聖書預言の行方(一人キリスト教)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2026年と、2030年。

<<   作成日時 : 2017/05/14 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 12

2026年には、国連による宗教弾圧がはじまる。

2030年には、神による裁き(ハルマゲドン)がはじまるのではないか。


というのが私の予測ですが、小石 泉というプロテスタントの牧師が、「西暦の嘘を大発見! 人類の歴史は2026年で終る―聖書に隠された驚くべき秘密とは」という本を、2007年に出していたのを知りました。ワールド・フォーラムで講演会を行ったり、晩年にはヒカルランドから本を出版していた事を考えると、やはり素直に彼を信じる事は出来ません。しかし多くの陰謀論者がある程度の大衆の支持を得るには、それなりの真実を述べねばなりません。

チャーハンからグリンピースを除けるように、真実から上手く嘘だけを取り除く事が出来れば、それなりの未来を読み解く事が出来るかも知れません。というより、陰謀論に挑むにはこの方法以外に無いでしょう。なぜなら陰謀論とは、最終的に天皇主権を高めようとの「目的」があるからです。

「人類の歴史は2026年で終る」という本ですが、既に絶版なので、中古市場では6千円以上の値を付けていました。やむなく、「悪魔、最後の陰謀(1993年出版)」という、1円で放置されていた本を買ったのですが、何とこの本にも、2026年の事が書かれていました。高い本を買わなくて良かったという思いと、いかに大衆が具体的な年号を欲しているのかと、まあ複雑な思いを抱きました。

西暦前(BC)と西暦(AD)と、キリストを元に年号は制定されたのですが、小石 泉はこれが4年程ずれているというのです。私もこれは以前から考えていて、東方の三博士が見た星が、紀元前7年の木星と土星の重なりだとすると、イエスは最大で紀元前7年に生まれた可能性があると思っていました。

小石 泉によると、肝心なのはイエスの誕生日ではなく、バブテストのヨハネからバプテスマを施された時だと述べています。つまり4年ずれているのだから、西暦前4年にイエスが生まれたとすれば、イエスがバプテスマをうけたのは西暦26年になるというのです。

また、この不完全な人類の歴史が6千年であれば、アダムからイエスまでが4千年で、イエスから2千年後に「何かが」おこると言うのです。そう、西暦26年から2千年後とは2026年なのですが、しかし、2026年に終わりが来るのではないと、お茶を濁しています。

この辺り、ざっとですが調べてみると、ヘロデ・アンテパスの父である、ヘロデ大王が死んだ年号がヒントになるでしょう。歴史家であるヨセフスの記録によれば、ヘロデ大王は月食後ほどなくして、過ぎ越しの前に死んだと記録されているようです。

西暦前1年には月食が2回起きており、その年であれば、どちらの月食にしても,過ぎ越しの少し前に起きた月食という条件にかなうかもしれません。また西暦前4年の3月11日(ユリウス暦では3月13日)にも月食があったのですが、この時の月食は部分月食で、規模がわずか36%ほどにすぎませんでしたから、当時の人が月食と認識したか定かではありませんが、いや、当時の天文学は案外バカに出来ない事からも、西暦前4年の可能性もあるでしょう。

イエスが生まれた事を恐れたヘロデ大王は、2才以下の男児を殺すように命令しますが、この命令が発せられたのはヘロデ大王が死ぬ少し前だったようです。それを察知したヨセフとマリアは、イエスを連れて暫くエジプト逃れますが、程なくして戻った事から、この命令も程なくして解除されたと思われます。ヘロデ大王の死をもって解除されたのであれば、ヘロデの死ぬ1〜2年前にイエスは生まれたのでしょうか?

イエスが西暦前4年の月食の前年に生まれたとしたら、西暦前5年が誕生日となるかも知れません。

暦が4年ずれていれば、より有力に思える西暦前1年の月食の4年前とは、西暦前5年ではありませんか。

小石 泉は、西暦前4年から30年後とは、西暦26年と解説していましたが、BC1年とAD1年が同じ年であると考えれば、西暦前5年の30年後とは、西暦26年となります。

そう、イエスは30才の時にバプテスマを施され、神から是認された者となっています。聖書的にも、「死ぬ時は、生まれる時に優る」とありますが、これは生まれた時は何の功績も無いが、人生で十分功績を残したのなら、死ぬ時の方が優るという意味があります。これを踏まえても、イエスは生まれた時よりも、バプテスマを施された時のほうが優っており、バプテスマを施された30才から神により油注がれたのです。

7 するとわたしには,亜麻布をまとって流れの水の上方にいた人が右[手]と左[手]を天に挙げ,定めのない時にわたって生きておられる方にかけて誓いながら,こう[言う]のが聞こえてきた。「それは,定められた一時,定められた[二]時,そして半[時]の間である。聖なる民の力を打ち砕くことが終了するとすぐ,これらのすべての事もその終わりに至る」。

11 「そして,常供のものが取り除かれ,荒廃をもたらす嫌悪すべきものが置かれた時から,千二百九十日があるであろう。

12 「ずっと待ち望んで千三百三十五日に達する者は幸いである。
【ダニエル書12章-7と11と12節】



西暦前536年に書き終えられたであろうダニエル書。その12章にある3時半ですが、サタンはここを読んだ時に、自身が聖なる民を汚した後に、3時半後に拘束されると理解したのでしょう。

※ この場合の3時半とは、3とき半と読みます。

※ ここは重要であり、覚えて欲しいと思います。

つまり、イエスが油注がれたのが西暦26年であれば、サタンから見れば、サタンの支配する邪悪な世に対して、イエス・キリストはサタンの悪を聖で汚した(変な言い方ですが…)と考えられるでしょう。だからイエスは、油注がれてから3年半後に処刑されたのでしょう。

サタンは、先のダニエル書の逆をやる事で、似非聖書を仕掛け神を冒涜したのでしょう。

私は以前から、国連による宗教弾圧は2026年であると予測してきました。まず手始めに、「大いなるバビロン」といった偽りの宗教体制が滅ぼされるでしょう。そして最後には、真に聖書の教えを守っている団体に矛先は向かうでしょう。それから3年半後の2030年にハルマゲドンに突入するかも知れません。


本日かけ足でしたが、もしこの予測がまんざらでなければ重要となってくると思いますので、おさらい致しましょう。


悪の蔓延るサタンの世で、西暦26年に、イエスはバプテスマによって油注がれたのかも知れません。これによりサタンは自身の悪を聖で汚されたと認識する。サタンは、ダニエル書12章を模倣したからこそ、悪を汚した西暦26年の3年半後にイエスを処刑する。以上の事から、イエスは西暦30年に亡くなられたのかも知れません。

これを謂わば鏡像反転させると…

西暦26年から約2千年後の2026年に、国連により宗教弾圧が開始され、最終的な矛先は聖書を真に守り行う団体へ向かう。そこから3年半後は2030年になりますが、西暦30年にイエスが死んだとすれば、そこから約2千年後の2030年に、逆に、今度はサタンが拘束される。


今の私の見解は、こうです。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時

バイキングさん新スレお疲れ様デス。

見解とは言えこういう予測をつまびらかにしている処が他にあるか、いや有りマセン。

何故なら彼らはアチラ側の協力者かそれに気触れた馬鹿かデスからねぇ。

こういう事態が起きた結果こういう未来に到るだろう、と説いている陰謀論blogを見た試しが有りマセンわな。

まー大抵は「国際金融家勢力が大衆から資産を巻き上げようとしているのは怪しからん!打倒せよ!」とか「国際金融家とロシア・イランは対立しているからプーチン閣下を支援すべし!」はたまた「天皇は日本の国体であるので天皇を蔑ろにする政府は打倒せよ!」…こんな有様デスわなwクーデターでも起こさせる積もりかっての!

日本人が世界に誇れるレベルで非戦闘的民族なのは別に天皇関係有りマセンし。島国という風土と渡来して来た方々の従来よりの気質が主因で天皇なんてのは後付けの屁理屈に過ぎマセン。ましてや現在の皇室は明治維新のゴタゴタで南朝だか朝鮮系だかに掏り替わってマスから血統云々すら脆弱デス。

故にむやみやたらに天皇家を持ち上げる論調は疑うべきデス。


お茶処
2017/05/15 02:15
お茶処さん、恐縮です。

アレフ・レポートからしても、実はアチラ側が意図的に放った陰謀論。その陰謀論を焼き直したものばかりが見受けられますね。

だからRAPTに注目が集まったのでしょうが、神社などに施されたユダヤの痕跡を殆どスルーするRAPT。それは役割が明確に分けられているからです。

陰謀論者が天皇主権を高め、それをRAPT理論が打ち壊し、ワンワールド到来となるでしょう。
インターネットバイキング
2017/05/15 21:27

バイキングさんレス恐れ入りマスm(__)m

聖書に範を置いて世界情勢を俯瞰すれば現在程サタンの思惑な時間帯は有りマセンわなw

故にバイキングさんは「その時」が何時なのか読み解けたワケデスね。なにせ余人には絶対分からナイとは言えあからさまなヒント(大衆を小馬鹿にして勝ち誇る意図でしょうが)を提示しているワケデスから。

まー聖書を嫌悪したり誤った解釈をしている人間には到底理解出来ナイでしょうがね。

コレ見て慌ててRAPTが新スレ立てたりしてねw


お茶処
2017/05/15 23:37

此処数日話題のランサムウェアウイルスによるサイバーテロ問題…

日本国内でも「ランサムウェア」 日立やJR東日本も被害か
[17/5/15]

http://www.j-cast.com/m/2017/05/15297947.html

ォ記事によって異なりマスがこのウイルスがNSAが作製したモノという話らしいデスね。
そしてマイクロソフトがアメリカ政府を「巡航ミサイルトマホークを奪われ攻撃されたようなもの」と批判したとか。

ちゃんちゃら可笑しい!

どーせ各地のOSのウインドウズ「8」への更新が遅々として進まナイ事に業を煮やしたマイクロソフト(とアチラ側)の一大茶番テロでしょ?んで被害を被った端末のOSをマイクロソフトがお詫びという名目で一部有償または無償で「8」に更新していく…狙いはもちろんやがて来るワンワールド世界政府が大衆を管理しやすくする為でしょうね。


お茶処
2017/05/15 23:51
インターネットバイキングさん お久しぶりです。
先日、EdenMediaさんが「この地球に山や森は存在しない」という動画を上げました。
https://www.youtube.com/watch?v=aW14RAJ35vs
聖書の本当の意味が次々と開示されていく今、彼らもいろんな意味で慌てふためいているのかもしれません。
それとも、これもサタンの誘導なのか……??

何れにせよ、収穫の時期にわかることです。準備して待つとします。
世界を変えたいんジャー
2017/05/17 13:09

世界を変えたいんジャーさんお久しぶりデス。

生憎ワタクシのガラケーではYouTube動画は拝見出来ナイので見たうえでの判断は出来兼ねマスが…

こういう動画はかつての「THRIVE」同様大抵ディスインフォメーションと相場が決まってマスから内容云々よりもむしろそれを明かす「意図」を考えたほうが無難デスわな。

ホントにヤバい動画ならYouTube運営が即削除するでしょうし。

こういう動画が流布されると困るのは大抵既存の宗教組織、分けてもカトリック・プロテスタントという「イエス・キリストこそ神そのもの」であるとする教義の宗教でしょう。こういう「蟻の一穴」が既存の宗教組織を否定する材料となり聖書すら棄ててしまえば容易くアチラ側の提示するベーシックインカムと引き換えの悪魔教への改宗を受け入れるでしょう。

様々な宗教が氾濫している現在、俄かに聖書の根本を理解して真の神エホバの存在を悟り理解するのは極めて難しいでしょうが、サタンが神に負ける未来が決まっている以上、神エホバの存在を信じられる人間以外は淘汰されるワケデスから生き残りたいならもっと皆必死に真実を求めるべきだと思いマスがね。


お茶処
2017/05/19 00:15

毎度お馴染みこんな記事

「週刊少年ジャンプ」200万部割れ ピーク時の3分の1以下に
[17/5/17]

http://www.j-cast.com/m/2017/05/17298220.html

ォ毎週購入してマスが確かに最近週刊誌の売れ行きが落ちてる印象は拭えマセン。

主因はコンビニ。以前なら立ち読みという行為はかなりハードルの高いモノデシタがコンビニが普及して以降、立ち読みのハードルは店員の多忙さも手伝い非常に下がりマシタ。

結果、週刊誌は立ち読みで消化されてしまい、敢えて購入するカスタマーが激減した、と。

なので最近の週刊誌にはもはやかつてのような洗脳の役割は薄いかもデスがともあれ立ち読みとは言えアレな作品にハマレば洗脳されてしまいマスので油断は禁物デスわな。

特に昨今の作品はかなりキてマスので。


お茶処
2017/05/19 00:43

毎度お馴染みこんな記事

日本年金機構「年金が7か月未納のヤツは財産差し押さえるよ!」
2017.05.18

http://blog.m.livedoor.jp/girls002/article/1065912095?guid=ON

ォこうやって時の政権に悪印象を植え付けて次の選挙で与党陥落、という流れになるワケデスが…結局行政の根幹に居座ってるのは官僚で政治家は連中の弾避けに過ぎマセン。

つまり選挙で誰が、何処の政党が与党になろうが官僚に入れ替わりがナイ以上根本は代わらナイワケデス。

へ?、クーデター起こして官僚根絶やしにする?で、一体どれダケの行政的空白が生まれマスかね?

人間がいかに頑張ろうがサタン(と同調勢力)や神エホバには太刀打ち出来マセン。

ならばワタクシ達には何が出来る?

そりゃ簡単。欲に溺れず他人を気遣い真っ当に過ごす。それダケの話デス。

一方正当な労働の対価でない所謂「不労所得」、コレに溺れる人間を神は非常に嫌いマス。

なにせアダムとイヴの「原罪」の報いに神の初子であるイエス・キリストを捧げるくらいデスから。

「人に迷惑かけてなきゃいいじゃん」は通用しマセン。

何故なら働いてナイ事で既にこの上ナイ負担を社会に与えているからデス。

両親や生活保護受給者なら納税者にも甘えて暮らすクソニートに果たして生きる資格は在るのか?

まー「その時」が来るまで我が世の春を謳歌すれば?

アチラ側の管理体制社会には間違い無く選ばれマスがその直後の審判には絶対残りマセンから。自分本位を貫く限りは。


お茶処
2017/05/19 01:23

毎度お馴染みこんな記事

漫画家・大友克洋が「バベルの塔」の内部を描いた!巨匠・ブリューゲル作品公開記念

http://googleweblight.com/?lite_url=http://liverary.tokyo/?p%3D25150&ei=DlCMp11U&lc=ja-JP&s=1&m=139&host=www.google.co.jp&f=1&gl=jp&ts=1495198333&sig=AJsQQ1BeY1NvVkRwgqKx8_8yF-4Q_tvk4g

ォかの問題作(2020東京オリンピック!)AKIRAを手がけた大友克洋氏プロデュースのブリューゲル「バベルの塔」透視図、ね。やはり大友克洋氏は所謂ディスインフォーマーって事デスかね。


お茶処
2017/05/19 23:29
お茶処さん少し長くなるかもしれませんが思ったことを書かせてください

お茶処さんはべーシックインカムのことで引きこもりやニートにたいして生きる資格がないや罪は重いと言ったり、管理体制社会に選ばれると言いますが働いている人は罪もなく生きる資格もあり管理体制社会を選ばないのですか?真っ当に生きるとは?欲に溺れないとは?それは引きこもりニートに限らない話ではないですか?
それは表面的なところの話ではないですか?ほとんどの人は生まれた時からこの今ある社会のルールの中に入れられます。
その中で引きこもってしまうひと人もいれば当たり前のように働く人もいます
個人のことなのであまり言えませんが
私は学校に馴染めず引きこもったことがあります、いえ現在もそう言えるかもしれません、何回か外にでて働きましたが、だからといって、自分は神様に選ばれるとか働くことそのものが欲に溺れず真っ当な生き方と思えませんでした。それよりも感じたのは、食べるものや着るもの住む場所もたくさんこの社会にはあるのにもかかわらずお金がなければなにもできずそこには格差が大きく、知らない人の価値観に振り回され、しがみつくしかないという思いです。
そして何も言わなければその状態が一生続くということです、この社会は誰かが苦しくてもたえていると思います、簡単には見えません、心の問題だからです。ですから私はただ表面的かつ今あるルールをつくり支配している悪魔崇拝者のいうとおりに動く社会の中でただ働くだけでは社会の問題は解決しないと思います。悪魔崇拝者の思うつぼです、計画された今の社会でべーシックインカムがきたら引きこもりとニートに罪があるのですか?罪がないというよりか、それは働いている人が悪いとか働いていない人が悪いとかのレベルの話ではないのではないですか?社会の根本的な話だと思います。
カイコガ
2017/05/20 05:34
引きこもったり働かなくなる大きな理由として、人間関係があると私は思います。
思っていることをすべて言うと長くなるので少しだけ私が思う、引きこもりやニートが感じていることを言いたいと思います。

少なくとも共通した思いですが、社会には日本だけでも何千万人といる人たちが働いていたり教育をうけていますよね、そこには格差があり、それは仕事でもそうですし人間関係でも仲がいい悪いの差があります。価値観も色々あるといえど大きな部分では同じものを共有していると私は思います、誰もが1人1人に同じような接し方をしません、扱いにも落差があると思います
求められる強さも違うと思います。そして社会の多くある仕事はあまりにも取っ替えが簡単です、いらなくなったり古くなればすぐにすてられ求められなくなります。
しかしそんな社会でも仕事も食べるものも働く人材もくさるほどいます、ただしがみついて生きるか、自分が誰かを動かせる立場にいくかでしか、自分の存在意義をみいだせません。希望を持てなくなる人もでてくると思います、自分はなんのために生きているのかと、能力がなければ、価値観を共有できなければ、まわりが得ているものも得られません、そんな世の中にもかかわらず、どんどん社会は表面だけは分かりやすく、取っ替えることが簡単な仕組みになっています。社会の隅っこでそんなことを思いながら生きているのでは、ないでしょうか。
すみません、聖書のブログなのに引きこもりとニートの話を長々と、このブログの常連であるお茶処さんに少しの理解をえてほしかったのでコメントしました。
カイコガ
2017/05/20 06:14

カイコガさん、レス遅くなり申し訳有りマセン。

なにせワタクシは「真っ当に職に就いている人間」なので普段の業務以外に思考を割くのは結構負担なワケデス。

んでカイコガさんの仰る「働かない(働けない)」理由、ワタクシの身内にも鬱持ちが2名居るので身に染みて分かりマス。

とは言え真っ当な労働を否定するのにサタン云々を持ち出すのは些かお門違いではナイでしょうかね?

そもそもサタンの描いたシステムは貨幣制度が生まれた時代から連綿と続いてるワケで高々此処数十年に始まった事では有りマセン。

だいたい神エホバ自身が貨幣制度を肯定すらせずとも否定はしてマセン。

すなわちワタクシ達人間は神に「如何に人間らしく生きるか」を試されているワケデス。

翻って、親の収入や生活保護、博打で得た利益で生きる人間は果たして人間らしいでしょうかね?他人との関わりのナイ人間なんざ死人同然だと思いマスがね。

なんらかの持病なり怪我・精神疾患等で止む無く引きこもるのは仕方ナイでしょう。

しかし此処十数年増加して来た「だめ連」他の「積極的に働かナイ事」を選択する(働いたら負けとか吐かすゴミ共)連中はやがて来るベーシックインカム社会に親和しやすい人材を増殖させる為のエージェントに過ぎマセン。

「引きこもり」という選択肢を選んだ処で、「注文した商品を配達する人」「配達した商品を作っている人」「PCの電源に供給される電気を作っている人」彼らの存在無しに引きこもりは成立しマセン。

ワタクシが何故引きこもりを嫌うのか?親父が常々言う故事デスが、

「小人閑居にして不善を成す」、

つまり「大志を持たない凡人が暇を持て余すと碌な事をしない」って事デス。

まずリアルワールドでコミュニケーションを持たないと、ね。


お茶処
2017/05/24 03:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2026年と、2030年。 聖書預言の行方(一人キリスト教)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる