即位すると、その3年と6ヶ月という宣教の後に処刑されたのでしょう。サタンは国連のトップに即位してから、3年と6ヶ月後に捕らえられる事をダニエル書より悟っていたからこそ、その逆を約2000年前のイエスに行ったと…。


やはり、ここまで書いていて再び奮える思いです。


古代イスラエルにおけるラスト・エンペラー ですが、私はどうしてもソロモンを思い浮かべてしまいます。何故かと申しますとソロモンを最後に、北朝イスラエル10氏族と、南朝ユダ2氏族に分裂したからです。つまり12氏族+レビ族という、全ての氏族から構成される最後の王がソロモンだったのです。

これを神道世界に重ねてみれば、史上初となる同時式年遷宮を行い、出雲と伊勢が和解したという事に対応出来るでしょう。飛鳥 昭雄がいうには13氏族全てが日本に渡来し、神道界を構成しているそうです。この全氏族が合わさり最後の天皇を輩出しようとしているとは、私には、ソロモンを焼き直そうとしていると、こう思えてならないのです。

回りくどいようですが簡単に申しますと、長い歴史の中で初めて全氏族が揃った神道界とは、つい数年前の2012年による同時式年遷宮だったという事です。

そこでソロモンの個性を次の天皇に当てはめようとすれば、悠仁親王が有力ではないでしょうか。そこでソロモンが何歳で即位したかをネットで調べてみると、だいたい11才前後ではないかと推測されるようです。悠仁親王がラスト・エンペラーに選ばれたら、彼は2006年9月6日生まれなので、平成31年の1月1日には満12才であり、ソロモン即位時の年齢に近い事になります。

少年ソロモン王 (11才で即位)
https://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/26137387.html?__ysp=44K944Ot44Oi44Oz44Gu5Y2z5L2N5bm06b2i


ソロモンとは最初の神殿を築いた人物ですが、その建築主任は、ティルス(ツロ)の王であるヒラムという人物です。インチキ牧師である小石泉によると、「フリーメーソンの伝説では、ヒラムは神殿の秘密を知る者として殺された」と書いています。また、「ヒラムはいつの日にか復活する」と、信じられているようです。

神殿の秘密を知る者として殺されたのが真実であれば、いや、事実ではなくとも、このようなシナリオが準備されているのであれば、ソロモン VS ヒラム といった対立構造を、数年後の世界に投影させてくるかも知れません。

小石泉によると、フリーメイソンとはフラマッソンの事で、「フラム(ヒラム)の子」という意味があるそうです。またヒランヤという正三角形を合わせた六芒星がありますが、実はこれが、「ヒラム・ヤー」であり、ヤーは唯一神ヤハウェの短縮形である事から、「ヒラムこそ神である」との意味だそうです。

よくソロモンは五芒星だといわれますが、ソロモンが五芒星なら、ヒラムが六芒星なので、やはり対立構造があるのだと言いたいのでしょう。

余談ですが、聖書からは、ソロモンが五芒星で、ヒラムやダビデが六芒星などと理解できる記述はありません。では何故この正三角形を用いた星型が、多くの陰謀として扱われるようになったのか、近い内に私の考察を書こうと思います。

エゼキエル28章を見ると、(長いので引用致しませんが、是非読んでください)交易で栄え富で着飾ったかのようなティルスを、同じく、容姿端麗で宝石で着飾ったサタンに投影させているのです。確かティルスは、富という自惚れから、イスラエル王国だかユダ王国を倒そうと試みたと思います。それで神は、ネブカドネザルの新バビロニア帝国を用い、ティルスを攻撃させました。

このエゼキエル28章をサタンは重んじているのでしょう。ティルスの王がサタンに投影されたのだから、それをいい事に、フリーメイソンを、いち神に対する組織として育ててきたのでしょう。

先日の、エクストリームサイエンスという最新の飛鳥 昭雄の動画では、世界統一政府の王とは黒人種であると、こう述べていました。そう、ここで繋がるではありませんか。ワンワールド支配者の12の席は既に埋まっているが、13席目はまだ空席だそうです。しかし13席目に座るのは、ヒラムの生まれ変わりだと言いたいのでしょう。ティルス人とはカナン人なので、黒人種だと連想できるのです。

これだけハザールの改宗ユダヤに世界支配をやらせて、なんで世界統一政府の王が黒人種なのか? それはハムのノアに対する僭越行為から、カナンの子孫がセムとヤペテの奴隷となると預言され、歴史はその通りとなったからでしょう。神は、誰よりも黒人種の祖を呪ったのですから、そのカナン人を先祖とするティルスのヒラムの生まれ変わりを、世界統一政府の王に君臨させると、もうこれ以上の神に対する冒涜は無いではありませんか。

また余談ですが、ある人達は、ぶどう酒で酩酊し全裸になっていたノアを責める節もあります。が、しかしノアが方舟を作らなかったら、人類はそこでTHE ENDとなっていたのですから、酩酊ごときでいちいち騒ぎ立てるなと私は言いたい。ノアを辱めたハムと、その4番目の子であるカナンが呪われても文句は言えないでしょう。

ついでにダビデについても、巨人ゴリアテにサシで立ち向かったのは、イスラエルの屈曲な兵士ではなく、十代の単なる羊飼いダビデのみだった。これが真実であれば、ダビデがいなければ、イスラエル王国は同じくTHE ENDだったという事かも知れませんから、バテ・シバとの姦淫や、ウリヤを事実上殺したとしても、神はダビデを用い続けたのではないでしょうか。

さて、多くの陰謀論者が天皇主権を高めようとしています。彼等は一様に、ロシアと、一部は中国とも連携せよと述べています。ユーラシア大陸の火の鳥を考えれば、次の天皇も伊勢神宮の鳥と、鳥である五芒星の天皇が担がれると、こうなる気がしてなりません。それが同じく、五芒星のレッテルを貼られたソロモンの焼き直しであるかのような、悠仁親王になるかは注目に値するでしょう。



では、順当に行けば次の天皇であろう皇太子徳仁親王はどうなるのか? 

この、ラスト・エンペラー シリーズですが、少なくても後2回は続きそうです。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

昨日のニュースで民進党の野田元総理が「今上退位法案と女性宮家創設(皇太子には男児は居ナイ)は一体不可分である」的な発言してマシタが…

そうやって皇室を高め、最終的に「断絶させる(別に誰も困りはしマセンが)」、つまりアチラ側に「負ける」シナリオを担わされてるのでしょうね。

皇族の血筋も甚だ怪しいデスが、女性宮家を容認したら問題が更に拗れるダケだと思いマスがね。

まー「負ける」前提故に「女性宮家」という飛び道具を打っ込んできたのでしょうが。

最後の天皇はやはりバイキングさんの仰るような結果になるでしょう。「男系維持」が通り…で。


お茶処
2017/05/29 00:52
バイキングさん、新スレありがとうございます。
新スレ立ってましたので、前スレのこちらにいたします。

>しかし、朝堂院大覚はしたたかですよ。創価学会の800万票を綺麗に取り込もうとしています。<

朝堂院大覚は抜け目ないですね。大物感タップリです。

>創価の歴代会長は6代いると思いますが、3代目の池田名誉会長ともう一人を除く、4人が既に創価を脱退して、日蓮などに帰依しているのは注目に値します。<

そうなんですか、驚きデス。公明党の日和見主義が、宗教界のトップにも表れていますね。

お茶処さん、コメありがとうございます。

>某価の旗は青赤黄色デスねw
つまりバイキングさんの仰るようにどちらにも転び得る存在、と言えるでしょうね。<

三色旗、自分も信号機を考察した時に、最初に思い浮かびました。旗についても信号機と同時に考えてみましたが、上手くまとまらないので後にしようかと思っていました。お茶処さんのような抜群のセンスを身につけたいデスw
続きます。




ハートランド
2017/05/29 04:36
旗について、お茶処さんのコメから
>差し当たり赤と黄色を含んだトリコロール国旗は要注意デスね。ドイツとかベルギーとか。<

青赤黄色が、アチラ側の飛車角なら、ドイツとかベルギーに含まれている黒色は、アチラ側の王将ではないかと、RAPTによると黒色はドルイド教つまり呪いです。
オリンピックシンボルはど真ん中に黒丸を配置しています。左右に青赤、黄色緑は下段です。このオリンピックマークは、そのままアチラ側のヒエラルキーを象徴しているのではないでしょうか?つまりドイツとかベルギーのように黒色を含む国旗のある国が、実はサタンの中枢ではないかと。飛車角である青赤は、サタンに使われているサタニストの中枢かな?黄色緑の勢力は、青赤の勢力に使われているのかなとおもいました。日の丸は?白い旗なので文字どうり白旗!!降参デスかね。
自分も白旗!!降参デス。おやすみなさい。
ハートランド
2017/05/29 05:25
ハートランドさん、こんにちは。

RKのように殆どの政治家を否定するのは非現実的なんですね。我々のように全ての政治体制を否定して、神の介在を待つならまだしも、この世の政治力に期待し変革させようと願うなら、創価の800万票を取り込むのが現実的であり、朝堂院大覚のやり方しかないでしょう。

これです

創価学会の歴代会長の家族は、なぜ創価学会をやめたのですか
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10107695705?__ysp=5Ym15L6h5a2m5Lya44Gu5q205Luj5Lya6ZW344GM6ISx6YCA
インターネットバイキング
2017/05/29 12:01
青+赤+黄=茶色、赤+緑=茶色
黒人のスキンカラー
八咫烏
2017/05/30 21:27
バイキングさん、コメありがとうございます。
>我々のように全ての政治体制を否定して、神の介在を待つならまだしも、この世の政治力に期待し変革させようと願うなら、創価の800万票を取り込むのが現実的であり、朝堂院大覚のやり方しかないでしょう。<

アドレス貼って戴きありがとうございます。
婦人部が正木理事長を推しているだの、結局、権力争いばかりしてる様ですね。これじゃあ朝堂院に付け込まれるわけですね。
三色旗の青は「平和」なのにねぇ。
人間が作る組織は所詮不完全だという証左ですネ。
ハートランド
2017/05/30 23:54
連投失礼いたします。
>長い歴史の中で初めて全氏族が揃った神道界とは、つい数年前の2012年による同時式年遷宮だったという事です。<

2012年から「18」年後が、バイキングさんが仰っしゃる2030年になりますね。
ピッタリ符号しますね。

>神は誰よりも黒人種の祖を呪ったのですから、そのカナン人を先祖とするティルスのヒラムの生まれ変わりを、世界統一政府の王に君臨させると、もうこれ以上の神に対する冒涜は、無いではありませんか。<

黒人を世界統一政府の王にすると、人種差別の問題もクリアされますね。
あっ!!オリンピックマークの真ん中に黒丸あるのも、黒人が中心という意味にもとれますね。
冒涜の涜は、水を売ると書きますが、もしかすると、ノアの洪水で、売るだけ水に溢れたことが由来かもですね。
漢字博士のお茶処さんに聞いてみたいところです。
ハートランド
2017/05/31 00:24
八咫烏さん、今晩は。

ようやく、「咫」に変換出来ました。「咫」はシと読むんですね。大変失礼いたしました。
>青+赤+黄=茶色、赤+緑=茶色
黒人のスキンカラー

成程。気付きませんでした。流石ですね。
ハートランド
2017/05/31 00:43
ハートランドさん、参考になるコメありがとうございます。

仰るように、五輪の真ん中の黒とは何か意味ありそうですね。
インターネットバイキング
2017/05/31 17:26

ハートランドさん、

流石に「涜」の由来は分かり兼ねマスが「冒涜」という言葉が「聖なる物・事を辱める」デスから・・・

涜を分解すると「水」を「売る」。

コレでピンと来マセンか?

世界最古の「職業」にして最悪な冒涜行為。

そう、「水商売」デス。

もちろんコンパニオンやホステス程度の接客が問題なのではなく積極的に肉体関係を持つ、ぶっちゃけセックスを生業とする方々を指しマス。

ワタクシ自身はセックスが汚らわしいモノだとは一切思いマセン。それ無しでは子供は生まれマセンからね。なので凍結精子による単為生殖が今後盛んになってもその子供にまともな魂が宿るとは到底思えマセン。

愛あるセックスこそが生まれる子供に良き魂を授けるとワタクシは考えマス。思考の波長とは言ったら電気信号デスからコレに邪なノイズが混ざったら当然宿す子供にはその影響は色濃く顕れマス。

故に神は「姦淫」を禁じてマス。子供とは本当に愛し合う両者同士が作るべきモノだからでしょう。

そして諸々の宗教が「バビロンの大娼婦」と表現されているのも同様の理由からデス。大衆を真の神から遠ざけようと企図する部分で。


お茶処
2017/06/01 00:15

ハートランドさん、

あと国旗の件のレス恐れ入りマス。

恐らく黒はバイキングさんや八咫烏さんが述べているように「黒人種」なのでしょう。

ハムは大業を遂げて酔い潰れ眠る全裸のノアを嘲りマシタ。現在に続く人の営みの礎となった方を。

その故にハムの子々孫々は原罪以外に余計な罪を背負う羽目となりマシタ。

考えてみれば白人が黒人を虐げていたのは単純に劣等種という思考ではなく聖書にハムの「原罪」が記されていたからかもデスね。もちろん人種由来の差別など馬鹿げているワケデスが…

そういう原罪を持つ黒人種をやがて来るワンワールド世界政府のトップに吸えるもとい据える事こそサタンないしサタニストにとって最高の冒涜なのでしょうね。


あと国旗と言えば。

こちらのblogを熟読されたならばご存知でしょうが「十字は太陽信仰の象徴」デス。

コレを踏まえて考えると…

スイス国旗「赤地に白十字」日本国旗の真逆デスわなwんでスイス含めヨーロッパ(EU)はロートシルト、すなわちロスチャイルド的なイメージで社会主義と親和性の高いイメージ、他方イギリスのユニオンジャックのパーツのスコットランド旗は…紺地にばってん、というかコレも十字デスわなw
言わば青地に太陽、てな具合デスわな。

正に今、かつての二次大戦そっくりな構図がヨーロッパ方面に着々と築かれていると。


お茶処
2017/06/01 00:45

お茶処さん、レスありがとうございます。

「涜」は、水商売。思わず膝を打ちました。
お茶処さんが仰っしゃる様に、諸々の宗教を「大いなるバビロン」と表現する所似からも『冒涜』という言葉は、真の神様を意識して作られた様に感じました。

この一人キリスト教のブログは、コメントを含め質量ともにボリュームがあり、まだ半分位しか読めていません。国旗について以前に考察ありましたら、どうぞご容赦ください。

スイス国旗は、真っ赤まるごとロスチャですね。可視光線は七色。その中で、一番遠くから見えるのが赤だそうです。仏教界で高貴な色とされる紫色はもっとも遠くから見えヅライそうです。赤は、人間がもっとも認識しやすい色なので、そこを利用しているかもです。逆に紫は、青+赤です。
見えヅライ=わかりヅライ、青が赤を破り吸収合併するワンワールド世界で崇高な色として用いられるのではないでしょうか。
ハートランド
2017/06/01 22:59

ハートランドさんレス恐れ入りマス。

考察デスが国旗ではなく「十字」についてになりマス。

そもそものきっかけはキリスト教が「十字架に磔にされたイエス」を「偶像」として崇拝する事への疑問からデス。

まずコレは文献からも明らかな事実デスが、イエスが磔刑にされた当時の一般的な手法は「一本の木杭に両手を重ねて打ち付けて吊す」スタイルデシタ。

ではイエスは十字架に磔にされたのか否か?聖書記述によれば確かに十字架だったのでしょう。では何故当時一般的だった手法ではない方法を敢えて選んだか?その答えが「十字」にあると睨んだワケデス。

んでコメントでディスカッションしたところ当blogのレジェンドコメンテーター地泣さんより「ケルト十字は太陽信仰のシンボル」というお話を頂きマシタ。さらにはエジプトのアンクも。そう、十字架とは「太陽信仰の象徴」なのデス。しかもサタン的な意味で。

ハートランドさんは何故「クリスマス」、すなわちイエスの誕生日が12月25日と定められたかご存知でしょうか?その当時の中心世界である地中海周辺国では「ミトラ教」という宗教が一大勢力を誇ってマシタ。しかしローマ帝国の方針でキリスト教を国教と定める流れの中でキリスト教に習合されマシタ。

んでそのミトラ教の一番重要な日が冬至明け、すなわち太陽が再び日照時間を回復していく「最強の太陽の日」、つまり12月25日だった、と。

故に十字というブツは決して神聖なモノなどではなくサタン的太陽信仰の象徴って話デス。

ちなみに宗教を否定したナチスの旗は鉤十字、また日本でお寺の所在地を示すマークは卍…さらに仏像の「後光」は太陽信仰の象徴デス。


お茶処
2017/06/02 18:06

お茶処さん、レスありがとうございます。

国旗ではなく、十字についてでしたか。
大変失礼いたしました。
ケルト十字については、仰っしゃる様に、当ブログの地泣さんのコメントを読ませて戴いていましたので、主が十字架ではなく一本杭に磔刑されたことを知ることが出来ました。十字架は、神聖ローマ帝国の十字軍の十字でもあり、十字架を拝むことは偶像崇拝になることも理解出来ました。

クリスマス、太陽崇拝、ミトラ教については、ディビッドアイクやRAPTによって知悉とまではいきませんが、既知しています。太陽や月を拝むことも偶像崇拝であることは、RAPTのおかげで?聖書を読むようになって知ることが出来ました。
ただ、RAPTは聖書の教えを歪曲させていまし、アイクに至っては、キリスト教の正体はミトラ教であり(RAPTは完全否定)
ナザレのイエスの存在自体を否定しています。このような間違った知識を得て突き進んでいた自分を正しい方向に軌道修正してくれたのが、この一人キリスト教ブログです。バイキングさん始め、お茶処さん、
エフライムさん、地泣さん、八咫烏さん等多くの優秀なコメンテーターの方々に日々学ばせて戴き感謝しています。

お茶処さん、的確で分かりやすい解説ありがとうございました。
ハートランド
2017/06/03 06:21

ハートランドさんレス恐れ入りマス。

高評価痛み入りマス。ご承知でしょうが、もちろんワタクシは他人が知らナイ世界の真相を知っている事に胡座掻いて思い上がってるワケでは有りマセン。むしろ少しでも真実を知って欲しいしその為にワタクシは少しでも分かり易い言葉で聖書の本質を翻訳したく考えてマス。

知識の優越を己を高める手段に用いる輩はどんな綺麗事吐かそうが贋物デスわなw

さて、十字。

コレを国旗に当て嵌めて考察するとイロイロ面白いデス。

例えばイングランドの旗。

白地に赤十字。

コレ、日本国旗とある意味同じデスわなw

あとノルウェー国旗、

赤地に青十字。

正にワンワールド世界政府の主要国の一国ではと勘繰って仕舞いマスねぇ。

だいたい、永世中立国とか言う虫の良い立ち位置やらノーベル平和賞の授賞式国とか如何にもアチラ側のニオイを強く感じマスわな。

さらに同じスカンジナビアのスウェーデン。こちらの国旗は青地に黄十字。コレは如何にも南の王勢力を暗示させてマスねぇ。となると次の世界大戦(宗教大戦)で最前線となるのはこの両国辺りかもデスね。


お茶処
2017/06/03 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラスト・エンペラー B 聖書預言の行方(一人キリスト教)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる