聖書預言の行方(一人キリスト教)

アクセスカウンタ

zoom RSS ラスト・エンペラー @

<<   作成日時 : 2017/05/22 14:43   >>

トラックバック 0 / コメント 3

タイトルにラストエンペラーと書いたものの、それにはラストエンペラーが君臨する時の、政治統治体制に付いても書く必要があるでしょう。

陰謀論者達、とりわけ飛鳥 昭雄がいうには、「世界統一政府に立ち向かえるのは大和民族しかいない、だから天皇は最終兵器だ」と、述べています。

陰謀論者達がよくいうのは、欧米はアシュケナジーが裏から支配していると、同じ白人という肌の色からしても、容易に政財界に紛れ込む事が出来ると述べています。しかし、この日本に於いては肌の色という特徴から、同じ黄色人種である朝鮮人がマイノリティーとして支配しているのだと、こう述べていますよね。

まあ、これは当たっているでしょう。しかし、先に述べたアシュケナジーが統治する世界統一政府に、天皇家が立ち向かうのであれば、まずは、このマイノリティー達に支配された日本の政治を再編成する必要があるでしょう。

つまり、陰謀論者達と繋がっている政治家を洗い出せば良いのです。といっても、小物中の小物であるR・コシミズは、言論が的外れ過ぎるので除外させて考えましょう。なら、いかにもといった感じのB・フルフォードを糸口に、芋のつるを引っぱってみましょう。

B・フルフォードとつるんでいる人物に、大物フィクサーとかいわれる朝堂院大覚がいますが、彼の言動を探れば展望が見えてくる感じがします。時間がないので、朝堂院大覚の動画をザットですが見ました。また、タイミングよくRAPTが、朝堂院大覚についてのトーク・ラジオを上げているので、こちらも見るとよいでしょう。


RAPT×読者対談129 日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)
https://www.youtube.com/watch?v=ciEKrVG7emY&t=1093s


まず朝堂院大覚の言動から、彼が何を言わんとしているかというと、単純に現政権への批判なのでしょう。例えば、神社本庁が宇佐神宮など多くの有名神社を、暴力や脅しで乗っ取ろうとしていると、こう告発しています。これは、飛鳥 昭雄の主張とも近いものがあります。


宇佐神宮乗っ取り事件【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 神社総本庁 2017/04/24
https://www.youtube.com/watch?v=Sla1qSSKN8I


もっと簡単にいえば、つまりこうです。


朝堂院大覚は、B・フルフォードとつるんでいますが、BFはアシュケナジーによる世界支配を告発し、日本も例外なく、アシュケナジーによる傀儡政権だと述べているでしょう。

また朝堂院大覚は、元阿久根市長の竹原 信一ともつるんでいますが、竹原といえば、ケネディーも中川 昭一財務大臣も、中央銀行から紙幣発行権を取り戻そうとして殺されたと述べています。そういう視点から、アシュケナジーによって汚染されてしまった日本の政治を、まずは阿久根市から変えていこうとした人物ではありませんか。

前阿久根市長である、竹原信一さんの発言
http://internetviking.at.webry.info/201112/article_3.html

また朝堂院大覚は、元NHK職員である立花 孝志を大先生と持ち上げていますが、立花といえばNHKの不公平な受信料を告発している人物です。最近では森友学園問題にも切り込んでいますが、NHKひとつ考えてみても、アシュケナジーによって汚染されたであろうNHKを改革しようと、一般大衆はそう認識したに違いありません。

つるんでいる人間はまだまだいるのですが、有名どころとして、朝堂院大覚とつるんでいるいのがBFです。BFは雑魚とはいえRKともつるんでおり、飛鳥 昭雄や中丸 薫ともつるんでいます。また飛鳥 昭雄を通せば、船井 幸雄や、学研の「ムー」関連の輩どもや、ヒカルランドから出版する人物とも繋がっていると連想できるでしょう。また飯山 一郎は、船井 幸雄とスカイプ会議を通して繋がっていました。

だから私は、誰とも連携しないのです!!

上記のRAPTトーク・ラジオでは、朝堂院大覚は東亜ビル(TSK・CCCターミナルビル)の管理組合顧問をしているとあります。その東亜ビルを建てたのが、町井 久之という在日韓国人のヤクザであり、東声会会長だというのです。この東亜ビルのオープニング・レセプションの運営委員が、なんとあの読売の渡辺 恒雄だというのです。レセプションのゲストには、児玉 誉士夫や岸 信介、三田 佳子・長嶋 茂雄・石原 裕次郎・デヴィ夫人も参加したそうです。また町井 久之は、三代目山口組組長である田岡 一雄の舎弟だというのです。

町井久之
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BA%E4%BA%95%E4%B9%85%E4%B9%8B

TSK・CCCターミナルビル
https://ja.wikipedia.org/wiki/TSK%E3%83%BBCCC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%AB


あれっ!? なんかおかしくないですか。

つまりRAPTの話が真実ならば(恐らく真実でしょう)、在日グループがАチームとBチームに分かれて、あたかも対立しているかのように装っている、という事になるでしょう。

天皇がアシュケナジーに対する最終兵器なのに、それを支える陰謀論者達が自作自演の三文役者だったとすれば、やはり私がいうように、神道・天皇・日本国は敗北する運命にあるのでしょう。


日本はアシュケナジーに敗北する運命にあると、そうですよね朝堂院さん(笑)。


なら俄然RAPTブログは賑わう筈なのですが、いや、そうでもなさそうです。未だにRAPTひとり、VS 陰謀論者達という構図に変わりはありません。それは、さゆふらマウンドが述べる政府による分断工作が功を奏したのか、いち庶民レベルが団結するには限界があるのでしょう。上記に述べた陰謀論者達を考えてみても、資金繰りやら彼等のケツ持ちがいる事は容易に想像できるでしょう。


RAPTひとり、VS 陰謀論者達という構図。


この比率ですが、日本国が敗北した時にRAPT理論は、陰謀論に対して逆ウィ−ルド・カーブを描くでしょう。つまり陰謀論は全て忘れさられ、RAPT理論だけが残るのです。それは聖書から考えても、最後である八番目の世界強国は国際連合だからです。国連主導のワンワールド、つまり、ひとつの世界には宗教もひとつであり、神道ですらも葬り去らねばならないのです。日本国が敗北した時に天皇に救いを託した大衆は、RAPT理論により、天皇こそが最大悪であると納得すれば、心置きなく国連ワンワールドに思いをよせる事が出来るのです。


おっと、本題はラスト・エンペラーでしたね。

続きは次回記事にて!

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
バイキングさん、新スレありがとうございます。

RAPTひとりVS 陰謀論者達という構図<

日本敗北後の国連ワンワールドの世界で、RAPT理論だけが残るということは、RAPT の歪められた似非キリスト教が世界で一つの宗教になるんですね。どーりで、RAPT が世界中に教会を建てると息巻く訳だ。
RAPT信者は世界中に散りばめられて、RAPTにこき使われますね。あぁ、恐ろしい。自分のような洞察力のない人間が、RAPTの毒された教義を聞いて初めて聖書を読んで解釈しようとすると、まんまと術中に嵌まってしまいます。
RAPTから抜け出れたのは、この一人キリスト教ブログのおかげです。誰とも群れない孤高のバイキングさんに、改めて感謝します。もちろん、お茶処さん始め当ブログの多くの優秀なコメンテーターの方々にも
感謝しています。

拝金主義者が拝金主義者を批判する。
RAPT然り、朝堂院大覚然り、江原、美輪然り。世の中、腐りきってますね。
早送りして、神様の裁きが来るのを切望してしまいました。
ハートランド
2017/05/22 23:12
ハートランドさん、こんばんは。

RAPTは両義的であります。RAPTが天皇こそが最大の悪魔崇拝と述べるのは、天皇に期待を寄せた、まあ、飛鳥昭雄などに感化された大衆へのフォローなんです。

天皇こそが最終兵器だと信じ込んだ人達、その無敵と思えた天皇がまさか敗北したら、それを信じた大衆は大きな空虚感を抱くでしょう。そこにRAPTレベルの情報、即ち天皇こそが実は最大悪であったと信じ込ませれば、人々は心置きなく天皇崇拝から、国連支持へ移行できるでしょう。

RAPTは日本国敗北、即ち敗戦処理班なのです。

と、同時に、深夜の御祈りなど独自のインチキなキリスト教を展開しています。

つまりRAPT理論とは、陰謀論の次の段階なのですが、陰謀論よりも更に「出来る」人間が集まってきたものの、インチキなキリスト教をやらせる事で、芽を摘んでいるのではないでしょうか。

これはオウムの時も同じです。ユダヤ陰謀論を早い段階で植えつけたものの、ユダヤ勢力に勝利するには解脱しか方法はないと洗脳し、サティアンで不気味な修行をしていたではありませんか。
インターネットバイキング
2017/05/23 21:55
クドイようですが…

80年代後半から90年代と、割と早い時期にオウム信者はユダヤ陰謀論を知ったのです。しかし、闇の権力に打ち勝つには解脱しか方法はないと信じ込まされ、座禅からの空中浮遊や、ヘッドギアーや、オウム食やら、イニシエーションやら、全く的外れな事をさせられたのです。

同じように

RAPT理論を、陰謀論に勝るものだと思ったRAPT信者達がする具体的な実践法ときたら、深夜に何時間も祈りを捧げるという、やや狂信的に走っていますね。

多くの人達は状況が異なるので気付かないみたいですが、実は、オウムを焼き直しているだけなんです。
インターネットバイキング
2017/05/23 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラスト・エンペラー @ 聖書預言の行方(一人キリスト教)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる